ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour
VCroomOrder
希望地域「空室全室調査」専任依頼フォーム(規定はこちら)/予約制
他社”同時”併用はNGです

■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
調査スケジュール等の連絡が取れない場合、ご依頼は自動的にキャンセルとなります。

retour_nb.jpg

kagewari
kagewari01
『有料メール相談』
『公開掲示板』
精神分析による一時的な混乱(揺れや反動)がありえます、同意の上閲覧してください。
LINK
岩上安身オフィシャルサイト
永田町異聞
魚の目|魚住昭責任編集
心身コンサルテーションHOW's
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(51)

NPO『HOW's』(現在活動停止)心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者) 『retour東京』業務展開部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
SONUS FABER TOY
B003VQJCM2

SONUS FABER MONITOR WD WST
B003U5QWRC

LUXMAN ラックスマン CD専用プレーヤー D-38U
B002SSOXV4

LUXMAN SQ-38u VACUUM TUBE INTEGRATED
B001I3SMSU

KEF LS50(50th Anniversary Model・ペア)
B008NZETS8

FOSTEX 10cmコーン型・バスレフ専用設計のフルレンジユニット(1本) FF105WK
B00F2ZHCSQ

TEAC コアキシャル2ウェイスピーカーシステム チェリー S-300NEO-CH
B005YVQ1X0

marantz CD6004-N
B005MM4HPU

YAMAHA A-S300(S)
B004BF7OJK

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer” HMZ-T2
B005SCYZGA

みさおとふくまる
伊原 美代子
4898153194

人イヌにあう
コンラート・ローレンツ
4795302081

集合住宅でペットと暮らしたい
井本 史夫
4087812294

Cats In The Sun
Hans Silvester
0811847667

ゴー!ゴー!フィンランド
pieni kauppa
4860201531
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)
RDF Site Summary
RSS 2.0

喫煙問題ネタ 「あえてJTのPloom」

2016年02月25日

(※2/27訂正追記編集)

今回もスモーカー一択の話となっております。
同居人の喫煙にお悩みの方を例外に、ノースモーキングの方はスルーでお願いします。
(更に表現微妙な話も多数となりますがご容赦ください。)

賃貸における喫煙による部屋の汚れはスモーカーの間では結構大きな問題として語られてきました。昨今の嫌厭社会の風圧を苦々しい思いで過ごしている方も少なく無いでしょう。
電子タバコという選択肢が登場してから、(日本では法律上ニコチン入りのリキッドが購入できないため)「禁煙グッズ的なバリエーション」は拡大してきましたが、積極的に喫煙を継続しつつネガティブとされる問題を解決する切り札として、ご存知フィリップモリスの『iQOS』が登場しました。
東京におけるコンビニ品揃え動向みますと、「iQOSの時代くるか」な感じしますね〜

しかし、しかしですね。
iQOS最大の弱点はヒートスティックと呼ばれるタバコの銘柄を自由に選べないところです。無添加タバコでスローバーニングのアメスピ愛用者にとってはコスト的にも燃焼時間的にも微妙なところがあります(特にヘビースモーカーな方はコストが大変な事になるかも)。
なんとかならないものかと調べてみると、
外国の電子タバコメーカーを買収などしていたJTが、通販のみで実験販売をしていた『Ploom』が(リキッドでは無くポッドと呼ばれるタバコ葉に香料などをブレンドしたカートリッジを利用)、
新作登場により旧Ploom販売終了の記事をみつけました。

最初は「あーこれはJTの負け負けの流れなのか」などと思いつつ、『Ploom』のネット情報を調べると「出るわ出るわアノの話」(笑

■機構的にはiQOSもPloomも”ヴェポライザー”と呼ばれるドライハーブなどから水蒸気を出す旧来から存在する方式のようで(iQOSはそれを通常のタバコと同じ形状のスティックで実現したところが凄いんですが)、実際通販サイトで「ヴェポライザー」で検索すると『Ploom』と類似する海外商品が出てきます。『Ploom』自体JTが買収した海外メーカーの商品のようですから当たり前の話。
馴染みの無い商品ですが、JT『Ploom』の価格設定は凄く安いのだそうです。

iQOSは専用スティックしか利用できませんが、JTのPloomはホニャララ(メーカー指定外の方法であるため記載できません)なんだそうで(ググってお調べ下さい)、販売終了前にゲットしました。
(ここだけの話ですが「噂どおりだ」とだけレビューしておきましょう。)

話は賃貸住居の話に戻りまして「喫煙の汚れとニオイ」を考えると、
圧倒的にその原因は「燃やしているから」らしいのです。
壁紙の着色なども清掃関係者によると「基本的にはキッチングリル周りからの煙汚れと同様」なもので、燃やして煙出しているから汚れるのだとの事。
iQOSのフィリップモリスによると、ヴェポライザー的な加熱方式水蒸気の場合「ほとんど汚れやニオイはつかない」のだそうで(Ploomも全じ性能か断定はできませんが)、少なくとも汚れやニオイに関して火をつけるタバコとは比較にならないほど”少ない”のは事実のようです。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

照明の使い方で部屋の広さ感が変化する

2016年02月21日

思いっきり蛍光灯光量でバリバリ部屋が明るい人は今回の実験効果無いので悪しからず。

ハイCPなLED照明を利用して部屋の広さ感を変えてみようという実験です。
E17口金のランプはみなさん自力でゲットしていただくとして(AC直結式など各種安価なのありますから探してみてください)、LEDの中でも消費電力の小さい照明で効果のほどを確認してみました。
使用したLEDは以下です。
■現在価格:461円 通常配送無料
LED電球 ナツメ球 0.8W 電球色 (全光束 35lm) E17口金 LDT1L-H-E17 11


「これが使える」(てか意外と明るい)

何をどのようにすると広さ感が変化するのかと申しますと、
昨今は室内の照明も所謂間接照明的な電球色のLEDでオレンジっぽい照明ご利用の方も少なく無いと思います。このタイプの照明は室内の暗いところ明るいところにコントラストが出やすく、照明を追加する効果が高くなるのです。
そこで、
室内を横幅広くですとか、縦長にですとか、広さ感を伸張したい方向の端に前述の照明を配置すると「あら不思議」なんとなくそっち方面に空間が広がった”錯覚”が発生します。
これがなかなか効果的でありまして、
(似た事例で、1Rなどのコンパクト系のお部屋で玄関ライトを付けっ放しにする方が何気に広さ感が拡大するってのもありますね。)
そういうところの照明こそ付けっ放しでもエコノミーなLED照明で実験したいところです。

前述紹介のLEDは消費電力0.8Wですから、
もうほとんど0円近い感覚で使えます(実際0円ってことはないけれど、、)。
●重要なポイントは通常の一般的照明の口金はE26ですが、この口金のLEDだとなかなか消費電力0.8Wってのが存在しないのです。
(E17口金のランプがどうしても発見できない方は”クリップライト”で検索してみれば発見できると思いますよ。)
流石にメイン照明に使える明るさではありませんが、廉価な商品ですから「実験感覚のノリで試してみる」価値はあると思いますよ。

(ベッドサイドのライト付けっ放しで寝る習慣の方にもお勧めかもです。)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春のシーズン ビギナー向け企画「ひとり暮らしの生活費」

2016年02月17日

●まず、恒例で説明してきた「3点ユニットの使い方」今年はリンクの紹介でOKでしょう。
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/414382382.html
(ご友人・知人に初心者の方がいる場合は是非教えてあげてください。)

さて、今回はなかなか面白い統計DATAの報道がありましたのでビギナー向けに「ひとり暮らしの生活費」を考えてみようと思います。
ひとり暮らしの経験無い方には「実現可能な目標値」にもなりますし、なかなか意欲的内容になるものと思います。
さて、報道されたDATAは以下です。
一人暮らし大学生の食費は1ヶ月あたり平均27000円。外食派と自炊派ではっきり差が!
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/31884

<一部引用>
大学生の一人暮らしで気をつけたいのが食費。付き合いで外食が続いたり、天候などの影響で食材が高騰したりと、節約したくてもなかなか上手くいかない人も多いはず。食費に結構な額を費やしている人もいると思いますが、皆さんは月にどのぐらい食費を使っていますか? 大学生を対象に調査しました!

■1ヶ月の食費にはどれぐらいの額を使っていますか?
第1位 20000円 83人(20.7%)
第2位 10000円 56人(14.0%)
第3位 30000円 54人(13.5%)
第4位  5000円 39人( 9.7%)
第5位 15000円 34人( 8.5%)
平均額: 27,071円

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2015年1月22日~2016年1月28日
調査人数:学生男女401人(男性158人・女性243人)

男性と女性では「食べる量からして違う」ので、上記DATA最安の「5000円」は流石に女性の中でもA級スキルのある方限定的なものと見るべきでしょう(笑
(※一般に自炊ご飯の一膳が約30円〜40円と言われてますから単純計算120円×30でも3600円。男子でご飯一膳って流石に無理あるので、ご飯代だけでも月6000円ぐらいは見ておくべきかと。)
自炊最強ランク目標値を約1万と見積もっても「通常節約約3万」ってところが無難な線でしょう?
外食の無い自炊篭城戦に限り月2万が狙えると考えれば、統計と内容的にも一致します。
仕事やバイトなど”どうしても外食が増える事情”がある場合に月4万前後が目標値。

※ちなみにこの報道ネタの「仕事もしていて自炊とか無いから層の2ch住民(結構いい歳の人が多い)の反応」からログの平均的な線を出すと「6万ぐらいじゃね」って感じでした。←基準値3万プラス交際費3万って雰囲気でしょうかね。

■賃料DATA的には
東京の参考値として「お風呂付の1Rで最安は5万ジャストぐらい・風呂無しだと4万以下も狙える」となります(コンパクトな部屋なら月の光熱費は1万以下となり)、
生活費全体を計算すると、
仕送りだけの学生さんなら「8万〜9万」あれば、後は節約スキル次第(国民年金保険を勘案すると合計で10万前後でしょうか)。
確か最低保証年金の論議があった時の参考金額が7万でしたが(持ち家率や郊外生活も可能な年金の場合だと家賃は割り引いて考えられていると思いますから)概ねこの数値で合っていると思います。
※私が以前某ブログで試算した日本のベーシックインカム実験想定も世帯辺り年100万前後ですが、これもなかなかいい線であったと思います(福祉による家賃補助等は例外)。

●フルタイム新人勤労者(勤務先社会保障有)想定となると「衣類や家財もろもろ含めて水準広さを前提としたお風呂付は6万〜7万」となり、外食経費を+2万と勘案すると「手取りで11万〜13万」あれば足りる計算です(喫煙者は月1万以内を目標に)。
 ↑
いずれにしても勤労者の方はその所得で完結しないと生活にならないですから、無理でも概算と一致していないといかんのですけどね(笑
 ↓
前述2ch平均では無いですが、自炊とか無いから層(外食とコンビニ弁当など)だと”若い正社員”の平均的手取り給に収まる(貯金とか無いから)って感じでしょう。
(※20代正社員の平均給与は年収300万円ほどなので、ボーナスと社会保障を除く月の手取りは17万から18万といったところでしょうかね。)
実際のところは、自炊派と比べて「フルタイム勤務という事もあってむやみに外食とコンビニが増える」だけの結果なので生活の水準それ自体はほとんと変わらないと思われですね(外食・コンビニ生活だとカロリー過剰摂取になりそうですが、、)。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京圏で人口増の報道

2016年02月12日

この意味ですが、
記事の説明もの線ですが、DATA的にもほぼ間違いなく景気回復の影響かと思います。
東京圏への人口流入、5年ぶり10万人超 14年
「地方創生」策づくり、急務

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H62_V00C15A2EA1000/


<一部引用>
総務省が5日発表した住民基本台帳に基づく2014年の人口移動報告(外国人を除く)によると、東京周辺への人口集中が一段と進んでいる。東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)で転入者が転出者を上回る「転入超過」が前年比1万2884人増の10万9408人に達し、5年ぶりに10万人を超えた。東京都が7万3280人と突出している。
総務省は「景気が回復している首都圏に全国から人口が流入している」と説明する。東京圏の転入超は19年連続。年齢別では「15〜29歳」が10万3325人にのぼる。

(不動産業に好況感の影響が出るほどの状況ではありませんけどね(笑、ちなみに最も転出の多かった都道府県は北海道でした、、。)
DATA的には地域別の求人倍率など併記すればよりわかりやすいのだろうと思いますが、元々から東京だけでなく各県都心部の不動産は供給過剰傾向なので、なんという事の無い差異でしかないので報道で騒ぐほど地方の危機って水準でも無いでしょう。
個人的にはふるさと納税や地域振興券のような「中途半端な納税の不平等・利益供与」みたいな政策こそがばら撒きだと思いますね(地域振興券が効果的政策と思うなら消費増税すんなと)。

国土利用的に考えると過疎地や人口の少ない地域は「インフラ整備と維持コスト」が半端無いところが問題なんです。
偶然retourの賃貸住宅レポートで似た環境が紹介されましたけれど、都市計画の失敗などで「唐突にそこだけ拡幅整備道」みたいな空間あると、そりゃ儲けた地域だけ周囲に比べてちょっといい感じになるんです。
ぶっちゃけあからさまな不平等なんですが(結果として意図不明に拡幅工事された道路整備の予算を区画の各住戸敷地面積比率で割ったらいくらの金額になるのかって話です)、地方都市や地方郊外のインフラ開発は都市部と比べて「同じ水準にしちゃったら半端無い利益供与」になってしまうのですが、「かといって適性な水準ってどの程度なのか」考えても容易に答えは見つからないでしょう。人口が少ないからってインフラをけちって災害などに脆弱になってしまっては別の意味で問題です。

しかし、無計画に豪華な道路整備を続ければ(整備された地域が過疎していればしているほど)その地域の所有権の”隠れインフラ占有含み益”は倍増しますから「人口の拡散」を加速させてしまいます(たぶんこの代表例が再三見計画な高速道路整備計画なのかなと)、宅地開発の未計画な拡散は各種インフラ整備の後追いを地方自治体に強いる事になります。
大変悩ましい問題なんです。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少子高齢化時代の不動産所有権

2016年02月05日

東京など都心部の暮らしで老後の住宅購入を考えるなら(高齢者は賃貸住宅の審査が難しい場合もありますから)、生涯独身でも結婚世帯の方も「最後はシングル」なので「1Rマンションをひとつ購入しておけば十分」と考えます。その理由は合理性だけではありません。

●「独身生活者が買ってはいけないもの」みたいな論議があると筆頭に上がるのが『不動産』です。
不動産の本旨が”相続するべき資産”だからに他なりません。
「少子高齢化時代=大なり小なり独身生活と大きな違いが無い」となりますので、ぶっちゃけ結婚されてご子息のいらっしゃるファミリー世帯の方にも「ファミリータイプのマンション購入はいかがなものか」って論議はあります。不動産は短期間に換金できませんから逆さに言えば長期保有・更に次世代へ相続まで考えないと必ず損する事になってます。
ましてや自分の老後を高齢者専用施設への入居など考ええていたら都心の2LDKを購入する意図がどんどんよれていってしまいます。
(ちょっと表現がアレですね「不動産は相続含めて長期保有する事で利得が最大化される」という趣旨です。←短期現金化の予定を織り込むだけで資産として不動産は合理的な対象とは言えない。)

翻って、地方や郊外遠方の場合は不動産の不動産たる土地の資産価値が低いので、損も得も難しく考えなくてもいい水準となります。「土地資産の評価が下がる=担保価値的に高額な上ものが建築できない=資産価値の高いマンションは建築できない」となりますから、選択肢そのものが土地付き戸建メインになっちゃうからです(賃貸物件の供給も地方の場合不安定)。
東京などの都心生活の不動産を同じ感覚で考えちゃうと当然のごとく無理出てきます。

そこで、そもそも地方他府県の土地付き戸建住宅って幾らぐらいなのかと言いますと、
(勿論地域によりますが)老後と言う点から主要駅や県庁所在地などの条件全て無しで考えれば「東京都心の1Rマンションの価格と同じかより安い」ぐらいなんですよ。
金額的には1000万以下で築浅中古住宅がごろごろあるワケで、
考えちゃいますよね。
現代社会はIT化やamazonなどの通信販売の普及で都市部で暮らす意味が年々後退しています。老後という事になれば通勤利便性なども全く関係無いのですし、ホーム発電的なスマートグリッドが普及すれば生活インフラ的にも地方郊外での生活で困る事って更に減って行くでしょう。
東京オリンピック以降になれば、自動運転も実用化されそうです。
(※細かいポイントですが現代の若い人は仕事帰りに外で飲むなどの比率も低下してますから、繁華街の存在もそれほど重要では無くなっており、生活で立ち寄る店舗の存在より田舎でマイホームを好きなデザインでリフォームするとかの方が高い価値として認識される可能性あります。)

確かに気ままに商店街などを散歩するとか、近所のコンビニにちょっと買出しに行くなんて身近な生活も「案外個人のメンタルに大きな比重を占めている可能性」ありますので、必ずしも地方郊外の戸建生活がいきなり大人気になるとは思えません。「十分選択肢のひとつになるだろう」という意味です。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする