ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

イメージとしての風呂無し物件の再考

2006年05月25日

どうも風呂無しと言うと「アパート」ってイメージがあるけれども、必ずしもそうではない。マンションの事務所タイプには時折お風呂が無かったりするし、そもそも風呂無しでもいい人にとっては3点ユニットがそれに同等の設備と歓迎されたりします(3点ユニットのお風呂のパフォーマンスが落ちるって意味では無いですよー!)。
この「風呂無し」って言葉の意味が象徴する世界ってどんなものか考えてみよう。

ちょこっと触れた3点ユニットにかけて話を進めるとわかりやすいかもしれない。3点ユニットの「仮想風呂無しイメージ」に対し、利便性では劣る可能性のある「バランス釜」はむしろ最も浴室存在感のあるタイプとして対極になる。
そもそも入浴なるものを考えてみると、風呂に入るって行為そのものは「けっこうしんどかったりする」。実際の生活でも湯船に入るのは週に数回で、ほとんどシャワーだって人意外と多いと思う。
人の無意識から考えるなら、家族時代に「お風呂が冷えるからいいかげんに入りなさい」って言葉を投げかけられたことの無い人っていないのじゃないか?(実家が風呂無しであれば別だけれども)
さて、東京で一人暮らしなんて生活を始めるとまず最初に感じるのは「自由」って事だと思う。一人暮らしの醍醐味は「グーたらな自由」だったりするんであって、食事の時間から睡眠時間まで自由に選べるとこだ。

ここにトレードオフの関係が発生する。
所有する事による自由なのかVSグーたら的な「自由さ」なのか
「自由さ」ってイージーって事なんじゃないかと思うんだけれども、そもそも「イージー」って何だろう?

豪奢な浴室があれば、それはそれは「バスタブいっぱいお湯を」じゃなければもったいない話だが、これって風呂掃除的にも大変には違いない。
夫婦共働きでは無く主婦を選択するパートナーがいれば別かも知れないけれども(この場合は、カウンターパートの伝統的な仕事が浴室の掃除では?)そして時間はいつも自由なのかと言えばそうでも無い(追焚性能が人気だったりするのだし)、現実部屋探しのやりとりでよく耳にするのが「帰りが遅いからそもそも風呂無しは厳しい」であり、豪奢なお風呂でリラーックスって雰囲気では無かったりする。
確かに浴室がカッコいいと内見時の“見栄え”は相当なもので、強くアピールもするんだけれどもそれで勢いがついて希望賃料が1万アップでもOKなんて結果はこれまたどんなもんだろうとも思う。

阿佐ヶ谷の銭湯は深夜2時までやってます、
しかも銭湯協会の掟破りで「1時半以降の入浴は50円引き」
ジェットバスにお湯使いたい放題、しかも湯船のサイズは巨大ともいえる大きさ、お湯が冷えるって事も無い上にお湯が出るレスポンスのタイムラグゼロ。当然お風呂掃除も無しで、浴槽の大きさからくる水圧も強烈、
東京は伝統的に銭湯が多く(何せ賃貸住宅の“メッカ”だし)、昔は風呂無しアパートも多かった(2DK風呂無しとかもあった)、ところが「せめてお風呂ぐらい」の時代の到来で同時に銭湯も廃業が目立っている。
ところが実際は「銭湯好き」って意外と多い事に驚かされる、
何て言うか、銭湯が東京ならではの豊かさのひとつであった事には間違いなくて「部屋探しはお風呂付きじゃないと困るけれども、近所に銭湯があって嬉しいです」って台詞は意外と多いし、「シャワーで十分です」な人の中にも予備軍がいるのかも知れない。
実際の話「温泉いきたーい」って話はやたらと耳にする話であって、大浴場によせる日本人の好感ってものが後退したとはとても思えない。

そんな中2DK以上の相当高額物件にならないと、それこそ本格的に内容のいい浴槽はなかなか無い話で、浴槽の内容でギリギリ詰めるより「銭湯近いといいな」な方が結論は早いし、部屋付属の浴室は補完的でいい事になるから選択肢は幾何級数的に増える。

風呂無し物件の再考って何も「今お風呂無しがお勧め!」って意味ではない(笑
現実の暮らしの中のイージーやリラックスっを考える上での象徴的なキーワードになりゃせんかって話。

「帰りは終電」っていうのならむしろ3点ユニットが合理的だろうし、結構9時5時の生活なら「本気出して風呂入る時には銭湯」の方が豊かなんじゃないか?
果たして、コンベンショナルな『バストイレ別』タイプに適した暮らしって東京にどれだけあるんだろう?
そんな意味では「なーんか印象だけで賃料だけが上がっている」面もあるのじゃないかと思う(それも入居者の希望で)。
西洋スタイルバリバリのデザイナーさんなら、それこそレストルームにいきなりネコ足浴槽(当然シャワーバス)なんて自由度があるのだけれども(1Rストゥでイオなら可能)、実際「バストイレ別」の需要がこれだけ高いとそんなシングルルームに改装ってあり得ないんであって、、

なんて言えばいいのかな縲・br style="clear:both;" />「理想のお家幻想のミニチュア的選択」により過ぎて、もっとリアルな生活感とか、遊び感覚込みの「イージーさ」ってものが埋もれちゃっているような気がする。『レストルームにネコ足』これ以外とあたるんじゃないか?


この人は「入浴しないので不毛な論議には参加しない」そうです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 09:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
次、引っ越すときは「阿佐ヶ谷」第一志望。
Posted by なかむら at 2006年05月26日 03:56
その銭湯は『天徳泉』ですよーそして阿佐ヶ谷で部屋を探す時にはですねアクロスシティって不動産屋さんがお勧めです。そこの安松さんを指名して「retourの岩原からの紹介」って言って問い合わせすれば、ばっちし探してくれますよん。ちゅうおうせんの街としては阿佐ヶ谷出色ですよ
Posted by kagewari/iwahara at 2006年05月29日 13:25

この記事へのトラックバック