ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

政治と暮らし(1)

2009年03月18日

「政治とカネ」なんて言葉は頻繁に耳にしますが、政治の本質が暮らしであるのは言うまでもありません。特に先進国化が成熟期に到達しつつある日本等の場合政策の方向性が立ち遅れると社会構造や意識の変化に対応できずに足を引っ張る事にもなるからです。

昨今公共事業や独立行政法人などのムダについて各所で論議がありますが、誰が悪いとか財政のムダであるとか国家の赤字体質云々って見方だけでは問題を正確に認識できません。
何故なら経済学的見方としての本当の意味の市場原理は、政治で言えば民主主義の事で(投票と同様に無数の取引が多数決の場を市場相場として形成する)、市場がそうであるように生産性の低い投資先から、生産性の高い方向(潜在需要の高さ=民主主義で言うところの民意)へ社会資本が半ば自動的にシフトする事で”公正さ”と”合理性”が同時に担保されなくては先進国じゃないワケです(笑

つまるとこと、市場原理のような民主主義が十分機能して「社会資本の投資先をあるべき方向に誘導するシステム」を社会構造に成立させる部分も先進国の要件となります。
報道に対するリテラシーもそうですし、
市場原理の公正さを保つ意味でも大手メディアの独占(最後の護送船団)等をひっくるめての構造改革が、それこそほんとの構造改革であって、
官僚主導政治を含めて、まだまだ日本は「ハードの面では先進国でもソフトが弱い」のは確かなのです。
これまでの状況から予測するなら、日本の二大政党は
「保守自民」と「リベラル民主」
この形で鉄板でしょう、
新保守主義の面々が自民にも民主にも分散している状況があるので、少々わかりにくい一面ありますが、概ねこの線で収斂されると思われます。
ある意味官僚主導で政策立案能力にこれまで随分と疑問のあった自民党も長期間の野党暮らしがあれば役所との依存関係も変化しますから、
「その方が自民のためにも望ましい」ところで、どちらにしても今の状況は少々不安があっても民主党への政権後退が筋論的に合理的な状況です。
※実際は選挙になってみないとわからないですが(笑

現在の政策上の論点が何かと言えば保守党でもリベラル政党でも今後の政策テーマは少子高齢化含めての『福祉政策』となります。
(投資効果的にも公共土木工事より福祉へ予算配分したほうが成長率は上昇すると言われています→前段の論議で言えば生産性の高い企業に資本がシフトする)
この『福祉政策』は先進国の場合『経済政策』と同義で、「どんな福祉ビジネスのモデルを提案できるのか」が政党における政策となります。
選挙はその政策企画のプレゼンテーションの場となって事ですね、
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『続・国策捜査』

2009年03月16日

動き的には小康状態というか、概ね”線が見えてきた”ところなのでちょっと話をまとめてみましょう。
抑えておくべきニュースの流れはこんな感じです

「世論操作ある」民主・西岡氏、検事総長の証人喚問を検討
(西岡氏っていえば結構な大物で小沢氏とは海部内閣の時からの付き合いなので、これは観測気球でしょう)
自民党古賀派、西松ダミー団体のパーティー券で報告書訂正
(検察の小沢氏徹底狙いの間に、自民は余裕で対処中)
自民・中谷氏、小沢氏の参考人招致要求=「第7艦隊」発言、民主反発
(やはり日米安保に踏み込んだのが何かの何である気配)
検察に背景説明要求=「検事総長招致も選択肢」竏猪ッ主・鳩山氏
(西岡氏の観測気球で行けると判断、民主VS東京地検の構図鮮明民主からも打って出る)
小沢代表を包囲する「日本“最強”捜査機関」のメンツ
(検察には○○○ドア事件で借りがある○○グループは今回も常に検察側なんですが、この記事は○○のクーデター説の根拠を裏付けるようなかなり面白い記述アリ)
民主・仙谷氏「有罪立証は難しい」 小沢氏秘書逮捕事件
(仙谷氏といえば民主内でも小沢批判派で知られる元弁護士で、その仙谷氏でも「無理筋」の認識)

一部に自民内の反麻生に対する牽制の意図もあったのでは?とさえ囁かれる今回の事件なんですが、完全に小康状態になりつつあって、
民主の反転構成によって、検察サイドもあからさまな記者クラブを利用したリーク(検察は正式な記者会見をしていない)による世論誘導をしにくくなり始めていて(今回の話はどうやら検察総意での事件化じゃ無いのじゃない認識が広まりつつあるとこで)、どう認識していけばいいのか「民主も自民も足が止まった」といったところでしょう。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通勤がきつい(2)

2009年03月13日

「徒歩15分+電車で10分」と「徒歩10分+電車で15分」これどっちが楽なのか。
この悩ましい話が今回のテーマです、
通勤に関しては裏技的に上り下り的「逆方向に乗るルートを探す」って高等乗り換え技術を駆使してってマニアックな手法も無いじゃ無いと思うんですが、コレをやるといつも話してきた”街選び”がどうしても二の次になっちゃいますから(特に高等技術も必要ないベタな方法論的には「渋谷通勤」作戦として吉祥寺よりよっぽどマンションなんかが探しやすい荻窪で部屋を借り、出勤は中央総武緩行下りで吉祥寺まで→井の頭始発駅を利用して並んでも座って渋谷行き急行に乗る。帰りは井の頭高井戸で降り荻窪行きが頻繁なバスルートで荻窪帰還とか)、
ここは純粋に「歩くか電車か」でいきましょう。
話をわかりやすくする上で想定を単純化してみましょう
「勤務先が渋谷で、池尻大橋から電車に乗るべきかいっそ徒歩で通勤するか」
ここはアイテムとして当然自転車もアリとして考えれば『徒歩の方が楽』です、
事務所が宮益坂とか六本木方向じゃなければ十分いけるでしょう
同様事例で”歩く方が一般的かも”な事例もあります。
「都庁前よりにある初台徒歩の住居(新宿まで歩いちゃう人少なくない)」
「井の頭線神泉(古い地元の人も神泉駅はあまり使わない→渋谷徒歩)」
これ新宿御苑とか三丁目でも新宿駅新南口まで歩いちゃうとか複数パターンあると思います。
心理学的にここ考えてみるとですよ
結論:始発ターミナル駅や混む電車を一本飛ばしてダイレクトに狙った駅(極端に言えば会社)にいける場合徒歩15分以上もアリだ。
つまり一番最初の命題だとちょっとパラドックス入っているんだと思います。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通勤がきつい(1)

2009年03月10日

国策捜査に関しては、流石に知見が広まってきたのかネット社会では公然と語られるようになってきているので(それこそライブドア捜査の時には検察人事やその背後までかなり突っ込んだ論議があったけれど世論がどうこうってレベルまではなかなか広がりみせなかった)、ちょっと雲行き違ってきたかな一面あるので、このテーマは暫く様子見て改めて書く予定です。

さて住まいのブログなんですから(笑
話を暮らしや住まいに戻します。
(といっても政治は暮らしや住まいにとってメインテーマのひとつでもあるので今後とも書きますが)

賃貸で言えば供給過剰状態を背景に都心でもかなりリーズナブルな方向になっていて、一時は「郊外も都心もほとんど変わらないのじゃないの」な状況でもあったので(後追いの格好で郊外の賃料も更に下がっていますが)、
通勤ってテーマから考えるなら
「思い切って山手線の内側で探す」
が切り札に違いありません。
しかし前述のとおり郊外の賃料下落も追いついてきた部分もあるので、
通勤をベースに「どんな駅を狙うのか」ここ戦術論はあります。

一般的には急行や快速停車駅であるとか、始発駅を考えてみるのが鉄板ではありますが、急行や快速の場合「いざその電車が混んでしまうと、確かに目的地まで乗車時間は短いが駅間の無停止状態運転区間が長く心理的にストレスになる」場合もあります。
合理性から考えれば確かに矛盾するんですが、各駅利用であれば停車駅で”微妙に混雑状況の変化に期待”が織り込まれるのと、密閉状態よりドアが開くことはそれだけでも開放感にも繋がるので混雑における身体的疲労度は各駅の方が高くても意外と楽って場合も確かにあります。(又一般的に各駅の方が空いている)

ですから、法則性として考えてみると
『乗降者数の多い各駅停車駅』をポイントに考えればいいことになります。
(コレが又極端に乗降者数の少ない駅だと、乗る時に社内からの冷たい視線も無いじゃなく、完全に無視されて誰も動いてくれない等乗降そのものがストレスになっちゃう場合もある)
ある意味急行や快速停車駅であれば、乗降者数が多いのは当たり前なので狙い目としては
「乗降者数が意外と多いのに、各駅しか止まらない駅」であるとか
「急行や快速停車駅だけれど、通勤には各駅にしか乗らない」であるとかの作戦が有効。
逆さまに言えば、
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『国策捜査』(2)

2009年03月06日

事後に大きな動きがあるまで一回でいいかと思ってたエントリーなんだけれども、ちょっと微妙な動きがあったので続報、

反発と警戒…自民交錯 小沢氏の「検察批判」発言
西松建設事件 政府高官「自民側は立件できない」
二階氏側も聴取へ 西松に838万パー券 東京地検特捜部、規制法違反容疑
検察批判「すべきでない」と前原氏、菅氏は小沢代表に理解
違法献金事件、自民に拡大せず=政府高官が見通し
検察、時効迫り着手「選挙前」抗議相次ぐ
小沢事務所 労働保険未加入も 社民・福島党首も数年間


この辺の動きを見ていくとちょっと今後の動きも一部予測できるかと、
「小沢辞任となれば菅氏(か岡田氏)でしょう」
(前原氏はいつもの事で今の段階だと離党する力なし)
菅氏となるとある程度支持率低下はやむなしで(意外とこの人人気が無い)、党内基盤的にも反対勢力と亀裂も生まれやすいので、前原氏の離党なんかの分裂含みは菅代表とか菅首相になるほうが可能性高いと思う。
(そんな意味では選挙的に厳しくても党内勢力維持する上では小沢氏のままが得策かも)
「検察には批判轟々のようだけれども、バランス重視で自民にも捜査は入るかもしれない(批判をかわせる適当な対象者を検討中か→二階さんって元は新進党小沢氏側近で野田氏とともに離党してその後自民に復党した人で今は小沢氏と犬猿の仲と言っても自民内では外様:小泉300勝の時に株上げた人)」
「政府高官が何故特捜部の捜査方針を知っているの?」
「野党関係のスキャンダルは第二第三と予備弾装があるかもしれない(しかし野党に連発すると”流石に国策度が隠せなくなる”)」
「自民には早期解散熱もあるが、執行部は火消しに回っている気配」
「世論調査の暫定結果だと『国策捜査』は大成功、検察批判にはNO小沢氏議員辞職一位みたいな状況の雰囲気」

総合すると
『国策捜査』単体は大成功で大成果なんだけれども、
政権与党もこの大成功をどうしたらいいのか手に余る状態で(肝心の麻生首相の解散ギリギリまで路線に変更は無い)、そもそもシナリオってか今回の話はどっか絵の描けるところから始まっていないような気がする。
あまりに国策捜査が成功したので、民主的には「どっちに転んでも大勝利は無い」のだから、党内固め的には小沢代表の方が(直近の支持率が低下しても自民の意図と反対に)「勝てれば大勝利でなくてもいい」のだから”そのまま小沢代表で”な可能性はより高くなった。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『国策捜査』(1)

2009年03月05日

ニュース報道にあるように、小沢氏秘書逮捕は『国策捜査』なワケですが、
これまで延々とこのパターンが続いてきたので「あ、又か」と言ったところです。
(今回のケースは経世会の村岡さんとかライブ堀江・村上ファンドの手法と似ている)
民主党的には党のダメージコントロールが重要になるけれども、そもそも小沢氏個人で言えば首相になりたくない男(今回は政治責任として首相になる覚悟を決めていたようだけれど)なので、彼個人も「如何に民主党へのダメージを少なくするのか」がテーマになります。

地検特捜相手の時は、基本的に報道メディアは検察寄りとなるので(ライブ堀江の時にはメディアの側が事実上請求結託していたのだからこの辺の癒着は相当のものだし)、国策捜査の場合「その後の判決はどうでもいい」のが特徴。
つまり(村岡さんの場合経世会内部の話なのでこれはどうにもだけれど)、堀江や村上がたとえ無罪だとしても、社会的に彼らの足場が回復することは不可能であって(当然ライブドアが某TV局を買収等できる筈も無く→先日賠償金払ってましたよ)、事の成否は既に「有罪か無罪か等どうでもいい話」であるのが特徴。
又、逮捕の罪状にしてもたいした事無い話と言えば語弊があるが、当事者合法の判断して隠す様子も無い次元の話を「これは立件可能ではないか」的な検察的金融工学みたいな逮捕劇まで『国策捜査の定番手法』であるのは間違い無い。
(その確度はともかく)

事検察の意図を詮索しても意味は無いので、
以降は小沢氏は徹底抗戦するのだろうけれど、堀江氏の現在がそうであるように以降の話はニュースにもならないのが実態でしょう。
故に「有罪かむ財か等どうでもいい話」になるわけで、
(いくら小沢氏でも地検特捜の検事を相手に刑事告訴なんてなウルトラCはできないだろうし→これ誰もできないのじゃないか)
今回はニュースの話なんですが、ニュース報道の引用は必要無いでしょう。
さて、仕掛け的には新聞VTの旧媒体マスメディアを総動員して「小沢(秘書)逮捕」の見出しを一面トップで流した時点で『国策捜査』は成功で、大きな成果があがったと判断していいところです。
以降二次・三次と記者クラブを通じて同じ線上のキャンペーンが大手メディアで続くワケですが、組織防衛としていかにこれに対処できるののかが民主党の「政権担当能力」って事の証明にもなるでしょう。
事実上民主の300勝返しは無くなったと見てよく(自民党の分析でも民主270勝ぐらいの選挙分析があがっていたので自民は最初から勝ち負けではなく”どうやって民主の勝ちを250前後に押し込むか”か鍵だった)、政権奪取したとしても単独過半数は難しい。
事実上の連立政権となり(政策的には共産党と政策調整必要な場合もあるかも)、小沢氏が意図していた「日米安保の安全保障の枠組みそのものの見直し」は完全に頓挫したと見ていい(逮捕の直前彼が「米軍は第7艦隊だけでいい」発言をしたところが今回の逮捕と関連あるかもしれないですね→そして大手メディア某氏の主催による恒例の”例”の食事会)、
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする