ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

国連の再編乃至形骸化や、G7で脱退の可能性

2020年04月15日

権威失墜しているのはWHOに限りません、
以前から米国は国連はなんなんだ状態にあり、豪州のサイレントインベージョンじゃないですが、中国などに乗っ取られる状況が目につくようになり信用落としてます。
米国が拠出金などの問題でアレするのはいつもの日常ですが、今回の場合それに留まらない可能性がある。←トランプ大統領も別機関創設などのブラフもかけてます、
(その動きが一気に進むのかそこまではわかりませんが)

■ほぼ今回のコロナ感染症情報戦が「第三次世界大戦級の出来事」であることから、
戦後、このケジメをどうつけるのか(賠償含めて)論議になります。
その時には国連も戦犯扱いになることから、国連解体とまでいかなくてもG7が別の国際機関を独自に立ち上げるなどの可能性は否定できない。
解体では無く瓦解ですね、
(新組織の立ち上げてG7の国連脱退や、拠出金引き上げによる形骸化など)
(既にイラン核合意の破棄からの米国の動きは国連無視で進行中)

鍵となるのは中国であり、台湾ですよ。
真っ先に台湾は新組織に加盟し、この組織の趣旨から言えば国家として認められる事になるでしょう。
(この動きの背景を考えれば尚更→中国が加盟したければ既に加盟が認められた台湾独立国として認めるか否かが踏み絵となる。)
ある意味その国際機関は”対中国国際機関”の形になります、

※一部に中国のプロパガンダや浸透工作が凄い、誰もかなわないみたいに考えている方いるかもですが、実態としては「中国はそういうのが大好き」というのが本当のところで(リアリズム演出的にはダメダメだったり)必ずしも成功しているとは言えず、今回のWHOの件も自爆でしょう。
言うならば「プロパガンダや浸透工作が大好き過ぎて”度を越した”(嘘が次々とバレた)」

■しかし核保有国である中国を「どう位置づけるのか」
各国意見をまとめることは容易にできないでしょう。
憶測ですが、現在多数のシンクタンクがこの辺の研究始めているのではなかろうかと思うんですよ。
(中国に対してイラン・北朝鮮モデルの核放棄を迫るみたいな←或いはデタント→確か中国の核弾頭は数的に米ロに比べれば少なく、タイマンでのデタントという事になれば限定的保有数に追い込めると欧米は考えるかも知れない。←この話は勝ち馬に乗るでロシアも新組織に加盟し米国サイドについている想定です。)
※勿論中国が民主化し、人民解放軍を通常の国軍に改編するなら核保有の交渉に応じる
(話のキモは、この中国の民主化が建前上「中国市民の利益であること」です←にわかにこれを否定できるロジックが無い)


●その動きが一気に進むのかそこまではわかりませんが
(少なくとも国際協調路線を嫌うトランプ大統領時代には進まないと思いますが、どうでしょう。ペンス大統領時代だったら?)
ひとつの”あり得る方向性”としてG7などの会議で視野に見据えられる可能性アリだと思います。
 ↑
何分ここは国際情勢次第なので、
いくつかの条件として、
「イランが世俗化政権交代し、核開発放棄を宣言(トルコ、サウジ、イラン、イスラエルで何らかの協定→中東からロシア撤退)」
「サウジが大幅な民主化路線に転換」
「北朝鮮の崩壊」
などなど、容易に解決できない問題もありますが(少なくとも米国では中東から手を引くことが”決定事項”であり)、世界から各地の代理戦争的紛争がスケールダウンしていく可能性あると思います(グローバリズム《覇権・統一主義》からナショナリズム《多様性と棲み分け》の流れ)。

利害関係がシンプルになれば、問題解決も早くなるでしょう。
さて、どうなることやら(そして中国は今後をどう読んでいるのか、、)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 17:40 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確かに、世界は今回の件で変わると思います

2020年04月11日

非常に面白い着想の動画があったので紹介します
テレ東NEWSのyoutube特集動画です

人類VS感染症〜人類の逆襲は〜


確かに今回のコロナウイルス騒動は世界を変えると思います。
(EUに対する失望しかり、今後始まる世界的な大規模金融・財政政策しかし、自宅SOHO拡大や脆弱性の高い業態の個別問題、文化芸能に対する所得保障的考え方、「それ本当に意味のある外交活動だったろうか」全般、旅行というものの考え方、野党の存在意義、他様々な波及があると思われ。)

だって、このような経済発展した世界なら
「こういうことは頻繁に起きる」って(中国とウイルスに関しては直近でも2回目です)、十分に予測できたことですからね。→世界は「やっぱりそうか」と思ったことでしょう。
●それを予測として織り込んで「だったらどうする」って解を求めるのが人間ってものです

■首相や都知事の記者会見で「自粛を求めた業界への保障は?」
この質問随分聞きますが、
法的にも限界ありますから”はぎれのいい答え”は返ってきていません。
(東京都は飲食店の自粛に対し独自に支援を考えているようですが)
 ↑
ここで何を思うのかって事ですよ、
(その業態には固有の脆弱性があり、現在起きているような事象は今後も起きるんですよ?)
規模縮小時の「早期退職制度」じゃありませんが、
そのまま業態を温存する政策でいいのでしょうか?
(いきなり「通常以上の手厚い特別失業保険」とかまで飛躍した考えではありませんが)
”何らかのシフト”(それによって永続性含めた強靭性を確保するような)
せっかく大規模補正予算を組むのであれば、そういったものを折り込んだものにするべきでしょう。
(「フリーエコノミー拡大のトリガーとなるような」とか、)
 ↓
災害時の話と同じですから
(災害で堤防が決壊した時、同じ高さの堤防を再建しようと思いませんよね?)

それを予測はできませんが、
世界は大きく変貌するだろうと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 17:56 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デマへのレスポンス感度とDupes(デュープス)論

2020年04月08日

心理学ブログの方にちょっと書いた
現代における自称左翼インテリ系メディアの問題
”無意識な善意の工作機関”《そしてDupes(デュープス):騙されやすいマヌケ問題》
ここに触れてみたいと思います。

ちょっと心理学の話になりますが、
「デマに対する鋭敏なレスポンスと、神話やカルト教義に対する鋭敏なレスポンス」には共通項があり、人格構造的には「新興宗教にも騙されやすい人」を同時に意味しています。
(ここが自称左翼メディアの場合”「左翼政治思想」をドグマとする無意識な概念”となる)
 ↑
そのまま経済発展途上プロセスで顕著となる「高度成長『共同幻想』モデル」です
(言い換えると”昭和モデル”ってことですね→主だった担い手は団塊世代)
平時であれば、せいぜいが口うるさいコメンテーターでしかなかった存在ですが、
●痛ましいことに、今回のような感染症においては「その言動によって多数の死者を出してしまう」結果となってしまいました。
社会はその意味やリスクの大きさを初めて知った形になっています


●ある意味「フェイクとしてのトイレットペーパーゲームのプレイヤー」であり、
(これによって株価が連動することが確認され、コロナが株価にも大きな影響を与えることが周知されたところで、市場を巻き込んだ形で世界的なゲームが開始された。)
社会的脅威としてはインフルエンザと大きな違いが無かったこの新型コロナウイルスですが、情報戦としての第三次世界大戦と呼ばれるまでの話に至ってしまった要因のひとつです。
米国においては、本当にWW級の(WWTで約11万人WWUで約40万人)死者を出してしまう可能性についてトランプ大統領が言及にするに至っています。
(流石にそこまでいかないだろうと思いますが、、)


■WHOの権威は失墜し、国連の存在感は限りなく透明で、EUには国境線が復活、
一気に国際秩序が再編成される可能性もあります。
この情報戦の勝者は新たな国際秩序の担い手となる可能性があり、
(G7のうち日本を除く全ての国が大きな損害を出す結果となっています)
 ↓
●当初、米国と「ウイルス発症責任」などで言い争っていた中国ですが(米軍の責任じゃないかという飛ばし記事をTwitterに投稿した報道官は更迭されました←4/7ようやく登場し”義憤にかられた発言だった”と謎の釈明中)、
現在本気で祈るような気持ちだと思います(西側各国で想像超えた死者を出せば戦犯国扱いの厳しい対応を迫られるからです)。
 ↓
米国では既に中国に対する賠償請求の話が出ています、「米国で訴訟起こしてどうするの?」と思われる方いらっしゃるかもですが米国にある中国共産党幹部の隠し資産など(きっと解放軍の資産もあるでしょう)凍結没収できますので、その意味はとてつもなく大きいのです。
(経済評論家の上念氏あたりは、中国が保有する米国債を無効化消滅=事実上の没収とする手もあるだろうと過激な論説してます。中国の外貨準備において保有している米国債は場所的には米国にありますから。)


まさかね、
「”無意識な善意の工作機関(左翼系メディア)”《そしてDupes(デュープス):騙されやすいマヌケ》」がこれだけやらかすとは誰も思っていなかった。
個人的感想ですが、
NY州知事は戦犯級の人物だと思います(弟のCNNのアンカーと共謀と言ってもいいと思う)。
無謀な検査検査の情報弱者的対応に終始し、ひたすら世田谷視線左翼ウケを重視するあまり多数の死者を出す状況になっており、

(※同様に左派であるCA州ニューサム知事は早い段階から厳しく批判してきたトランプ大統領と連携すること表明し《連邦政府の担当はペンス副大統領で当初から「軽症者の検査は必要ないと言及している」》、CA州がNYに比べ大幅に検査件数が少ない件について彼は”あえて”詳しく言及してませんが、結果当初は最も大きな感染地域だったにも関わらず、NYに対し死者の数は約14分の1以下である《人口比死亡率に至っては25分の1》:現在CAの検査件数はNYの3分の1、人口比なら5分の1以下
https://www.worldometers.info/coronavirus/country/us/

CA州ニューサム知事も「今回の騒動が情報戦としての戦争である」ことを十分に理解しているのでしょう
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 12:35 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府が緊急事態宣言をするとしたら(この時でしょう)

2020年04月06日

(※4/6追記、記事上げたらそうそうに発令になりそうですね「よろしんじゃないかと思います」)

かなり周知されてきましたが、
政府の緊急事態宣言をしても現状の自粛要請が(罰則の無い)指示に代わるぐらいです。
ですから、現状のままであれば宣言の必要性がありません。

●ポイントはここかな
 ↓
「無症状と軽症者を入院では無く宿泊施設などに隔離」この方針が、業界との調整で滞った場合
(実際、経営者にその意思があっても株主にそれが説明できる公的指示なりの書面が必要な会社もあるでしょう)

現状東京界隈ではアパホテルグループが協力の意思を示しています、
そのキャパが一杯になり、他からの協力を得るために「政府の指示」が求めらる時(或いはそれが予想される時)、
この時が「緊急事態宣言」発令になると思います。

付け加えるなら、
コロナウイルスに対する知識も共有された結果、主として現在都心部で増加している感染者は「若い無症状・軽症者」となっており=ホテルの需要が大きく増加することが予想されるためです。


<ここからはいつもの”勘ぐり”ですが>

安倍首相のことだから、、
官邸詰めの記者にオフレコで「まことしやかな理由をつけて(財務省が反対しているとかね)当面緊急事態宣言は無い」の情報を意図的に流したのではないかと思うんですよ。すると、なんでもかんでも”アベガー”の左翼メディアが「何故緊急事態宣言しないのか!」の批判を飛ばしますよね(法案進めていた時にはあれほど反対していたのにww)。

そして読み通りそうなってます

待ってましたと「緊急事態宣言」するんだろうなと
(めんどくさい話ですが、今の日本には必要な手順なのかもしれません)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 00:26 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検査、検査と言うと感染爆発が起きる原理に疑問がある人もいるようなので

2020年04月05日

ごくごく簡単な法則なので少し触れておこうと思います。
「50人以上が集まる集会の禁止」
(東京大阪の指定地域の場合は)
「10人以上が集まる集会の禁止」

今回のクラスターで有名になった業態は?「ライブハウス・夜の接客業」

●多数の検査を特定の場所で行う場合
・延べ人数は(今回のウイルスは残存期間が長い数時間、数日という例もある:1日の延べ人数は一度に集会を開くのとほぼ同じリスク)確実に50人以上になる→その場に事実上”確実に感染者が存在する”
・検査行為及び、その案内や待合(NYは早期の段階で検査に距離を置かず並ぶ状態が見受けられた)状況として確実に”濃厚接触”となる。
・仮に(現在欧米が留意しているように)検査の行列の距離を置いた場合、手すりや壁など周辺の”危険ゾーン”空間の延長がやたらと伸びる(場としての汚染エリアがやたら拡大する)。
・集まった仲間達はほぼ全員が風邪の症状があり免疫系が万全とは言えない


●そこに加えて偽陽性の問題です(PCR検査には本物の感染者のうん倍〜100倍級の”実はただの風邪で今回のコロナではない患者”が陽性と判定される”確率”がある)。
隔離状況によっては(本物コロナ患者と同室など)多数が隔離感染で本物のコロナ患者になる
(部屋が別室だとしても、クルーズ船状況と大きく違わない)

●更に前述にあるように「検査、検査作戦」でも、
まったく無自覚無症状の人は検査の対象とならない(検査検査派もスクリーニング検査では無いと主張=そもそも国民全員の検査とかなれば数年かかるワケでね)、
だとするなら?
日本のおこなった「熱がある程度のただの風邪かも知れない人は無駄に検査にこないでください」←ここで抜け落ちる”実はコロナかもしれない軽症者”と、「検査、検査派」の打ちもらす無症状感染者と、社会的脅威に大きな差異は無く(今回のコロナは80%が無症状軽症であるためこの母数が圧倒的に多い)、「検査、検査派」がいったい何を目的に多数の検査をしているのか不明。
(日本のようなクラスター追跡ができないからって事なのでしょう)

注1:現在の日本の”濃厚接触者”調査においても、感染者数における無症状率【約30%】
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
通常病気の統計では患者数で認知しており、感染者数は概念として本来は”非公式”なもの
(「検査、検査派」作戦でも確実に”3割以上の無症状感染者”を見逃すことになる)
注2:様子見待機期間が原因で(実は陽性だったなど)クラスター感染に至った明快な事例は報告されていない(あったら検査派のマスコミが大騒ぎした筈)
メディアで「検査してくれなかった事件」で大きく報道された事例は「コロナでは無かった」事が確認されている(外来で肺炎の疑いがある場合、日本は積極的にCTを取っておりほぼコロナを見逃していない)。
注3:軽症者の発見と早期治療論については(今後積極的にアビガンの処方はあり得るが)、現在のところ重症化を防ぐ治療法は無く、根拠とならない。
更に言えば重症化率は「高齢者、持病のある者(待機期間短く早期検査対象)」と、予めわかっているため、既に手は打たれている。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 01:51 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅SOHOの増加でネット動画閲覧が増加しているとのこと

2020年04月03日

そうなるだろうと思っていました、
「地上波が酷いから、、」
試しにながらでお昼の番組などつけちゃってアチャ〜な思いをした方が多数と、
(昨今の地上波はおおよそみちゃおれない酷さですから、、視聴が不快なレベル)

現在様々な有料放送が乱立していますが、
今後は「つまみ食い的に複数サイトを集約選択できるサービス」も始まるのじゃやないかと思います。
(それぞれにアカウント持っているのも面倒ですからね)
ダントツで無料サイトが探される理由のひとつは上記だと思うんですよ。
(複数アカウントの管理がめんどくさいと→しかもこの番組はこのサイトだけとか出てくるでしょ、youtubeの伸びってのには、番組表など必要無しに検索したしりから視聴できるって無料だからこそできる優位性がある。)
ポータルサイトがやるべき次の仕事ってか、
ビジネスモデルがあるのじゃなかろうか

回線契約によるサービスでどれだけのコンテンツが無料で視聴できるのか?
広告表示含めて、設計上手なとこほど覇権を取れますよ。
(昨今”コロナだからどうぞ”とこの時に限り有料コンテンツを無料開放しているサイトも続いているようです→オンラインゲームなどにも広がっていくのじゃないかしら)


●こういうんなのどうですか?
「ガチ、あからさまなストレート広告」
たとえば、(通常は有料コンテンツだが)ビールのCMがあるとして、
番組冒頭、ナントカビールをサイドバーから(amazonなりに)注文すると、
「提供のコンテンツが無料で閲覧できます」みたいな、
「最後まで見たかったら2個買え」とかねww
コンテンツとスポンサーの関係性など(AIの出番かもですが)腕の見せ所多数

昨今youtubeの広告剥がしが問題になってますから(過剰なPC:政治的配慮規制)
コンテンツ提供者への報酬のもっていき方もまだまだ未知の可能性があると思います。
既に報酬さえあれば有意なコンテンツを作成できる製作者は多数存在しているワケで、
割が良ければ引っ張れるんですから、
チャンスと言えばチャンスでしょう。
(そういう意味でニコ動も頑張れ←youtubeの広告剥がしこそチャンスでしょ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。てか現在は”ほぼほぼ”閉鎖です)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 23:36 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする