ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

音を巡る心理学「番外編:オーディオセッティング」

2006年09月07日

昨今総合電気店でもPC関係のフロアは活況だが、ピュアオーディオとなると惨憺たる状況で、下手すると「バラコン売り場が無い」なんて状況にある。
システムオーディオとなると一部メーカーの除いてピュアオーディオとしての内容をまるで保証できないチープなものが多く、お世辞にもお勧めできない。

実際考えてもらいたいのはインテリア性だ、
例えば賃料はともかく、洒落たデザイン内容の暮らしをテーマにしているのにオーディオがチープなシステムオーディオとなると「吟味して選んだ北欧家具の部屋に、カラーボックスをドーンと置いているのと同じ」になるので、それはデザイン上でも大問題になる。しかも、売り場すら電気店から失われていたりするので、入手するのも難しいという有様。
そもそもピュアオーディオの世界でも、高級モデルじゃなきゃやいけないなんてことはなく、「バジェットオーディオ(低予算で内容がいい)」なんて言葉もある。
デザイン優先でオーディオを選んでもいいのだけれども、せっかく購入するのだから音の内容がいいものを選びたい。

※PC関係を音源にする場合には(PCから猛烈にデジタルノイズが発生するので)、ドライバ関係がチープでもノートPCの方がいいと思う。省電力性能=回路が発生するノイズも少なくなるからだ。
PC利用オーディオの場合には「AMP内蔵スピーカー」か「別途AMPを使用する」事は必須、間違ってもPCのヘッドフォンAMPに頼って「実質パッシブ結線」はやめた方がいい、PC内蔵のAMPはろくな物じゃないからだ。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音を巡る心理学(2)

2006年09月05日

隣室の音が気になるって点から考えると「壁鳴り」と「構造梁の伝達」の二点から考えなければならない。
構造部材が鳴ってしまうと、付帯音もつき余計に何の音だもわからず不快感が増す。そういう意味で電車や車のロードノイズ等の暗騒音が気にならない人もいて(関係無い音であると認知されると脳内の音感レベルも下がる)、線路近くなんかの音問題は「地鳴り」の方が不快である場合が多い。

そんな意味でも、構造強度も問題だが「部屋の鳴りやすさ」も気になるところだ。
音に配慮している人でも、壁自体や構造梁自体がこれを増幅する(木琴や太鼓が鳴るように)可能性も考えなくてはいけない。
これを確かめる方法はいとも簡単、
「壁をトントン叩いてみればわかる」
音響的には、響き難い素材(砂やゴム等)を素材の響きによる付帯音を減らすために「ダンピング素材」として使う事がある(カーペットや人工芝を貼るための「ブチルゴム」はあまりにも有名)。
つまり、壁にダンピング傾向が強ければ「残響の無いコンコン音」となる。
特に万マンション等では、基礎にベタでフローリング施工するケースとコンパネ(合板)で床を作って施工する場合があって、後者の造りが悪いと盛大に床鳴りする。この場合でも梁の本数が多くて強度的にも強ければ鳴きは止まる事になりあくまでも施工の内容次第と考えてもいい。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音を巡る心理学(1)

2006年09月02日

「隣室の音が気になる」だけでなく、最近は「自分のオーディオの音が気になる(近隣への配慮)」という相談も随分と増えていて、
そんなこんなで、『住居と音』について考えてみたい。


昔、木造住居で床が畳が主流だった時にはオーディオセッティングの問題と言えば「スピーカーのぐらつき」で、重量ブロックで床をダンピングした上に設置したり、畳の下の木質構造部分まで釘を貫通させて「鳴きの少ない板を設置しその上にスピーカーを」なんて話が音問題だったのだけれども、何といっても昨今は『近隣騒音』がテーマになる。人間の脳内にはイコライザー機能があって、音をフラットに聞く事は無い。人の声の帯域に元々敏感で(外乱騒音があっても話が聞き取りやすくするため)、スピーカーの設計でもその人の声の帯域にデバイディングネットワーク(高音用ツイーターなら低音域カット、低音用ウーファーなら高音域カットのクロスオーバー電気回路の事)を設けない音作りをするぐらい、

なものだから
この人の声の帯域で近隣騒音を出せば、隣室の入居者には「音が気になる」と感じる事になる。(ある意味大音量でもない限り、音楽の音声よりTVの音声の方が騒音認知されやすい)
ところが、昨今の騒音問題には「現代オーディオ事情」というこれまでに無いポイントが新たに加わった。ウェアラブルオーディオ(ウオークマン・ipodに代表される)では、音の迫力を出すため「ドンシャリな音作りが行われる」、ドンシャリとは中高音と中低音を極端にデフォルメした音の事で、本来大口径スピーカーでしカ表現できない音質を「迫力の有る“雰囲気”」で再現するために始まった。
これをインナータイプのヘッドフォンで聴いているので、耳がすっかり大音量慣れしてしまって、且つ『迫力の有る音』のベースが「ドンシャリ音」と錯覚する傾向がどんどん高まってしまっている(極端な例で言うと「大音量のカーステレオの音」)。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする