ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

米国の中国共産党潰しがのっぴきならないとこになってきました

2020年07月26日

「そっちがそうくるならこっちも遠慮しない」
米国務長官、中国国民に共産党の変革を呼び掛け
https://jp.wsj.com/articles/SB12271835719214913691504586524812106486614

(一部引用)
この日、カリフォルニア州のリチャード・ニクソン大統領図書館・博物館で行われた演説で、ポンペオ氏は習近平国家主席が「破綻した全体主義的イデオロギーの信奉者」だと指摘。体制転換を明白な形で呼び掛けるには至っていないものの、同盟国や中国国民に、米国と協力して中国共産党の行動を変えさせるよう訴えた。

米国務長官演説、中国に“最後通告” 自由主義と共産主義の全面対決
https://special.sankei.com/a/international/article/20200724/0003.html

(一部引用)
「世界各国が自由と専制のどちらを選択するかの問題だ」。ポンペオ氏は演説後、司会者との対談でこう指摘し、米国と一緒に中国の脅威に立ち向かうことを選んだ国々は「米国が支えていく」と言明した。

「歴史的演説」と呼ばれるこの件は昨年のペンス演説同様にほとんど報道されてません
(ニュースチャンネル:ほのかな世界氏による)ほぼ全文はこちら
ポンペオ国務長官 7.23講演テキスト機械翻訳版 ※7.24-21:00少し修正
https://note.com/isekaijp/n/ne6a0a2c8acac

動画朗読
https://youtu.be/KZsoa-jAlcU
(一部引用)
しかし、我々のアプローチはただ厳しくなるだけではダメです。それは私たちが望む結果を達成する可能性は低い。我々はまた、中国共産党とは全く異なる、ダイナミックで自由を愛する中国の人々を巻き込み、力を与えなければならない。
<中略>
私は冷戦時代に育ち、陸軍に仕えていました。私が学んだことが一つあるとすれば、共産主義者はほとんど常に嘘をつくことです。彼らが言う最大の嘘は、監視され、抑圧され、発言することを恐れている14億人の人々の代弁者であると考えることです。

全く逆だ。中国共産党はどんな敵よりも中国人民の正直な意見を恐れており、自分たちの権力を失うことを除けば、彼らにはその理由がある。
<中略>
しかし、中国共産党の行動を変えることは、中国国民だけの使命ではありません。自由な国は自由を守るために動かなければならない。そしてそれは簡単なことではない。
<中略>
その時が来たのです。今日ここにいることは素晴らしいことです。タイミングは完璧だ。自由主義国家が行動する時が来たのだ。すべての国が同じように中国に近づくわけではないし、そうすべきでもない。すべての国家は、自国の主権を守る方法、自国の経済的繁栄を守る方法、そして中国共産党の触手から理想を守る方法について、独自の理解に達しなければならないだろう。
<中略>
さて、これは中国を封じ込めるための話ではありません。語弊のないように。これまでに直面したことのない複雑で新しい挑戦のことです。ソ連は自由世界から遮断されていたが、共産主義の中国はすでに我々の国境内にあります。
<中略>
志を同じくする国々の新たなグループ化、民主主義国家の新たな同盟の時が来たのかもしれない。

●中国の相手国への浸透工作・メディアを利用した世論工作などが「オーストラリアにおけるサイレント・インベージョン」としてすっかり知れ渡るところとなりましたが、
(特に日本においてNHKの中国配慮偏向報道にはすさまじいものがあります
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 10:23 | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする