ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

賃貸における諸問題(2)

2008年08月15日

なかなか難しいテーマなので、前回のレポートは途中までとしていたところなんですが、今回はその続きです。
前回レポート:賃貸における諸問題(1)

このテーマを考える上で注目のニュースがありました。
こちらですっ
 ↓
25平方メートル未満「ノー」都内で広がる「ワンルームマンション規制」
(かなり長文なので重要な部分のみ引用します)
ワンルームマンションの建築を規制する区の条例が、都内で相次いで施行されるなど規制が広がっている。面積が25平方メートル未満の部屋を持つマンションが建てにくくなるというものだ。面積を増やせば家賃が高くなることも予想され、学生や高齢者が住みにくくなるという批判もある。しかし、こうした条例が制定される背景には、単身者のゴミ出しのマナーの悪さや自転車の路上駐輪が問題化していることがある。
この条例を制定した理由のひとつとして「紛争の一因となっている管理面の強化」を挙げている。ワンルームマンションなどでは管理が不十分な場合も多く、ワンルームマンション建設の際に近隣住民が猛反発するケースも多いという。

現在東京23区では、文京区に加え、中央区、渋谷区、目黒区、江東区、豊島区、新宿区など10区で同様の条例が制定・施行されている。板橋区でもワンルームマンションの部屋面積を25平方メートル以上とする条例の制定について検討が始まっており、今後も「ワンルームマンション規制」が広まることになりそうだ。

ただ、こうした「マナーの悪さ」を近隣住民の要望に応えて一掃するというほかに、「単身者だけでなく、ファミリーで住んで地域が活性化できればという狙いもある。近隣住民に不安を生じさせる単身者を減らし、地域の活性化につながる世帯持ちに住んでほしい。そんな思惑がある。
この条例の制定をめぐっては、区には「大学生には住むなということか」といった反対意見も寄せられている。学生寮や社員寮、介護・老人施設などでは、この条例の適用外としていると区側は説明しているが、学生のすべてが学生寮に、会社員の全てが社員寮に住める訳もなく、「色々なご指摘がある」と区側は賛否両論が寄せられることに苦慮しているようだ。
地域の不動産業にも大きな影響を与えることになりそうだが、ある不動産業界関係者は「近隣住民のワンルームマンション建設反対の意見が根強いということもあり、何とも言いがたい」と言葉を濁すだけだった。
(J-CASTニュース 2008/08/05)

続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千代田区散歩(エピローグ)

2008年08月11日

こちらが都道府県会館前です。

外観の特徴は、ちょっとどういう素材なのかわからなかったのですがセラミックなのかコーティングなのか重厚感のある外装で、

えーそもそもこの施設が何であるかと言えば、それはみなさん中央官庁及び政府への陳情活動のための出先事務所と考えていいでしょう。
青山通り(246)を挟んでお向かいは参議院議長公邸ですし、

「砂防会館」も近所だと。

で、実際都道府県会館までいくとビル内に喫茶店を発見
「これは中に入れますね」と早速内部へ
都道府県各県の名前がありますあるますズラーっと、

喫茶店のある上階(15階)に到着すると
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 10:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千代田区散歩(3)

2008年08月09日

”半蔵門”の門から平河方面へ向かうとすぐそこにこちら
DIK麹町ビル(SRC築1977年9月)

なんとも不思議なハイブリッドな造形で、
事業ビルの上にマンションが乗っかっているかのような設計です。

窓に映り込んでいるのが麹町警察署、

そのDIK麹町ビルの隣のビルにも注目です
外装補修で一部ネットに覆われていたのが残念なんですが

Gポイントビル

この意匠がですね、これ私の勘違いかもしれないのですが軍艦マンション設計の「渡邊洋治建築事務所ビル」へのリスペクトを感じるんです。続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 19:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千代田区散歩(2)

2008年08月08日

ほどなく半蔵門駅に到着。ここは5番出口付近一番町交差点です、
とそこにあるのが
ユニパリス一番町(SRC築1981年11月)

ワンルーム系のマンションで、マンスリーで運用されいてる部屋もあるようですね。
この立地ならアリでしょう、是非賃貸で紹介したいところですっ
外観の意匠も独特です。

とここから麹町小学校方面に向かいます
ここには巨大戦艦を思わせる
コープ野村一番町(SRC築1972年8月)

凄い迫力です
立体造形として見ても素晴らしい。
以前紹介した原宿団地のスターハウスを100倍に拡大したような造りで、
この造形も日照等を計算した造りなんでしょうね。続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千代田区散歩(1)

2008年08月07日

毎度お馴染み流浪の建築巡り”Teorema”です。今回はですね「千代田区散歩」と称して番町エリアから溜池山王方面を歩いてみます。
このレポートプロローグにあたるところがretourのレポートになっておりますので、是非そちらから続けて読んでいただけると流れ的によろしいかと、
参照:千代田区日本の中枢に暮す
 ↓
と、そんなワケで市ヶ谷から麹町方面を進みます。
日テレ通りと呼ばれているこの坂にはこのような名前がついているのです、

麻布方面や高輪レポートした時もそうでしたが、ここ東京の中枢部は江戸時代から街だったもので、宅地造成的何が無いのでとにかく坂道が多いのです。
坂を進んで新宿通りと交差したところが麹町となります。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 14:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部屋探しの戦術論(3)

2008年08月04日

『妥協の戦術性』
ここは以前のエントリーでさらっと取り上げたテーマで、
参照:「妥協」は「妥協か?」
もうちょっと詰めて考えると、妥協する結果他の評価部分浮上するところが重要ってだけじゃないのです。「戦術的妥協」こそアイデェンティティーに深く関わる話なんです。
何故かって「暮らしは部屋と人が相互補完の関係にある」からです、

目的は「自分らしい暮らしの満足度」であってレベルが高いに越したことはありませんわね、最も単純なケースで考えれば「賃料を安く抑えれば可処分所得が増える」部屋に求める戦術的妥協のポイントは”何を妥協したらどこまで賃料を抑えられるのか”がテーマになります。できるところなら是非とも妥協したいところですよね、そしてそのポイントは「自分の得意分野だ」って話になりますからアイデェンティーに関わる要素になる筈です。

必ずしも部屋探しに限定されるところじゃありませんが、「料理が得意なので食費が月2万だ(これ昔実話として聞いた事のある金額です)」こういう相関関係です。
つまり
「どんな戦術的妥協が可能か?」=「得意な事や特技はありますか?」
これ同義なんですよ。
虚弱体質でワシントン条約で保護されている希少動物のように、様々な環境を整備(エアコン・独立洗面・オールフローリング・オートロックのバストイレ別・洗濯機置場室内の築浅マンション上階で徒歩5分しか歩けないとか)しないと”生きていけない”所謂『賃貸弱者』であれば”戦術的妥協をする力が無い”事になるので、それはコストがかかってもやむを得ないところですが、
いくら都市文明で人類が虚弱体質になってきたからといって、『個性化の時代』なんですから誰にも得意分野はある筈です。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする