ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(55)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Amazon
Stirling Broadcast LS3/5a V2

QUAD(クォード) S-1

LUXMAN D-380

LUXMAN プリメインアンプ LX-380

FOSTEX FF105WK

TEAC S-300HR-CH

marantz CD-6006/FN

ヤマハ A-S301(S)

みさおとふくまる

Cats In The Sun

人イヌにあう


ゴー!ゴー! フィンランド
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

音楽業界に期待したいこと(現状何かが間違ってる)

2020年09月06日

JASRACの暴走でレコード屋さんが次々閉店するみたいな事になったのはみなさんご存じかと思いますが(近所のレコード屋さんとタイアップしていたJAZZ喫茶などを滅亡に追い込んだ)、単純に販売戦略としての間違いを簡単に説明してみようと思います。
たぶんこの話は漫画や映画やアニメなどの出版物全般に通じる話だと思います。

現在音楽コンテンツはかなりがAmazonやアップルなどの有料聴き放題系にシェアを奪われており、大規模契約の為せる技なのか(現在用語のサブスク系ってんですか)、ミュージシャンへの報酬が下がっているという話も聞きます。
 ↑
いつかこうなることがわかっていたのに、どうしてこうなったって話で、、、
出版物がデジタル化した瞬間、コピーや違法な流通はわかりきった話でした。
●かといってですよ
みなさんそこは冷静に、
音楽を流通させる上で一番大事なのは?宣伝ですよね、
いかにラジオでヘビーローテーションさせるのかが勝負でした。
結果として強い事務所の作られた流行なんて時代もあります。
 ↑
自分達で必死になって無料で拡散してたんですよ?
(お願いしますと頭下げて)
てか、レコード屋さんは普通に「視聴可能でしょ」
そして何故PVがあるのかね。
(販売予定の無いライブ動画もPVみたいなものでしょ)


■ここで大事なのは無料のコンテンツと有料コンテンツの差別化です、
デジタルだからこそ特徴的なことなんですが、
サンプリングレートであるとか、動画解像度や情報量など「高音質・高画質化するとサイズが100倍ほどにも差が付くんです」、高画質の映画なら2時間で数ギガに及ぶわけで、
一朝一夕にダウンロードできない量です、
(最も重要なことは、よっぽど高速回線で無ければストリーミング再生もできない)
5G6Gになったら?→言うまでもありません、レファレンスとなるような本命をより高音質高画質化してサイズデカくすりゃいんです。

本当のファンは高音質・高画質を求める、
この販売方式は、ラジオやTVで拡散してCDやDVDの販促する原理と同じです。
(より高音質高画質があるならファンは購買します→コアなファンは「ブルーレイ、ブルーレイ」言ってますから)
 ↑
時に業界は、高画質媒体をダウンロード販売することに消極的です、
(ここに全く意味が無い)
●確かにフリーソフトなどの利用で誰でもコピーガードを突破して違法コピーも可能ですが、
考えてもみてくださいよ、
「その処理をする人件費を」(違法サイトならウイルス感染リスクという都合のいいものもあります)
仮に、それを媒体にコピーして友人に渡するとするなら?
【最低でも人件費コストと媒体料金で2000円超える】

この時、版元が「お手軽低画質バージョンを2000円でダウンロード販売していたら?」
(これやっているのが、Amazonのダウンロード販売ですよね)
フリーソフトでめんどくさいことするよりはるかに合理的。
そして、版元としてもメディアに焼いてそれを流通させること考えたら「DATAアップするだけで2000円」悪くない話の筈です。
→続きを読む

posted by kagewari/iwahara at 17:08 | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする