ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

『内見効果現象』

2008年12月12日

新しい物理の法則じゃないですよ、
えー言葉としては「店頭効果」ってのが一種の販売用語として存在していて陳列術とか製品の目立ち方とかそういう類の販促効果みたいな代物です。
これは賃貸住居における内見にも同様現象あるなと思い、造語として使っている言葉が『内見効果』です。

意味はそのままで”賃貸における販促”みたいな、
つまり実際の内容とは別に内見時特有の”見栄え”とか”錯覚”で、これも販促用語である抽象概念としての”いい部屋(何がいいのか具体性が無い)”があたかも実存しているような”幻覚”があるんだと、こういった話です。

微妙に違っちゃいるんですが典型的な事例で言えば「モデルルームのディスプレイ」にも見て取れます。賃貸の場合なんかだと家具付きの室内画像があったり、新築物件で一部の部屋を(全室までは未完成状態なので)代表内見できるようにディスプレイする場合ありますが、「不思議とベッドが無かったり(笑」無茶な設定を時々見かけます。
ここで比較対照しないといけないのは「ホテル系の広告」ですよ、
何故って、家具付き状態のデフォルトが実存するホテルの場合広告用に室内画像の絵を作る時にまさか「退出後みたいな空っぽの部屋」を写したってしょうがないワケで(笑
こっちのばやいはインテリアなんかも含めて”売り”になりますよね、だからデフォルトの状態で撮らなくちゃいけない。
じゃ賃貸の場合はhttp://kagewari.cside.com/blog/2006/10/post-2680.html
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋谷にて、

2008年12月10日

何が何って事じゃないんですが(笑
先日渋谷で契約があったので(流石知るひとぞ知る老舗管理会社でとても内容のある契約でした)ついでと言っては何ですが、所謂渋谷として知られる風景よりこっち方面の方が東京(渋谷)らしいかなとつれつれと何枚か撮ったのです。



続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産の地政学的な部分って何だろうか

2008年12月09日

そのまま”パワースポット”なんて呼ばれたりする人によってはオカルト系の地勢ってか力場のような話です。
といっても、心理学系の私がオカルト話をしようってのじゃありません。この土地に関わる”特有の雰囲気”は地政学的なものだと考えてます。
戦争における「○○を制するものは○○を征す」みたいな、エリアを制圧できる支配的立地というか(簡単に言えば”高台”等)ヘゲモニーの鍵を握る土地の事です。
特に宅地開発などで考えると、そういった場所を自由にしてしまうと周辺全域を制圧できる”雰囲気”が個人所有されてしまいますから「これはいかん」のです。
「いいとこが強すぎて周囲の価値が心理的に下落し過ぎる」と、自然って環境から言えば共有財産である土地(所有権って単に経済社会の都合で決めた権利の話ですから)の活用性からいって好ましくない訳で、

ここ当然近代宗教以前のシャーマニズムの時代には、宗教的に取り扱われて自然だったでしょうし(神殿とすると支配者の制圧拠点ではなく地域を守護する要塞的な意味での共有資産になる)、日本固有の富士山信仰のように「もうその土地がありがたいのだ」と信ずればその”雰囲気”をそう関連付けるイメージにとって認識として「オカルト」になるんだと、こういう理屈です。
そんな意味で、不動産の生産性を守るために結界のように神社仏閣を建立したり(日本の伝統文化的イメージで神社仏閣は公園に順ずる共有資産的シンボルでもあるので)、古くは繁華街や風俗街と宅地区画を分ける境界にもなっていたのであって、
「あっちゃいけないところに妙なタワーを建てると、地域不動産全体に”妙な何な雰囲気”が漂ってしまって商店街の景気が左右されてしまう」なんて現象はほんとにあるのです。
ここも実に簡単な法則で、都市計画が常に二次元的なワケないので(空中権やら地上権・日照権は不動産の世界じゃ定番なんですから)、ついうっかり建築を許可した「何な建造物」が大失敗するとか、あっちゃいけないところにあるので地域一帯が大変な事になる事例も実際あるのです。続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国会で予算委員会集中審議が行われていますが、

2008年12月05日

既に末期的な状況にある麻生政権の答弁が解散逃げのため「とても腰の低い答弁になってます」。民主党の政策通である仙谷議員の質疑で「前川レポート以降の内需拡大政策への転換を完全に誤ったのでは?」やら「いいかげん給付金を撤回してはどうか」等の話になってますが、麻生首相の「内需拡大政策」の答弁は、、これはどうにもならないレベルです。

公共事業に依存し過ぎの内需拡大策への反省が「今回の住宅政策だとの事」であり
ここは以前のエントリーで問題提起したとおりです
麻生政権の景気対策って、
即効性のある内需拡大策が(金融危機のOECDの共通認識であるとして)「給付金」
又繰り返し納税も難しい低所得階層対策(減税では所得をバックできない)も「給付金」

根本的な矛盾に気が付きませんか?
前述の住宅政策の大半は「分譲住宅を買える階層」になりますから=高所得という意味じゃありませんが、即効性のある内需拡大或いは低所得対策とは言えない。
低所得世帯への政策として考えれば恒常的な政策じゃない限り「選挙対策としての間接的な買収行為」との批判に答える論理が全く無いのです、

内需拡大政策と所得分配政策って本来利害が一致するんです。
所得分配政策として見ていけば、累進税率がそうであるように
消費性向の高い世帯に分配する事が最も有効になります(公共投資政策的に考えれば投資効果が高い)、同時に高額所得階層は専ら広範な社会システムに乗っかる形でその所得を確保しているのであって、内需拡大と経済の循環的な安定は高額所得階層には経済のファンダメンタルとして還元されます。
ここは労働法制もしかりです、
先進国の政策というのは、基本的に合理的な所得の分配に尽きるんであって、外需依存でGDPは成長しても世帯所得が増えないなんてーのは世界経済の秩序として見ても歪んでいる事になります(それこそ前川レポートなんだし)。
繰り返しますが、高額所得世帯というのは社会構造上この国が先進国であるというファンダメンタル無しには成立しないものであって、昭和に頭角した”中産階級”とは当時の所得倍増政策としての(先進国化の)国策の結果であって、社会学的に見るならこの”中産階級”がデフォルトって意味です。
経済学的に最も重要な指標が「完全雇用」であるように、社会階層的に考えるなら「中産階級の水準化」にあるワケです。
つまり低所得階層の存在は政策的失敗であって(この次点で見込まれる内需が縮小してしまう)、個人の努力不足等という発想が倒錯的な認識不足なのは(これじゃ発展途上国は先進国に比べて怠け者だと言っているのに等しい)、片方で政策的目標に「国別所得比較」や「国別生産性比較」を前提に政策判断している事で明らかです。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 20:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フローリング的に”和室”を考えてみる

2008年12月02日

実はアリなんですよアリ
以前の和室関連のエントリーの時にもちょっと説明したかと思うんですが、本来「和室=畳」じゃありません。
室内一杯に畳を敷き詰めるという豪華内装になったのは日本が安定的に豊かになった江戸時代からの話で、それこそ上座には畳があったでしょうが本来板張り床だったのです(なので戦国時代のNHK大河になると床は板張りで座布団状の円座(わろうだ:藁の丸い座布団)になってる筈)。
当時のイメージとしては「総畳張り=床全部ベッドだ」ぐらいの勢いだったと思われで、それは畳の床にゴロっと転がるのが極楽であったのは言うまでも無いでしょうし、現代社会においても”ごろ寝”って言葉が自室でのんびりを意図する言葉であるのも事実。

「フローリング希望だが100%床に転がる事があり得ない」なる人は滅多にいないと思うし、本来畳の部屋が好きなんだけれど押入れ含めてのパッケージデザインと相性問題があるとか、アレルギーの関係で床全体畳は掃除がキツイって都市生活特有の結論として「消去法でフローリング」な方も結構多いと思うんですよね、

フローリングライフの場合、光熱費の関係もあってホットカーペット(RCマンションの場合必ず下にももう一枚ラグを敷いて下さい:熱伝導の関係で熱がフローリング床から下に逃げちゃいます)との組み合わせが推奨されたりしますから、床には何らかのラグやらカーペットやらある人も多いと思います(フローリングの場合傷も心配ですしね:東京ルール的にも原状回復請求の対象です)。
だったらフローリング床の洋室に「畳スペース」を造作すればいぃんですっ
「立体的でクッション性のあるラグ」のような感覚で設置すると(心理的にもこの微妙な高さでプライバシー領域を認知)洋室デザインのまま和室ライフを取り戻す事ができます。


この手法は、空間デザイン的にも使える発想で、1Rなんかで室内のキャラクターをいくつか振り分ける場合にも心理的空間認知が効いて「こっちは何のコーナー、こっちは何のコーナー」と使い分けが効きます。この手法は室内のデッドスペースを減らして有効床面積を実利的に拡大する方法として結構アリですから積極的に利用したいところです(PC登場以前はオーディオやTVから視聴席を結ぶ線でメインの空間が認知しやすかったのでレイアウトに悩む事はあまり無かったのです)。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モダンデザイン的にストゥデイオを考えてみる

2008年12月01日

必ずしも先端デザインとは言えないかもなんですが、昨今バリッとした改装プランなんかだと1K・Rストゥディオタイプが多くなってます(外国籍の方は特にこのドーンと広いタイプを希望する事が多い)。
1DKや2DKを広い1Rストゥディオに改装するワケですが、利点としては居室を8帖以上の広さにできるところです。イメージ的には『LDK的住居』って感じですね。

この場合のデザインのポイントはキッチンそのもののデザイン性も高めて生活空間として無駄無く床面積を使い切る合理性にあります(1Kタイプで設計するか1Rタイプにするのかはケースバイケース)。となるため元々キッチンのデザイン性も高く事実上インテリアの一部にもなってたりしますか、
そんな格好で昨今『ストゥディオ』というと”ちょっとカッコいい部屋”なイメージになっているワケです。

そんな『ストゥディオ』ですが、暮すにあたってもいくつかポイントありますからここは抑えておきたいところで。キッチンも居室内にあったりするストゥディオはキャラもリビング系ですから「床にごろ寝したい系生活」は不向きになります。ベッドを設置するのもマストになりますが(マット直置きフロアライフの場合にはキッチン前にローボード系収納家具なんかがあると落ち着くでしょう)、
さて問題は「ソファーを置くか否か」

広さ的には8帖以上が大半になりますから確かにソファー置きたくなりますよね(笑
それは50u1Rみたいな巨大ストゥディオなら余裕ですが、比較的数の多い30uランクだとどうでしょう?
シングル向きストゥディオの場合そもそも「二人掛け以上のソファーはどうなの?」って部分もありますし「ソファーに座って食事する」のも微妙に違和感あったりします(背もたれまでいくと箸が届かないみたいな)。

ここは「ダイニングテーブルよりは小さ目でcafeスペース的なテーブルと椅子」がお勧めでしょう(TVを正面から視聴な時には「日本人の得意技”ベッドを背もたれに床に座る”方式」もありますから→ベッドの前に厚手のラグを敷いておけばいいかも)。続きを読む
posted by kagewari/iwahara at 14:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする