ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

首都決戦の後総選挙日程が決まったわけですが(3)

2009年07月18日

中の人は着々と「民主政権」を前提にしている動きを見せています
河野氏、核密約否定なら審議中止 「虚偽答弁、容認せず」
解説:核搭載艦の密約、元局長保管証言 外務省、打算と保身


河野太郎氏って何故自民党なのか”ちょっとわからない人”のひとりですが(笑
しかも麻生派で例の署名に参加していたりする、
(父親である河野洋平氏の村山内閣禅譲関連で社民にパイプがあったり野党より野党かもしれない政権与党首相派閥議員)

既に政権交代は織り込み済みであって、
検察の与党援護射撃も雲行き怪しくなっていて

※「厚生労働省の公文書偽造事件」も思ったような(民主党方向への)発展を見せず(ネタに期待したほど何も出てこなかったって事でしょう)堂本暁子千葉県前知事が村木厚子被告の無罪を訴える運動を始めるなど予想外の方向に発展していて何のために着手したのかわけがわからなくなっている。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090710ddm041040066000c.html
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都決戦の後総選挙日程が決まったわけですが(2)

2009年07月15日

歴史的に旧田中派は、霞ヶ関と対立することをいとわない政策集団で(なので自前で政治資金を調達するためここが後に→田中金脈みたいになってしまったぐらい)、政策の基本は『所得分配』による”間接的需要政策”です。
※田中時代の”次々議員立法する真性族議員”が民主党の霞ヶ関に100人政治家を送り込むみたいなイメージになっているかもしれません。
列島改造論ですっかり土建屋派閥と勘違いされがちですが、実体は稀代の政治家田中角栄氏のパーソナリティーを含む「中央集権(キャリア)計画経済国家に対する挑戦」であって、この当事の論法が「予算を地方へ」なる格好で、地方に所得を分配するところにあった。
小沢氏はここを政策的に進めて「国際化(PKO)・小選挙区制度(金権政治から政党政治)・所得補助とも言える規模の直接需要政策」となっているという具合です。
※角栄氏が作ったと言われる「新聞TVの系列」なるマスメディアの形に角栄氏同様に小沢氏も追われる構図も皮肉と言えば皮肉ですが、この部分はその後野中さんのところに引き継がれているようにも見えますね。この新聞TVの系列はメディア論として現在社会においては是非解体しなくちゃいけない部分でしょう。

経済政策的には、需要政策で消費が伸びる中で自立的に産業が”勝手に活性化”していくだろうという(新保守主義的経済政策における”減税政策”の別バージョンのようなもの)需要政策なワケです。続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都決戦の後総選挙日程が決まったわけですが(1)

2009年07月13日

本日官邸から発表された日程は以下のとおり
8月30日に衆院選 7月21日にも解散
(夕方には記者会見も行われましたね)
しかしニュース本文にも説明あるように、麻生首相の本音は「明日(14日)解散」だったところで
”何の意味があるのかこの一週間”
は各陣営にとって
”大きな意味のある一週間”
らしく(笑

司令塔無き混乱がバタバタと続くのでしょう。
都議選の結果により、この日本が「政権交代可能な2大政党+」に大きく舵を切ったことは動かしがたい流れであって、自民にも人材はいるんですから本筋は「企業献金廃止の可能性・族議員所属・地方への利益誘導による政治資金の確保構造の解体」を見据えて純粋な政策集団に衣替えする準備をするべきで(派閥の位置付けも大幅に変わるかも知れない)、
民主への政権交代を利用して自民党を現代的な政党に変革するチャンスと捕らえる方が正論でしょう。
そんな意味では粛々と下野した方がいい、
「粛々と下野」ってのもこの際どうやったものかと思いますから(笑
若手は巷間伝わる”このまま行くと次から次と長老級の大物議員が落選”という選挙結果予測を織り込んだ動きをするべきなんじゃないでしょうか。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログの新着表示関連で大騒ぎに

2009年07月09日

えー何があったかといいますと
私は新着記事や他ブログの新着なんかもサイドバーで表示する時に、ジャバスクリプトでリスト表示させるサービスを使っていたんですが(ブログパーツみたいにコンテンツに埋め込む)、
この安直な方式がですね、
全部の表示が消えて大騒ぎになりまして(笑
「サービス提供しているサイト(Callbee Feed)が閉鎖されたんだと」
簡単に表示させるって意味では随分と重宝するサービスだったので(HPのトップページでもこの表示使っていたのでえらいことでして)、

◎えー「それほど詳しくないのだけれどもブログのカスタマイズは自前で」そんな貴方にこれをどうやって解決したのか書いておきますね。
RSSやらweb関係に詳しい技術者の方には”鼻で笑われそう”ですが、素人系でカスタマイズしている方で大問題となっている方もいるかもなので、
「以降は素人の方限定の大人の解決策」としてお読みくださいっ


■一番簡単な解決方法は
・『同様のサービスしている会社に切り替える』
実はこの表示を使い始めた初期の頃には別のサイトのサービスを使っていて、現在もそのサイトは健在なんですが、いかんせんサーバレスポンスに問題があって(ブログのリロードしないと一瞬のタイムラグの後”そこだけ空表示で落っこちる”)確実に使えるって目処は立たなかったと。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(2) | TrackBack(0) | retour番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧乃木邸ショートショートです

2009年07月07日

乃木坂方面に行く度に「ちょっと見てみたいんだけれど」と思いつつ何故かその時には見学時間やら時間の都合やらでなかなか見ることができなかった『旧乃木邸』なんですが、
ちょうど某内見の後に空き時間があったので早速拝見してきました。


旧乃木邸は乃木神社に並んでいますから乃木神社の絵を撮りましょうかと入口覗いてみますと、
ちょうど”御めでたい式典”直後ということで、

迷惑になってもいけませんから、入口で一礼して目当ての旧乃木邸へ向かいます。
(最初の画像ごらんいただけるとおもわかりかと思いますが「お隣は乃木会館」なんですよね)


まー見事な木造建築なのです。

(ぐるりと回っている渡り廊下のような構造物は後付けの見学用の桟橋のような足場となってます)
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部屋探しと占い

2009年07月03日

これがかなり似ている。
うちの会社の場合その傾向は鮮明で、
理由は空室の紹介において「希望地域の全空室を調査する」という手法が
(一般的な”所謂不動産会社”ではなく限りなく調査会社に近い)
=「現実世界の選択肢」となるので、
結果としてここから先進む方向性を”無意識に選択している”構造になるから

この局面は「希望条件提示」から始まっているのですが、
そこには生活の場として地域を選んでいるだけで無く”社会構造における位置取り”であったり、自分自身のスペック評価(に見合う部屋を”無意識に”希望する)だっり、内見においては現実の自画像を選択していたりします。
案外コテコテでわかりやすいのは「公務員を選択して官舎住まいだ」みたいな話、
生活やセルフイメージそのものが”公(おおやけ)”の中で決定しているのであって、確かに新卒で「民間か公務員か」みたいな選択って「理系か文系か」級の人生選択でもありますからね。

ある意味自由に賃貸住居を探していること即ち「民間系で自由度の高さを選択している」とも言えるので(それは本音公務員志向だった人もいるかもですが)、引越しなんかの局面といえば”プチ転職”ぐらいの『方向転換の可能性』を内包しているのは確かです。
続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする