ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour
VCroomOrder
希望地域「空室全室調査」専任依頼フォーム(規定はこちら)/予約制
他社”同時”併用はNGです

■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
調査スケジュール等の連絡が取れない場合、ご依頼は自動的にキャンセルとなります。

retour_nb.jpg

kagewari
kagewari01
『有料メール相談』
『公開掲示板』
精神分析による一時的な混乱(揺れや反動)がありえます、同意の上閲覧してください。
LINK
岩上安身オフィシャルサイト
永田町異聞
魚の目|魚住昭責任編集
心身コンサルテーションHOW's
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(51)

NPO『HOW's』(現在活動停止)心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者) 『retour東京』業務展開部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
SONUS FABER TOY
B003VQJCM2

SONUS FABER MONITOR WD WST
B003U5QWRC

LUXMAN ラックスマン CD専用プレーヤー D-38U
B002SSOXV4

LUXMAN SQ-38u VACUUM TUBE INTEGRATED
B001I3SMSU

KEF LS50(50th Anniversary Model・ペア)
B008NZETS8

FOSTEX 10cmコーン型・バスレフ専用設計のフルレンジユニット(1本) FF105WK
B00F2ZHCSQ

TEAC コアキシャル2ウェイスピーカーシステム チェリー S-300NEO-CH
B005YVQ1X0

marantz CD6004-N
B005MM4HPU

YAMAHA A-S300(S)
B004BF7OJK

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T2
B005SCYZGA

みさおとふくまる
伊原 美代子
4898153194

人イヌにあう
コンラート・ローレンツ
4795302081

集合住宅でペットと暮らしたい
井本 史夫
4087812294

Cats In The Sun
Hans Silvester
0811847667

ゴー!ゴー!フィンランド
pieni kauppa
4860201531
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)
RDF Site Summary
RSS 2.0

この時期はやはり「暖房を考える」でしょ

2006年11月29日

なんといってもここのとこめっきり寒くなってきて、さて「暖房は」がクローズアップされる。特に賃貸住居の場合火災の心配からせ石油ストーブは全面禁止であるので(実際東京では石油ストーブはマイナー)、如何なる暖房を選択して快適に過ごすかがテーマになる。
確かに光熱費としてのコストも大事になるけれども、ハードに使用するのは極寒時3ヶ月ほどの期間となるのでここは「快適な暖房はどれか」を考えてみたい。

心理学的には、ファンヒーターやエアコンに比べて反射型ガスストーブ・ハロゲンヒーター・コタツの解説が必要に思う。「赤い=暖かい」連想だ。
エアコンなんかだと十分な温度に到達しているのに、ついつい温度設定が上がりがち。
昔の貧乏アパートの学生諸君は昔コタツだけの暖房でも冬を過ごした人も多いだろうし(そのまま寝てしまう例も多い)、江戸時代なんてころになると火鉢ってものがあった。エアコンやファンヒーター派のあなたには冬の時期蛍光管を暖色系にするのが光熱費を下げるコツかもしれない。
とは言え安心感って見地から考えると、反射型ガスストーブに勝るものは無い。
http://www.citygas.co.jp/shop/stove-13a.html
ガスストーブの使用は、室内にガスコンセントがある部屋に限られてくるのでここはレトロな部屋の独壇場なんだけれども注意も必要だ。
そりゃガスストーブの熱は凄いので、濡れた衣類も一発で乾くぐらいの勢いなのだけれども、化学反応的にはガスの燃焼時には大量の水蒸気が発生する。といってもガスストーブを使用すると部屋が湿度でムンムンになるのではなく、空気の対流に乗っかって窓に結露としてこの水分が付着するのだ。だから、窓枠部分ペンキ仕上げなんかの住居や気密性の高い最新式マンションなんかだと部屋が痛む可能性があるので、高性能だがガスストーブも万能では無い(気密性の高いマンションだと換気も相当注意しなければならないからそもそもガスストーブの効率があまり生かせない)。

では、気密性の高い高性能マンションの場合どうだろう?
一般的には「エアコンとホットカーペットのダブル暖房が快適」と紹介される例が多いのだけれどもホットカーペットの使用には又コツがある。なんせ高性能マンションの床材にはフローロングが多い、フローリングの施工内容にもよるのだけれどもホットカーペット直敷きだと、相当量の熱量が床からの熱伝導で下方向に抜けてしまうので、ホットカーペット下には厚手のラグを敷かないとそれこそ光熱費でとんでも無いことになってしまう(笑
またカーペット上にも暖色系のラグを敷けば心理的にも暖か感は増すので、色にも拘りたい。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

告知です「三ノ輪の狼映画ロケ敢行」

2006年11月24日

先日11月19日に製作Movie Gang Productionによる映画のロケが「三ノ輪の狼」で無事終了(アクション映画じゃないですよー)。
http://kagewari.cside.com/blog/2006/10/post-14e5.html


シーンの設定なんかは公開できませんが、担当者に「そもそも編集でカットされないといんですけれどね(笑」って話をしましたが、
「いえいえい重要な登場人物のシーンですからカットされる事はあり得ないです」と心強いお言葉でした、
さ縲怩ヌんな絵になることやらです。続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿レポート番外編へ

2006年11月21日

それこそ、デザイナーズ繋がりのレポート後半な感じになりましたが
本編はこちら
http://retour.seesaa.net/article/27942396.html

気合の入ったデザイナーズはやっぱ「予想もしない内容」がなくちゃな縲怩ニしみじみ思いました。時に業者からも「これ一体なんで?」ぐらいの勢いのある部屋ほど内容よかったりします。
前回のエントリーの関連としては、「狭義の造形designもこれぐらいじゃないと」な凄いマンションを取材の途中に発見しました。


ちょっと見てください、これまた”凄い”造形。


ここでモチーフになっているのは『瓦』でしょうかね縲続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(2) | TrackBack(0) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デザイナーズの在り方を考える

2006年11月16日

Wikipediaによると
デザイン(design)とは、ある対象について、良い構成を工夫すること。
とある。
一般に良く知られる「造形デザイン」は、狭義の概念であって本質的にdesignってものはフィロソフィーでもある。時には固定観念を覆し新しい”構成”を提起していく攻撃性も時として必要になる。
デザインコンセプトなるものが標準化する事は、即ちデザインの構成の創造性の後退でもあってその時には「次なるデザイン」が求められているワケだ。
逆さまから考えると、標準化しない”ユニーク(唯一の)”はそのデザインの普遍性でもあり、デザインにアイデェンティティーがあるとするならその「標準化しない普遍性」に他ならない。

この話もちらっと考えてみるとパラドックスになっている、
何故って社会的認知(一般化)としての評価が無いものに生存意義を見出すなら、その生存意義にはそもそも評価がついてきていないって話になるからだ。
一見そんな風に見えがちなんだけれどもーーここは意味が違う。
”ユニーク”は、インディペンデェントな個性に呼応するからこそユニークとして実存するのだから、それは社会的評価のアンチテーゼであってむしろ自然だからだ。

何回か同じような話もこれまでしてきているだけれど「通称:デザイナーズマンション」として一般社会に認知された形で市場に流通ししている在り方は、designって概念から外れてしまう。流通している意味は「デザインに留意したちょっとカッコいいマンション」なのだしそう解釈もされているんだと思う。
同時にここでのデザインコンセプトは狭義の「造形デザイン」を意図したものだ。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「この部屋は何帖ですか?」

2006年11月13日

数値上の広さを知る上で一番話しにですのが「この部屋は何帖ですか?」であるけれど、何帖って表現自体はほんとのとこはナンセンス。
何故なら『1帖の広さ』が畳のタイプで全然違うから。
京間:1.82u 約190cm×95cm ※関東にはほとんど無い
江戸間: 1.54u 約176cm×88cm(古築マンションやアパートに多い)
団地サイズ: 1.29u 約160cm×80cm(築浅マンションのほとんどがコレ)

一般的な6帖の広さにすると「江戸間で9.24u、団地サイズで7.74u」になる。
概算江戸間は団地サイズより20%広い、
「団地サイズ6帖は江戸間5帖」「江戸間6帖は団地サイズで7帖」の計算になる。
洒落たマンションより友達の古いアパートの方が広く感じる理由だ。
(のんびりと落ち着いた感じがするので”広く感じる”だけではなく実際に広い)

ここまでの話で勘のいい人なら話の矛盾に気がついていると思うのだけれど、、

「この部屋は何帖ですか?」広さを気にしている質問の筈、
確かに自分の今いる部屋をベースに実質的な広さを確認したいところで「その何帖なのか」知りたいところ、しかし「ハイ6帖です」で納得されてしまう。
だとするとプラス・マイナス20%は「誤差の範囲なので気にしていない」になるので、”広さを気にしている”テーマから完全に外れている事になる。
「畳のタイプなんてそうそう知っている人はいない」という声が聞こえてきそうだけれども「図面表示6帖となってますけど、それ本当?」って声を聞いた事が無いのだ。
@「ここはベースが江戸間なので広いですね」
と、私が説明して「ええ、古いマンションは江戸間なので、、」
と続けるのが慣用句みたいになっていたりする。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

告知でーす『ガウディが王様のブランチで紹介されます』

2006年11月09日

あのガウディがTVでレポートされますよ。
東京地区だと今週土曜日TBS王様のブランチ(11/11日09:30縲恤送)のお部屋紹介コーナーでガウディこと「ラポルタ和泉」が紹介されますから”動画で見てみたい”なあなたは要チェックです、
retourガウディレポートはこちら
http://retour.seesaa.net/article/3640226.html
http://retour.seesaa.net/article/3664237.html

紹介されるのはちょうど空室で出た最上階ペンとハウス501号室です

リビング(玄関から)
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする