ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

軽量DIYネタをあれこれ

2010年01月06日

何が驚いたって”ダンボール家具”ってものです。
改装であるとか引越しであるとか、そんな時に家具の重量が意外な事にボトルネックになること珍しくありません。
前からダンボールでアート系の家具が外国にあるのは知っていたんですが(日本国内で流通経路は無いようです)、あれこれ調べてみると通常のダンボールとは違う『強化ダンボール(海外への梱包であるとか木製ケースの代用にもなる強度の高いダンボール)』を使用した本格的なものがあります。
(※みなさんもよくご存知の無印のダンボール収納とは別物ですよ)

組み立てキットだったりしますからDIYにはなりませんが、大規模なものともなれば模型製作級の面白さがありそうです。

いくつかURL紹介してみますと、
有力なところでこことか
http://store.shopping.yahoo.co.jp/fujidanball/5cef32c3ca.html
 段ボール本棚5列5段は大規模な壁面収納ともなり貴重

ここも有力ですね
http://www.rakuten.co.jp/office-shunin/148636/

コストパフォーマンスならここ
http://www.fugetsu-shop.com/category_5.html
 組立て式サイドボード3段4列は広い1R等の間仕切り家具として使用可能

本格派となるとこちら
http://www.dandindon.com/goods/form.html
 ここまでくるとまさにアート系

中にはダンボールの専業メーカーによる意欲作もあり
受注のようで価格などは公開されていないんですが、この「モスト技研」さん凄いです。
http://www.mostgiken.co.jp/development/development.html


組木細工のような高度な設計が必要ですからコスト的には一般的なカラーボックスなどには負けると思いますが中にはダンボール家具だからこそできる世界もあるのであって(特に大規模なものをリアルウッドでとなると工務店にお願いして作り付けの世界になりますし)、自分の部屋を造る系の作業としてかなり革新的じゃないでしょうか。

又ダンボールは紙とは限らないのであって、
本格的なDIY素材として有力なものにプラスチックダンボールがあります。続きを読む
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする