ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

KEF Q350

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

Oculus Go - 64 GB

みさおとふくまる

人イヌにあう

Cats In The Sun

ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

令和となって流れは大きく変わるかもしれません

2019年05月11日

天皇陛下のお言葉聞いた方、思ったことあるのではないかと、
うっかり失礼にあたる表現使うと右寄りの方から非難囂々と思うので、慎重に言葉を選んでとも思いましたが、どうにもそういうのは得意では無いので失礼にあたる表現があったらお許しください。

何を思ったかといえば(印象ですが)
「力強い」或は決意のようなものを感じた方多数ではないかと、
心理学的にも”お上”の印象が(憲法にも明記される法的権威ですから”現代における法による支配下においても”だからこそ)広範に何らかの影響を与えるだろうと思う訳です。

社会的心理とその影響といえば経済が代表選手ですが、
日本を象徴される方の力強さってものは有形無形な結果ととして(海外などが想像するより)大きな心理的影響を与えるだろうと思います。
私は(あくまで個人的意見ですが)消費税10%への増税も言うほどの影響は無いと思っておりまして(インフレターゲットの目標からして2%なんですし)、なんだかんだと強大な権力を持つ財務省とどこかで折り合いつけないといけない政治判断もありますよそりゃ。

そこに天皇陛下の印象です、
経済に限らず日本の今後の流れってものが大きく変わるような気がします。
■特に50代から60代という同世代には「ここから働きどころ」みたいな勢いもつくでしょうし
憲法改正も控える状況の中、某国の不敬な失言に対する日本の対応がこれまでと違った形になることが予想される中、その政治判断にも支持が得られるでしょう。

今度は左方向から批判がきそうですが、
考えてくださいよ、
私も戦後生まれです、この間日本は平和国家でありそれは事実でひとつの歴史です。
むしろその歴史を持つ日本が国際社会においてその影響力を強める事で(意味のわからない某国はともかく)、それを歓迎することはあっても憂慮する国など無いでしょう。


抽象的表現になってしまいますが、
この流れの変化は(そんな意味で)日本に限らず影響するのではないか、
AIだけでなく経済政策や行政、高齢化社会など10年後の変化が予測のつかない時代に突入しています。そんな時代の印象が”力強い”って、
それこそ「心強い」話です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする