ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour
VCroomOrder
希望地域「空室全室調査」専任依頼フォーム(規定はこちら)/予約制
他社”同時”併用はNGです

■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
調査スケジュール等の連絡が取れない場合、ご依頼は自動的にキャンセルとなります。

retour_nb.jpg

kagewari
kagewari01
『有料メール相談』
『公開掲示板』
精神分析による一時的な混乱(揺れや反動)がありえます、同意の上閲覧してください。
LINK
岩上安身オフィシャルサイト
永田町異聞
魚の目|魚住昭責任編集
心身コンサルテーションHOW's
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(51)

NPO『HOW's』(現在活動停止)心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者) 『retour東京』業務展開部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
SONUS FABER TOY
B003VQJCM2

SONUS FABER MONITOR WD WST
B003U5QWRC

LUXMAN ラックスマン CD専用プレーヤー D-38U
B002SSOXV4

LUXMAN SQ-38u VACUUM TUBE INTEGRATED
B001I3SMSU

KEF LS50(50th Anniversary Model・ペア)
B008NZETS8

FOSTEX 10cmコーン型・バスレフ専用設計のフルレンジユニット(1本) FF105WK
B00F2ZHCSQ

TEAC コアキシャル2ウェイスピーカーシステム チェリー S-300NEO-CH
B005YVQ1X0

marantz CD6004-N
B005MM4HPU

YAMAHA A-S300(S)
B004BF7OJK

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T2
B005SCYZGA

みさおとふくまる
伊原 美代子
4898153194

人イヌにあう
コンラート・ローレンツ
4795302081

集合住宅でペットと暮らしたい
井本 史夫
4087812294

Cats In The Sun
Hans Silvester
0811847667

ゴー!ゴー!フィンランド
pieni kauppa
4860201531
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)
RDF Site Summary
RSS 2.0

「随分と入り組んだ間取り」

2013年11月29日

『L字玄関』と申しましょうか、横玄関を上回る居室プライバシーレベルを実現するかなりユニークな間取りです。
kanetag0m.jpg

物件自体は何か特別の反対でありまして、昭和の往年有名シリーズの一部屋なのであります。
都心東部立地で「30uシングル9万円系」に属しており、間取り一目でわかると思いますが昔は「6帖+3帖+K」だったのかなと思われる間取りをベースに洋間へ改装されているという事でしょう。
流石にL字廊下から居室入口には引き戸がある方がいいのではないかと思ったりもしますが、1Rストゥディオの設計合理性を考えますと思い切った改装と言っていいのではないでしょうか。

アイデア豊富な方ならこの長い廊下を生かしてエントランス足元に洒落た照明などを配置すれば玄関部分もDEN(納戸的な空間)のように持って行けます。
浴室はレストルーム同室タイプで、昭和マンションに時々ある「段差があって床タイル張り状」のスタイルとなっており、広さ的には余裕のB・T別と言ってもいい空間。←しかしこの真ん中にドアのあるタイプは使い勝手的に微妙じゃないかと前から思っておりまして、
なんとかトイレ側にドアを移動して浴室間にドアを設置でB・T別にできないのだろうかなどと思ってしまいますが往年の建築ですと「構造強度に一役買っている壁は半端無く強くて簡単に抜けない」だったりしますから工事的には可能でも難しいところあるんでしょうね。

それはともかく玄関がL字で室内動線はT字といった方向は、確かにバルコニー方向が方位になるのはなるんですけども、実質絵的に言えば窓の並ぶキッチンのある側が正面方位とも言えるので「横幅ワイド間取り」と解釈する事もできます。
間取りは縦長より断然横幅の広い方が開放感高いですから資料的には27uですが30uランクと位置づけできると思います。

■ちなみにお部屋の縦横比の話となりますと、前述のように原則的には”横広”のが好ましいんですが随分多数の部屋を内見してきた経験からしますと「具体的に表現するのは難しいんですが”正方形に近いスクエアな居室”」が空間認知的にもっとも開放感あるような気がします(和室で4畳半をそのまま拡大したような感じ)。
残念なから設計上「6帖以上のスクエアな居室」が設計される事は稀なので滅多にある縦横比では無いのですが、以前『分譲キラー』系マンションで22だったか23u前後の部屋なのに30uランクの部屋に入った時のような空間認知を叩きだすのに成功している実例を見た事があります。
どうやら前述の「具体的に表現するのが難しい」というポイントは”天井高を高く見せる工夫”が必要なようで、『平面上のスクエアでは無く縦横高さの三次元の比率が立方体的な?』方向に成功しないと実床面積より広い感じにならないのかも知れません。

→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | こんな部屋があった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンション「日本特有に中流論」

2013年11月21日

私は欧米の建築にそれほど詳しい訳では無いのでその点は一部アレですが、ご存じのとおり本来「マンション」の単語は高級建築のみを指すもので、日本で所謂ひとつの「マンション」として流通している言語の住宅は欧米的にはアパートメントであり木造も非木造も区別ありません。
(日本でも過去『団地』と呼ばれたものも現在の分類では「マンション」です。)
日本が上記表示となっているのは公取の表示上ガイドラインから来ているもので、「非木造のもの(軽量鉄骨を除く)がマンション」「木造のもの(軽量鉄骨を含む)がアパート」というカテゴリであるところに由来してます。
詳しく付け加えておくと、上記の非木造というのは「ビルや棟として」を占めているので内部造作壁的に分割されて別号室化していても(正確には一部木造みたいな)「表示上はマンションみたいな」グレーな分類になります。
(表示上はマンションでRC造とまで謳っていても木造アパートより遮音性が低いという某なんとか大手の某マンションシリーズみたいな、、話も出ちゃうのです。)

また細かい事言えば、棟がRC造でも壁などの造作がGL工法なんかですと(接着剤でコンパネ張りする工法)、壁が太鼓鳴りするですとか、床もデッキフロア造作の場合特にマンションは通気性が無いので劣化しやすく床が鳴く部屋も時折見かけます。
新築や築浅マンションに時折見かけるALC(発砲コンクリート)に遮音性能ある的話を聞いた事ありませんし(これは建材の問題なのか施工の問題なのか私にはわかりません)、
『マンション設計のキモは配管最短距離の水回り』という原則から「随分自由な配管ですね」な設計の中には「床下デッキフロア工法の代りに下階の天井裏に下水配管している」ものまでありまして。【物件概要】から推し量れる遮音性能は限界があるのは”事実”です。
■以前retour&Retourブログで紹介した「ナチュボーンの音楽マンション」という「やたらと遮音性に強い部屋」も構造的には鉄骨造ワンフロア占有型の小規模事業系ビル建築で、RC造ではありません。
(管理会社担当者も「何故こんなに遮音性強いのか不明」というツワモノでした。)

昔々木造アパートが主力時代に学生アパートなどに見られた「建築キット工法的な軽量鉄骨(プレハブ建築)アパート」が遮音性に弱い事が広く知られていますが、昨今は軽量鉄骨でも高級注文住宅のような種類もありここも一概に類型化はできません。
最近そういう物件表示ほとんどありませんが「重量鉄骨木造アパート」なんてのも昔ありました(木造でもいかにも強そうですよね)。

RC建築の中でも遮音性が相当強いと知られている(管理会社曰くかなりの音量で音楽問題無しとの弁)某マンションでも床仕上げは通常15oのコンパネで、管理元社長さんにその棟の中でも更に遮音に強い部屋を紹介してもらった時も「この部屋は床24oだから特に強い」という話を聞いた事あるんですが、昔オーディオファンの人間から言わせてもらいますとスピーカー工作で15o合板(コンパネ)といえば強度的に最低限でありまして(補強桟付けるのがマスト)、「24o〜かなり立派な水準、できればバッフルだけでも15o二枚重ね30oで」という感覚でしたから床が鳴る・鳴く・ダンピング不足など起こって当然なんです。
(ペット専用防音建材シートも相当厚みのある部材ですが勿論通常の建築には使用されません)
『遮音』に絞って話を勧めますと、密閉性や強度も確かに重要ではあるんですけどある程度の低周波以下になると強度云々だけで無くガッチリ質量がある部材じゃないと遮音は不可能です。
オーディオの世界ではダンピングに金属砂などを利用するレベル(音楽スタジオなどの扉は重量級の防火扉みたいな仕様ですよね)。
欧米の建築の実際の遮音性能は詳しく知りませんが、欧米は梅雨が無いため外断熱候補が可能で外壁もリアルに煉瓦や分厚いタイルですとか(これがまた地震も少ない上に築100年とかも普通なんで)、本当に古いものなら組積式石造り的なものまであるでしょう。現代的な効率的軽量建築との違いもおおよそ想像つきます。
(耐震性は日本の非木造が何倍も強いと思いますけど。)

GL工法や最近作の建築の施工上の問題として問題になっているのがPSや配線用の空洞など「なんやかんやと施工上の壁厚と関係無い部分からの音漏れ」です(そこだけ電気コンセントのプレート一枚みたいな)。音と言うのは高周波になるほど方向性があるので筒抜けでも経路が迂回していれば減衰しますが低音域は(背面バスレフなどでご存じのとおり)経路が何回折り返しなっていても減衰しませんし、映画の重低音ともなれば(車のエキゾースト配管でガラスがビりつくとか家鳴り騒動起きるみたいに)そのエネルギーは半端なくてですねコンクリ10cm厚ぐらい余裕で貫通するパワーあったりします。

(ちなみにRCのかぶり厚(鉄筋までのコンクリの厚さ)は外壁で4cm〜5cm表裏で×2ってところで、屋内造作的な間仕切り壁で一般に2cm〜3cmで×2とされてますから工法上別室○号室との壁がこの3cm×2なのか外壁並に5cm×2級なのか大きく違います。←奢った物量投入建築であればかぶり厚が厚くなるワケでして、この辺は築30年選手みたいなRC造のが期待できたりします。)
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

番外編的「こんな部屋」

2013年11月16日

今回は主題が間取り的意味で「こんな部屋」という趣旨ではありません。
どちらか言いますと「シンプルに腰高窓でいいのに」的な話になります。
事の発端はかくいう私の物件画像の勘違いに始まります。
某地域で鉄骨造のワンフロア占有型で且つ弾丸型というか変則間取りの部屋があったんですね。
よきある狭小建築の斜めっているビルみたいな感じものです。
その突端の両サイドが窓開口となっていて随分と見晴らしのいい造りだなと思って建物外観見てみると、鉄柵型のバルコニーが片方の側面にあるだけでもう片方はバルコニーレスだったんです。
なのにどちらの窓も床下までの『掃き出し窓』であると、
「これ落ちるだろー」
と思い、国交省REINS(DATAベース)添付画像を確認しても一見普通の掃き出し窓に見えるんですよ、いくらなんでもと拡大してみたところ「窓の下半分が磨りガラスになっており、上半分だけが開閉するタイプらしい」って落ちだったのです(笑
デザイナーズなどでは割と見られる手法ですが、下半分はガラスブロックになっていたり開閉する上半分が跳ね上げ式になっているとか、するじゃないですか。
パッと見た目普通の引き戸と同じデザインなものでしたから、すわ落ちるのかと驚いてしまいました。
■思うんですが、ご存じの通り窓の開口が広すぎるのも『断熱性能』にとって最大の弱点になりますし、窓の結露が原因で床が傷む事も珍しくないのです。
2×4木造高級アパートの角部屋によくある『出窓』も結露しやすかったりでデザイン優先もわかるんですが「いさぎよく普通の腰高窓にしておけば楽なのに」と思うんですよね。
家財置くときの『有効壁』的にも腰高窓のが便利です。
(ベンチチェスト風の収納を付けて腰壁風デザインの高級感狙う事もできます。)
最近はなんでもかんでも壁紙で腰壁系のデザインが少ないという事もあるのかなと思いますが、上下幅の狭い腰高窓がスラ〜っと横幅広くですとか、縦長のデザイン重視の時にはスリット状のルーバー型サッシにしてみる方がカーテンいらずで部屋が明るかったりします(防犯性も高い)。

ベランダ・バルコニー南向き信仰ある割には窓のデザインって中途半端じゃなかろうかと。
(建材の単価も関係しているのだとは思いますが、)
最近のように高層建築増えてきますと、実際内見であった話なんですが「秀和タイプの鉄柵だけバルコニーの部屋で14階のベランダ」お客さん怖くて窓の外とか出られないとかありましたからね(笑
室内画像の絵的には窓の開口大きい方が簡単に見栄えがするって部分ありますけど、案外無理のあるデザインの窓も多いような気がしますよね。
極々一般的な外壁型バルコニーの場合などは、バルコニーの奥行浅いと「窓の外の景色は半分自分のコンクリート外壁の内側見ているようなもの」になりますが実際の暮らしではカーテンのおかげで気にならないだけだったりします。
デザイン的には「掃き出し窓」=戸建てにおけるリビングのイメージとなるので、同じ意図であるフローロング仕上げの部屋の場合だと収まりがいいのも確かです。
ですが、1Rの居室の用途は実際のところ寝室メインでありまして(ホテルのデザインではむしろそうなってますよね)、マンション特有の足元が冷える原因になっているんですよ。
(それになんだかんだと大きなソファーでもない限り日本人はやはり床に直で座るじゃないですか、)それに比較して、古築木造アパート居室が独特の落ち着いた雰囲気となるのは「腰高窓が多いから」とも言えるのでありまして、
以前このブログだったと思いますが「掃き出し窓の部屋を腰高窓風に家財で工夫する」なんてレポート書いた事あるぐらいですから。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『共同玄関の二世帯的戸建テイストな部屋』

2013年11月09日

実際内見した部屋では無いのですが、某調査時の話です。最近では珍しいタイプとなる「間借り風賃貸アパート」がありました。
ちなみに「戸建1階部分」であるとか「準戸建2階部分」というような募集は珍しく無く、普通の戸建賃貸より”一戸建てテイスト”が上位だったりするためお勧めなんですが(思うにここは戸建ての王道が平屋であるためでしょう)、間借り的なワンフロア占有というのは私も過去に記憶が無く、かなり珍しいタイプの部屋になります。

間取りはこちら、
dd9900_m.jpg
見たままと言えばそれまでなんですが、30u越えで約8万某都心区の相当古築と思われる戸建て一階なのであります。(勝手口風に見える分はメーターボックスです。)
シェアハウスのようにも見えますが、玄関ホール部分が別途施錠できるようになっているとのことで、個室性は担保されており「共同玄関型アパート」として募集されていました。
流石にこのパターンとなりますと、深夜に帰宅や深夜のコンビニ買い出し多目な方は何かと気を使わざるを得ないかもですから誰にでもお勧めとは言えないのかもしれませんが、帰宅時間早い仕事の方で自宅でゆったり過ごすライフスタイルな方には好適でしょう。

木造建築自由度のなせる技で独立洗面にバス・トイレ別、居室外の廊下は縁側的とまでいきませんがそれらしい造作となっており(居室と廊下の間は障子)、若干隙間風も多そうですが夏には風通しのいい暮らしが期待できます。(素面では場所確認できませんが資料的には洗濯機置場も室内となってました。)
古築の8帖と言えば1.54u江戸間×8=12.32 団地サイズ1.29uで割ると9.6帖ですから「築浅マンションなんかで言えば約10帖でもいけるか」という広さです。
滅多に無いタイプの賃貸住宅になりますが、やはり木造は面白いですね。
(ちなみに居室は畳の方がベターな気がするんですが現代風にフローリングとなっておりました。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | こんな部屋があった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする