ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(53)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
Comments
「新国立競技場」の云々かんぬん(2)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/20)
 ⇒ かさ (11/19)
洗濯機の今後
 ⇒ kagewari/iwahar (11/19)
 ⇒ かさらな (11/19)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/18)
 ⇒ かさらな (11/17)
そもそも論としての『福祉行政』と保守や革新
 ⇒ kagewari/iwahar (07/15)
 ⇒ 名前 (07/14)
脱水機があるだけで大幅に違う可能性
 ⇒ kagewari/iwahar (03/23)
 ⇒ Teorema (03/22)
以前にも紹介した『液状化訴訟』が厳しい結果となってます
 ⇒ kagewari/iwahar (10/14)
 ⇒ 地方在住者 (10/14)
シングル住居6帖間を考える
 ⇒ kagewari/iwahar (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)

RDF Site Summary
RSS 2.0

紙メディアの衰退が著しいようです

2019年06月25日

新聞を擁護するつもりは一切無いのだけれど、選挙公報みたいな(どんな人が立候補してんのとかのアレ)一覧でささっと即断する場合だとか、地図などの場合も紙媒体でサクッと見るから便利だってこともあるだろうし(リンクを踏んだりできないとこは痛いけれど)、

閲覧時の身体的負担って点から紙媒体の利便性はやっぱあるのじゃないかと思う。
●反面
迷惑なポスティングにあるように、頻度ってのかな。
めんどくさいと思う、思わないの判断もあるでしょう。

ぶっちゃけ廃刊もささやかれるように新聞は(TV番組表の意味を失った今)
「いっそ週間」にして、
取材特集記事を増やすのがベターなのではないか?
(販売店や配達の形式なども大幅に見直す事になるだろうけれど)
所謂サラリーマン諸氏も
「週末に週刊新聞をゆっくり読む」とかのスタイルのが楽じゃないのかな。

こういっては何だけれど、毎日配達される膨大な紙ごみを整理するのもアレ結構な負担で、
新聞解約する理由の要因になっていやしないだろうか。

時に漫画の海賊版サイトが大きな問題になったこともあるけれど
アレもさ、
週間ナントカって漫画雑誌の中で、自分が読むタイトルが1つ2つしかない場合、後から山詰みになる紙ごみの整理がもうめんどくさいというね、単純にコストだけに限らない部分もあると思う。
●編集者が”ネットなどで”タイトル単売”をどう考えているのか不明ですが、
やり方の工夫は必要でしょう。

少なくともネットにおける”量的無制限”なバックグラウンドと
紙媒体に代表される文字数やページ数の枠、
(これ音楽におけるレコード・CD時代の『フォーマットの枷』も同じ事だと思うけど)
紙媒体はもっと自由度ってものを考えてみるといいのかも。
「週刊だけど、今週は2回になりました」とかもあっていいでしょ。


●特に広さが無制限とは言えない賃貸住宅の場合など

紙ごみの積み上がるA4サイズの床面積の消費ってのは
「たとえば6帖一間のシングルにとって’」馬鹿にならない話なのであり、
(ゴミの分別もそうだけれど、現代にはミニマリストな生き方もある中で)
メディアも想定外のところで紙媒体が負担になっているとこ、あると思うのです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンションの最適方位は”東”ではないだろうか

2019年06月23日

建築物の耐用年数にも関わると言われている。
正直言ってRC造建築の”南向ベランダ・バルコニー”は弱点となる。
(この弱点を回避するため高級建築では工夫もされてはいるが)
●ポイントはベランダバルコニー部分の”ヒートシンク効果”による温度変化
●ベランダバルコニーの確度によっては直射日光があたり放射冷却現象による温度変化
●降雨によるベランダバルコニー部分の防水管理
●ベランダバルコニー部分の洗濯もの干し可時錆などの問題
●ベランダバルコニー構造が暗に規定する掃出し窓の構造(室内・構造物への過剰な温度変化)

建築サイドが「合意があれば是非こうしたいと思っていること」
●事業ビルやホテルと同様にベランダバルコニー構造無しにしたい
●開閉を前提にしている窓はサッシ強度が降雨に対し十分とは言えないので、バルコニーレスの場合には軽い庇が必要である
●ベランダバルコニー無しが望ましいので、乾燥室などの共有ランドリールームが適切
●開閉を前提にしている窓には転落防護柵付の腰高窓が望ましい

言い換えれば、戸建て建築時の定説
(”南側に庭”があり、縁側を備え日照管理した障子で仕切られた和室が複数並ぶ設計)
【南向の住居】
主として南向きの定説は「庭付きの低層木造住宅」の場合に限った話なので、
RC造マンションの場合(高層階ならそもそも方位すらほとんど無関係)、

本来、無難に行くなら”東向き”が適切なのではないかと思う。
北向きでも決してNGでは無いが(窓前方の南面方向へ開けてることが条件)、
北向きって角度によってはできれば避けたい西日が横から入るので、そこから逆算しても東向きが理想となる(心理的にも朝の日光で目が醒めることは体内リズム調整効果がある)。

●逆に言えば
タワーマンション含む「西日対策」が言うほど話題になっていないことのが問題な気もする
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | 間違いだらけの部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんだかんだと「雨が降ったら傘」程度の文明(と思っていたが)

2019年06月21日

流石武田邦彦教授
雨が降っても傘しか対策が無いって状況をついに覆す話があるそうで、
■コンパクトシティの延長で
「巨大なドーム建築の内側だけに人間が暮らし、郊外は自然のままにみたいな開発プラン」
このドームの天井にあたる建築部材の研究があーなんだこうなんだって科学分野のテーマがあるそうで、ついにそういう論議が出てきたかと、

ちょっと話聞いた感じだと「難しいかな〜」と思いますが(笑
(※時々ゼネコンが発表する、月面開発やスペースコローニーのアイデアの範囲になるかな的に)
案外、その建築部材の開発が「新型アーケード」や「天窓型地下街」などの都市計画に反映される可能性もありますので、一概に夢物語とも言えないだろうと。

<ふと考えてみた>
それって、屋外に滅多に出なければ傘の必要も無いワケで、
引き籠りを推奨する話じゃないけれど、
VR技術だとか、屋内での運動や採光面の工夫(パッシブソーラーハス的な)、
まだまだ住居性能に求める性格とか内容って拡大する余地があるのかも知れないと思ったワケです。

自宅SOHO拡大の話もしかり、
住居に機能を付加するって事で言えば、ソーラー発電コストの計算基準も(原発賛成反対派で)随分違うようで、
前述の天板新素材含めて実際に運用した実績でようやくわかるのかも知れません。
(廃炉や補助金部分総額での原発発電コストもよくわからなくなってますから)

確かに、通勤含む都市インフラや産業活動かなりの部分は「外に出て働く」流れの中に派生していて社会全体のコストを計算していくと、別の側面も見えてくるでしょう。
(速攻で高速鉄道が意味を失ったりね)

●だって皆さんどう思います?
賃貸住宅で契約している場合、自宅にいない時間が長ければ長いほど”実質の家賃が上昇するのも同じ”なんですよ(賃料を使用時間で割る)。
これだって社会的コストの一部でしょう。
※事務所はその反対で労働時間が短くなればなるほど”実質の家賃が上昇する”

経済や豊かさを考える上で、
「まだまだ計算されていない社会的コスト」きっとあるんでしょう。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒いのか暑いのか(な季節)

2019年06月19日

時にエアコンのスイッチ入れるのが快適か窓を開けるのが快適なのかわからなくなる時ありますね。
「そんな時には衣類で調整するのが吉」なのかと思いますが、
これがまた、梅雨直前の暑さで衣類は全部夏物になってしまっているという(笑

こちらも毎年恒例になっておりますが、
扇風機やサーキュレーターの出番なのでしょう。
数年前からDCモーターなる静音型が主力となり、売れ行きも伸びているようです。
滅多に壊れる家電ではないので、古いものご利用の方いるかもですが、廉価なものなら198とかですから、(特にサーキュレーター関係は)買い替えお勧めします。

<そんな事はともかく本題です>
■日差しが暑い時にふと気がついたのですが、
「アルミ系のカーテン、あれ性能はいいのだけれどご近所から眩しいと苦情がくるんですよ」←よく耳にしますよね。
私はガッツリカーテンを敷設せず「謎の不織布すだれ?」を自作して悦に入っていたりしたのですが、
「そう言えば」


■アルミ反射カーテンって、普通のカーテンの内側に敷設しても効果は同じじゃないのか?
(窓外側のカーテンは熱くなるかもですが←実際どうなるのかちょっとわからない)
自作のすだれが不織布なんで、そこに100円ショップで冬にお馴染みのアルミシートをサンドイッチしてみました。
(アルミシートってそのままだと”丸かってくる”ので、表裏で二枚重ねにする。)

面積的に少ないので、実験も何も効果を具体的に検証することはできないだろうと思うのですが、
参考にまでに似た手法で対策しているトイレの窓の状況どうかというと、
(これがまた小さな窓なので効果の観測が難しいと言えば難しい)

「気持ち(西日があたるはずの)トイレの温度が涼しい気がする」


今季アルミカーテン敷設予定の方の参考になれば。
しょぼい検証記事ですいませんww




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本来「安易に引越しすべきでは”無い”」(引越ししない選択)

2019年06月12日

同カテゴリ前回記事でちょっとふれましたがこの話には以下が関係しています
>賢い大家さんなら減価償却計上しつつ改装積立も行います。
>※ちょっと話それますが平成時代に「原状回復敷金返却紛争」が起きたケースって、ほとんどが築年数の浅い住居と、短気解約契約者との間で起きていたのです。



不動産経営の長い大家さんなら、
「賃貸契約書は圧倒的に契約者有利の特権で安易に解約することの意味がわからない」←だいたいこういう判断盛っています。
理由は説明するまでも無く、
「賃貸住宅は、長期間の資産借入れ契約」なので『半ば住宅ローンも同じ』なんです(金利に相当するのが賃料みたいな→故に賃貸住居でも所得・勤務先審査があるんです)。
その部屋に決めた判断が契約者合理的であるなら、有利な条件での借入れに成功していることになるので(しかも事実上の強制更新権があるので”永久とは言いませんが長期占有”の特権もある)、
有利で利益をもたらせている契約を「あっさり捨てる(解約する)理由」がわからないのです。

●契約者から言えば、ローンの借換え的な意味が引越しとなるので、
更に有利な条件のローンが組めるのであれば”アリ”でしょう。
しかし、なんというか漠然と「更新も近いので引越ししよう」みたいな理由が合理的なものには思えない話で(確実に自腹コストが発生する)、
 ↑↓
わかりますよね?
自己責任で自腹コストが発生しているのに、少しでもこのコストを大家さんにおっ被せようと思うため、正当な原状回復請求であっても「交渉してみよう」ともめごとになりやすいと、

※しかも上記タイプの契約者さんは「内部造作や設備の減価償却の概念をほとんど理解していない」
●契約年数が短いほど→残存価値は高いので、仮に現状回復費用の請求する場合「請求額は多くなる」
●逆に、契約年数が長いと→減価償却により残存設備価値は自然損耗となるので、仮に現状かう服費用の請求がある場合でも「請求額は少額となる」
(長期契約後の解約の場合”原状回復請求が無しになる場合もある”)
 ↑
上記読んでいただければ、
「築浅志向で、短い契約年数で解約する契約者さんが解約時にもめる事が多くなりがち」という構造がご理解いただけるかと、
(更に借り手市場の経済状態だった時に、同問題が頻発し、そこに売名目的の記者やライターが参入し、、、とういう顛末です。)

■一部に国交省ガイドラインをベースにした東京都賃貸住宅紛争防止条例(通称:東京ルール)により敷金の返却が義務付けられたと勘違いしている方いるかもですが、
必ずしもそうではありません。
国や都は「退去時のクリーニング費用請求の特約を認め」「暴利となる(破損個所を超える修繕)現状回復は認めないが、フローリングの傷や木質部分へのネジ(昔は可だった)などを原状回復可能と認め」「過度な喫煙におる壁紙の汚れやニオイの原状回復も明示した」ため、

管理きっちりしている会社なら、ひょっとして以前より請求額が’高くなる場合もあるでしょう。
(勿論、昔のように一律に退去時に事実上敷金から差し引くような計算はできなくなりましたから《どちらかと言えば条例施行後は個別請求》、敷金2の物件はほとんど見かけなくなりました。)

賃貸条件が整理されたという意味で(勿論悪質な大家さんの請求事例も防げる)、
『東京都賃貸住宅紛争防止条例』の判断は正しいと思います。
意味合いとして、
「何か昔は悪い大家さんばっかりで不正請求が行われたので紛争が起きたんだという”事では無い”」


●話は戻りますが
賃貸住居の内部造作は6年更新で約9割損耗の判断が一般的です。
また、(綺麗にお部屋を使っている場合は別ですが)
税務所の判断そのまままに、6年で随分造作がうたびれたなと思えば「同じ賃料なのに、借りている造作の資産価値が下落している」のですから→相対的に賃料が上昇したのも同じなので(←故に時々長期契約者の更新時に大家さんから”賃下げ”の打診がある場合もあります)、
 ↓
引越しを検討する最も合理的根拠のある年次は「約6年〜10年」となるのです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 間違いだらけの部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは想定外(北東アジア情勢最大の問題かも、、)

2019年06月07日

「海外の反応」翻訳サイトで時々触れられていたことですが、
これほどだとは知りませんでした、想定外ですよ。
マジでヤバいかも知れない。

(日米首脳会談で「韓国に対する憂慮」について論議したという話ありましたが、ひょっとしたら報道された内容では無くこの件だったのじゃないかと思ってしまいました。)
 ↓


上記動画で特に洒落にならない部分があってですね
(同箇所を意図した画像を翻訳サイトで見た事あったのですが「何のことか」と思ったら)
まさかこれほどとは、、
トランプ大統領が文在寅大統領を揶揄する場面(7:45〜)
https://youtu.be/x7eystCRepI?t=465

某国は辞めた大統領がほぼ全員次の政権で逮捕されるようなアレがありますが、
それを避けるためにも「病気を理由に(責任能力無しの免罪符)」辞職する可能性すらあるのではないかと心配してしまいます。

●だから
「(日本人のほぼ全員が呆れ果てた)レーダー照射事件」が、
あんなことになったのか」と、、
(日本や中国の冷淡な態度も《内部で》別次元のダメが出ているのかもしれない)
しかも核問題でその周辺は紛争地域になる可能性もあるなか、
駐留米軍を含む合同軍の司令官をコントロールする立場になります(有事作戦統制権の移管が進んでいる)。←合同司令部は米軍基地内にあり「青瓦台からむしろ離れる」という話もありますが、、
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする