ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< April 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

『和室ブーム』

2006年07月13日

先日ニュースで面白い話を聞いた。
ここのとこの蒸し暑さが原因らしいんだけれど、「い草シーツ・い草フリーリング用パネル・い草まくら」なんかが売れていると聞く。それも購入者層は『若い人』との事。
なんせ昨今の賃貸住居はフローリングが多くて、寝転がってくつろぐ型の人にとってはフローリングは足は痛いしべっちょりべったりな感じになっているんだろう。

賃貸管理の話をするなら、よほど目立つタバコの焼け焦げでもない限り「畳のおもて替えは経年変化としてルーチンで行われる」ので、基本的には退出管理の費用を請求される事は無い(東京ルール施行以来退出時に原状回復の請求をされやすい床材はフローリングになる)。
そりゃ、日本の気候に合わせて発明された世界にも稀な床材である畳が見直されてくるのは自然な事だろう。
それこそ床一面が畳っていうのは“かなり豪華な部屋”なんであって、昔々は板の間の上座に畳があるのが普通だった、
これなかなかデザイン上もよろしいし、機能的でもある。オーディオラックなんかの接地だと畳はとても厳しくて(畳を貫通する釘を打ってがっちりしたボードを置いた上に設置する人もいる)、昨今のインテリアは洋室向けのものも多い。

リビングの中に茶の間を造ってみるなんてな感覚でい草パネルを敷くってのはいいアイデアだと思う、

そーんな流れなのか、最近「和室、人気あるんじゃない?」って感じているのは私だけだろうか、
安物のフローリングが増えている昨今、部屋のクオリティーは和室の方が高い例も多くって(しかも相場が安い)、レトロなデザインは潜在能力としても洋室より上じゃないかしらって思う。

あのい草の香りが好きって人も多いらしくって、リラクゼーション的観点からも和室が再認識されてきてもおかしく無い。

B000F3NOZAユニット畳(置き畳) 「くつろぎ」82×82 2枚組
イケヒコ・コーポレーション

by G-Tools




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック