ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< August 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(53)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
Comments
「新国立競技場」の云々かんぬん(2)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/20)
 ⇒ かさ (11/19)
洗濯機の今後
 ⇒ kagewari/iwahar (11/19)
 ⇒ かさらな (11/19)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/18)
 ⇒ かさらな (11/17)
そもそも論としての『福祉行政』と保守や革新
 ⇒ kagewari/iwahar (07/15)
 ⇒ 名前 (07/14)
脱水機があるだけで大幅に違う可能性
 ⇒ kagewari/iwahar (03/23)
 ⇒ Teorema (03/22)
以前にも紹介した『液状化訴訟』が厳しい結果となってます
 ⇒ kagewari/iwahar (10/14)
 ⇒ 地方在住者 (10/14)
シングル住居6帖間を考える
 ⇒ kagewari/iwahar (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)

RDF Site Summary
RSS 2.0

オーディオルームの限界(VRの時代だしやっぱ無理だと思う)

2019年08月17日

某オークションサイトで(別カテゴリからの表示で)昔々継続購読していた「月刊ステレオ」を偶然目にしました。
数年前の号だと思いますがその表紙が「ヘッドフォン」だったのですね。
月刊ステレオと言えば(それはそれは広告主もオーディオメーカーさんでしょうから)、故長岡鉄はじめ名だたる評論家が高級オーディオなどを批評する雑誌でしたから、
こんな事いうと怒られるかもしれませんが
当時は「ヘッドフォンの出る幕などなかった」のです。

ところが数年前のその表紙を見てですね
「あーやっぱりな」と、
過去記事でヘッドフォン紹介した時に書きましたが、
現代ではVR関係オーディオのニーズも強く(下手したらサラウンドデコーダーなども邪魔)、広いリビングで高級ステレオを大音量で鳴らすという夢を持つ人が根本的に減少しているのだと思います。

バラコンに比べたら高級ヘッドフォンは安いもので、
廉価なプリメインアンプも買えない単価なのです。
それが音響だけで言えば、ウン百万のバラコンより”原音再生に強い”ときている。
何と言っても、最大のポイントは「大音量再生しても遮音の心配が全く無いこと」です。


ウン百万のオーディオを苦心惨憺中古など修理しつつ揃えることに成功しても、
オーディオルームの施工費用まで考えると、天文学的数字になってしまいます。
(単純にスタジオ仕様の遮音性だけの設計だと、音がデッド過ぎるだけでなく、メーカーがテストに使うような無響室は「無音状態で数時間もいるとストレスで発狂する」とまで言われる代物でして、、)加えて、反響含めて自然な音の伸びがある設計となれば、評論家でも見解が分かれるほどです。
 ↑
更にこの再生が本領発揮するソースは”極論クラシックだけ”です、
(ロックやポップスのようなプラグド音楽は音源そのものがアンプを通し、ライブにおいてもPA用SPを通して再生されるものなので、ライブ会場設営SPより高価なSPで再生して意味があるのかって論議がある。)

オーディオブームの先駆け的には映画用オーディオ的な意味合いもありました。
BOSEのキャノンウーハーが有名なになったのもこの頃です。
(映画音楽はミキシングで50ヘルツ中心に盛られた音響も多いので、低域再生がキモだった。)
昔のオーディオファン憧れのアルテックA7は元がシアター用PAスピーカーでした。


■だったのですけれど、
現状、クラシックを例外にほとんどの音源は「VRと高級ヘッドフォンに負ける」
(乃至それに勝てるほどの高給オーディオの使用はナンセンスである)
流石の「月刊ステレオ」もヘッドフォン特集とかする状況になっていたんだなぁと、少し寂しく思うのでした。
(これも失われた20年のひとつの姿なのかも知れません。)


ハイレゾ音源に関しても、一部では専用のCDフォーマット登場以前からPCにより視聴されており(或はそれ以上のサンプリングなどなど)、
オーディオファン的には、PCのノイズやヘッドフォン端子の出来はどうなのって話なるでしょうけれど、音にウルサイ人はUSB-DAC系のヘッドフォンアンプ独立で使うでしょうし、
ピュア・オーディオやってきたお歴々にとっては「ノイズの少ないノートPCを利用して容易にバッテリー駆動もできる」という点はバラコンを上回ります。
(そんな事気にして音楽聴くときだけバッテリーモードにするユーザーなんていないと思うけどさww←私もそんな面倒なことしませんて、、)

どうでしょうヘッドフォンなら1万で十分中堅機種です、
2万3万レベルでオーテクの高級機に手が届き、
5万6万となればコンデンサー型も選べるかな?
(5万6万って中堅プリメインアンプも買えない安さ)
●一般ユーザーは5千円〜1万円前後の機種で性能的に十分お釣りがくるでしょう

ここにも現代特有の「ミニマリズム」や「パーソナルスペースのナントカ」←こういった世界観の波というか「及んでいる」のでしょう。
(古いスピーカーから音を出すって行為は別の意味の道楽になったような気がします)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと表現の不自由報道も収まってきたので一言

2019年08月14日

アングラ情報込みで考えると
文科省と日教組の手打ちや自治労関係のアレもあって、
おおよそ保守系が得意としているとは言えないジャンルのアート関係は(他自治体の人権関係や、福祉一般、ゴミの分別や、大学教育人文系などなど)、ある意味左翼活動の資金源のような利権化していて(これは愛知県に限った話では無いのだと思う)、
本籍はサブカルの筈が、いつしか自称ジャーナリストの「最近左に巻いたら景気いんですよね」さんにお任せしたら、
 ↓
元々その利権がシノギだった本物の左の方や、「初めて知ったわ」な無党派一般市民多数派から「総スカン」を食い、

下手すっと「最近左に巻いたら景気いんですよね」さんが調子こきすぎて、
【元々安定収益の活動資金利権が失われるかも知れないぞ】と大騒ぎとなり、
(ちなみにK国関係者にとっては「天皇陛下の御真影と特攻隊を揶揄する展示」関係は「本当に勘弁してくれ《日本にいられなくなる》ここだけは無かった事にしてくれ」案件なので、マスメディアがこの件を全く報道していない件に繋がっているのじゃまいかと思います。)


流石の知事も(思うに彼は「えっ?三浦瑠璃さんなんかとも対談するサブカルの人でしょ。ちょっと危ないコスプレとか、せいぜいK贔屓なナントカですよね」と思っていたに違いない)「ヤバいからガチ左巻きに根性入れて再開も模索するかも」みたいな話になって(彼曰く僕の命に関わるんです、、みたいな?)、
知事は「えーーッ!いやいやそんな話じゃなかったでしょう」と収拾つかなくなり、

本当に国会に呼ばれるとかなったらマジヤバいと、
(この人ツイッターのアカウントそのものを削除するかもしれませんよ)


今「どうしたらいいのかわからない状態」、
(だいたいこのような窮乏状態になる時、NO安倍な人達が優しく声をかけてきますから)
そんなつもりじゃなかったのに、
知事まで(もうそこの利権で生きるしかないと腹をくくって)
「生まれた時からNO安倍です」とか言い出すかも知れない、、、。


そんな暑い夏の「どうしてそうなる風物詩」のひとつだったのかなって思います。
「最近左に巻いたら景気いんですよね」さんの明日はどっちだ、
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

youtuberが発信するニュース解説が激増している

2019年08月13日

そして世耕大臣のtwitter発信
(その都度マスメディアのフェイクニュースを訂正するので話題になっている)

経済評論家の高橋洋一氏が(現役官僚時代から新聞を読んでいない)「一次情報が新聞に頼るほか無いってそんなこと無い、政府広報含めて一次情報はちゃんと発信されているので(その官僚からネタ貰って記者は記事書いているのであって)」各省庁の発表見ていれば新聞読む必要性が全く無いと話しています。

確かに警察回りをしている通信社発信情報は社会面的に新聞頼みの傾向は残るのかもしれませんが(ここも現在警察庁・警視庁などがネット等で一次情報を広報する動きが出ている)、仮に通信社の警察番に欠員が出て警察もtwitter等を活用するようになれば、youtuberが見逃す筈ありません。
●稼げるからです(本物のパパラッチというかハイエナと申しましょうかww)

そしてyoutuberも(新聞批判目的を失えば)一次情報は政府発表から拾える訳で、
国会中継にしろ、ネタ探しを新聞に頼る必要性が大幅に下落してます。
(更にその新聞がフェイクニュース連発している始末じゃ、、)
2chでは批判の多い、まとめサイトがこれらニュース発信youtuberを一覧にして公開する動きも加速していくでしょうから、
そうなるとNHKの報道の意味も失われます。

だけでなく、
youtuber各人「中の人」にはその分野の専門知識を持つ者が含まれている場合もあるようで、
これね、パッケージにして(最後のコラムがKAZUYA氏の朝日新聞漫談で締めるみたいな)、
毎日1時間なりの番組編成できれば「もっと広告費稼げるんじゃ?」
最近のyoutuberはプロダクションみたいな会社と契約している人もいるようです。
●誰か音頭取る人が出てくるのじゃないかしら
「2時間枠のダメニュース」みたいなさ(笑
(※文化人放送局の今後にも期待しております)

まだまだ「散発的なゲリラ戦の様相」なので、
ここが面白いみたいに特定サイトを紹介することはできませんが、
一部にあった「新聞社の情報が無ければネットニュースも流せない」なんて話は眉唾に過ぎないと思いますよ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田がNGならイージズを是非

2019年08月10日

最近ロシアが調子こいてますからね
(レーダー範囲的には少し勿体ない事になるかも知れませんが)
イージス・アショアは北海道に設置すればんですよ。
「影響範囲に人家がひとつも無い」みたいな土地有り余ってますから。
何なら我が家が所有する(原野商法のネタにもならないこういう土地の地権者が北海道には多数存在する)二束三文の広大な土地を喜んで提供しますよww

流石の運動家も反対しにくいだろうし、
ネドベージェフが北方領土で政治的パフォーマンスやってる”ツケ”払わせてやればいんです。
(形だけでもそれに対応しようとロシアも追加で軍事予算割かなければいけなくなりますから)
仮にロシアがss400でも配備してくれたら(近場にある分)何らかの情報も抜けるでしょうよ。


イージスアショアの話には裏もあって
「やろうと思えばトマホーク装備して攻撃もできるよ」って代物です。
対面上は憲法9条と”防御専用システムです”で突っぱねるでしょうけれど、
ロシアとしたらポーランドに配備されるイージスアショアにピリピリしてるところです、
それで領土交渉がとん挫するならそれでもいいでしょう。
(道民的にも今やこの問題の中心は「漁業権交渉であって土地ではありません」)

世界には広く左翼な人いますけど、
自国の防衛にケチつける左翼は日本だけでしょう
(昔は共産党ですら自国防衛肯定していたのに)
”意味が分からない”

●現代でも自国を焦土化騒乱化させて、その混乱の中で革命を起こす事を真顔で考えているんでしょうか?←だとしたら違う意味のお花畑です。
(昭和じゃあるまいし、どうかしてるカルトな頭おかしい人達扱いされるだけでしょうが。バカなのかって、、)

防衛省の方興味あればいつでも声かけてください
白老にいい土地がありますよっ
(確か自衛隊の高射砲部隊もそう遠くない筈だしトマホークの装備も大歓迎です!)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界経済の混乱が「ドル余り」に始まったのは確かだと思うよ

2019年08月07日

昨今流行りのMMT(Modern Monetary Theory)ですが、
ここにはちょ〜っと欠けているとこありまして、
確かにハードカレンシーを持つ国家は通貨の暴落気にせずにじゃんじゃんマネーサプライを増やす事で需要を想像することも可能ですが、金融機関にとって超低金利はけっこうヤバいワケです。
製造業の地盤沈下する中でも米国はドルを刷りまくって成長を続けるんですが、
経済構造的に不動産を例外に有力な投資先が無くなっちゃうため、そのドルは大量に海外の投機資金としてあれやこれやするようになります。

だからこそデフレ時代の日銀の政策はドナンセンスだったというのが”おおよそ昨今の理解”として定着しているのかなと。

FRBも「ドルはいつか回収するから(米国で投資先が回復すれば)」という見解から、
そろそろ利上げでと舵を切ろうとしますが、失敗しました。
(てか本来は貿易赤字で穴を埋めるバラマキ需要経済のケジメ取るべきという意見もあるかと思いますけれどww←これ放置すれば自動的に対中赤字は天井知らずになるのであって、、)

結局「ドルが大杉」なので、バランス取るため「円もバランスするまで増やそうか」のが無難な解決策なので、昨今はなんとなく”いい感じになってきた”と言えるんだろうと。
■本筋としては日本にはまだまだ『潜在的有効需要』が存在し(失われた時代もありますし=長い買い控えとも見て取れる)、
有効に円をデマンドサイドに流通させれば、実体経済を成長させることが可能です。

手法はなんでもいいですが(笑
「バラマキはバラマキでも米国との違いは何か」ちょっと触れてみようと思います。
現在日本の経済ファンダメンタルは「潜在的過剰生産力」をもっています。
アベノミクスでこれだけ通過の流通量を増やしてもインフレターゲットが達成されない=まだまだ流通量を増やせるって意味です。
MMTも判断基準にインフレ率を挙げますが、米国何かの場合は貿易赤字(為替指標)も基準のひとつにするべきかなと思ったり思わなかったりww

いずれにしても「日本円はまだ高過ぎる状態にあり且つインフレ率も低い」
デマンドサイドに円が足りないのです。
(需要不足が経済成長を足を引っ張っている)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すごく適当な政界の裏読み(野党関連、落書き程度のものです)

2019年08月03日

山本太郎のバックに釣り人オザーさんがいるのは事実です。
(選挙期間中事務所に入り浸っていたという噂も)
狙いは「立憲潰しと共産党の糾合(そして党名看板外し)」に他ならない。
最近の山本太郎氏の演説のモデルは「田中角栄」だと思います。


小沢氏自身の所属は”いちおう”国民民主ですから(最近の玉木党首の改憲めぐる発言の振り付けもそうなのかも)、こちらは改憲を梃子に維新との連携を模索するでしょう。
一度に二大政党に向かう形では”無い”が、
仮にいずれかの野党が第一党にでもなれば連立により政権交代が可能となる三大政党制。
(どっこい生きている、、政治生命とっくに終わっている筈なんですけどね、、”民主党時代の怨念”というのかなww、残党は徹底的に潰しますね。)

この動きを警戒して(維新は随分過去に手を突っ込まれましたから)
維新は、本来到底協力できないNHKから国民を守る党と”連携”じゃないけれど、悪乗り援護射撃みたいな姿勢を示しており、松井さんは国民民主との連携は大筋合意あるかもだけれど主導権取られる事に関しては相当慎重なんだと思う。
更に、国民民主は先日の参議院選挙で自民党から票を回してもらった選挙区があると伝え聞きます。
勿論そこにも憲法改正論議の何があるのだとしたら、
その動きの一部はガースーあたりと通じているってこと?
(或は昔の人脈で二階さんか?←ここ細野氏二階派入りから考えれば更に腑に落ちる。)


さてそんな山本太郎氏の”強度”ですが、
●あくまでも個人的見解ですが「(左翼メディアの期待感は凄いが)たいしたことはない」と考えてます。←この動きは米国にもある「民主党の小口献金(アクトブルー)と左旋回」現象そのもので、
どう言えばいいのか、
山本太郎氏は米国民主党の大統領予備選におけるオカシオコルテス(Ocasio-Cortez)のような存在なんだろうと思っているのです(それでも首相を狙うことを公言するぐらいの権利はあるでしょう)。
そんな政治用語はありませんが→”反動左翼”みたいな?

一定の勢力を得る事はできるのかもしれませんがそれ以上にはならない


時に保守系メディアが山本氏を強く警戒していたりしますが、
いやいやそんな事は起きないでしょう
(それより「NHKから国民を守る党」に注目してくださいよ)

いずれにしても、
わかりやすい野党再編は(政権与党にとっても)好ましいことだと思いますよ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする