ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< April 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

この時期はやはり「暖房を考える」でしょ

2006年11月29日

なんといってもここのとこめっきり寒くなってきて、さて「暖房は」がクローズアップされる。特に賃貸住居の場合火災の心配からせ石油ストーブは全面禁止であるので(実際東京では石油ストーブはマイナー)、如何なる暖房を選択して快適に過ごすかがテーマになる。
確かに光熱費としてのコストも大事になるけれども、ハードに使用するのは極寒時3ヶ月ほどの期間となるのでここは「快適な暖房はどれか」を考えてみたい。

心理学的には、ファンヒーターやエアコンに比べて反射型ガスストーブ・ハロゲンヒーター・コタツの解説が必要に思う。「赤い=暖かい」連想だ。
エアコンなんかだと十分な温度に到達しているのに、ついつい温度設定が上がりがち。
昔の貧乏アパートの学生諸君は昔コタツだけの暖房でも冬を過ごした人も多いだろうし(そのまま寝てしまう例も多い)、江戸時代なんてころになると火鉢ってものがあった。エアコンやファンヒーター派のあなたには冬の時期蛍光管を暖色系にするのが光熱費を下げるコツかもしれない。
とは言え安心感って見地から考えると、反射型ガスストーブに勝るものは無い。
http://www.citygas.co.jp/shop/stove-13a.html
ガスストーブの使用は、室内にガスコンセントがある部屋に限られてくるのでここはレトロな部屋の独壇場なんだけれども注意も必要だ。
そりゃガスストーブの熱は凄いので、濡れた衣類も一発で乾くぐらいの勢いなのだけれども、化学反応的にはガスの燃焼時には大量の水蒸気が発生する。といってもガスストーブを使用すると部屋が湿度でムンムンになるのではなく、空気の対流に乗っかって窓に結露としてこの水分が付着するのだ。だから、窓枠部分ペンキ仕上げなんかの住居や気密性の高い最新式マンションなんかだと部屋が痛む可能性があるので、高性能だがガスストーブも万能では無い(気密性の高いマンションだと換気も相当注意しなければならないからそもそもガスストーブの効率があまり生かせない)。

では、気密性の高い高性能マンションの場合どうだろう?
一般的には「エアコンとホットカーペットのダブル暖房が快適」と紹介される例が多いのだけれどもホットカーペットの使用には又コツがある。なんせ高性能マンションの床材にはフローロングが多い、フローリングの施工内容にもよるのだけれどもホットカーペット直敷きだと、相当量の熱量が床からの熱伝導で下方向に抜けてしまうので、ホットカーペット下には厚手のラグを敷かないとそれこそ光熱費でとんでも無いことになってしまう(笑
またカーペット上にも暖色系のラグを敷けば心理的にも暖か感は増すので、色にも拘りたい。

又マンションの基本性能から考えると、その熱伝導率の高さ(夏暑く冬に冷えやすい)と気密性(エアコンの立ち上がり効率が高い)両面からも考えてみたい。
ここはコンクリートの熱伝導の速度の速さからくる傾向で、一度暖房を切るとこれまた急激に温度が下がるものなので、中間的暖房を準備するのも効果的だ。一番知名度の高いものはイタリア製のオイルヒーターかしらと思われるのだけれども、いかんせん効率が悪い。ここはむしろ遠赤系のパネルヒーターの方が効率いいと思う(換気の心配が全く無いので「弱モードで点けっぱなし」作戦)、
この遠赤パネルってーのが家電メーカーの宣伝戦略の失敗なのか、それこそ心理学的に「赤くもなけりゃ温風も出ない」なインパクトの問題なのか高性能の割に選択肢が少ない、北海道あたりだと北海道電力自らが夜間電力利用の築熱ヒーターを多数開発していて今や北海道では脱石油オール電化住宅が夢物語ではない。
大手家電メーカーも10年ぐらい前にこの築熱遠赤ヒーターを数機種開発したのだけれど(OEMが多かったので元機種は少なかった)これが全然売れなかった(笑
中には温風も出るファンヒーターって意欲作もあったのだが、夜間電力で築熱ってわかりにくさが失敗だったのかもしれない。
ほとんどの機種で生産中止、何故か安価だが熱変換効率の悪い所謂電気ストーブってのはロングランで生産が続く。

築熱系じゃないが、高性能の遠赤系となるとガレージメーカー的な(通販でお馴染みみたいな)特殊パネルヒーターが候補となる。
この辺だ
http://sunsun.jp/index.html
https://www.gakubun.co.jp/hanbai/shouhin/520130.html
極端な温度変化によって暖房効果をあげる方式じゃないので、結露の心配が無い。電力的にはアンペア数も気にはなるが、これらとエアコンの組み合わせはかなり快適だろう。音響関係の知識から言うと、輻射効率だったけかスピーカーの振動板面積と能率の計算式がある。振動板面積の少ないスピーカーの場合空振りが多くなり大振幅でも音圧レベルは大幅にダウンする、
ここに着眼してパネル型ヒーターを複数並べて弱の設定にする場合と、一台で強の設定にする場合とどちらがエネルギー効率いいのか真剣に考えた事がある。床暖房みたいな緩い熱量だと比較にならないけれども、1200W級のパネルヒーターを並べて600Wで使った方が熱効率がいいのじゃないかって発想。
そんな事を考えていた時に、この暖房器具を発見した。
これ以前も一度紹介したことあるけれど、フランス製のガラス型パネルヒーターでデザイン性も高い、
http://www.rakuten.ne.jp/gold/solaris/
「ソラリス」(タルコフスキーの映画じゃないよ)
これがねー一度も現物見た事が無い、誰か情報ありませんかーー
これはいつか是非試してみたい、実力は如何に?

赤外線ってとこに絞ると安価なハロゲンヒーターがコスト的にも使い勝手がいいけれども、最近新しい方式も登場したようで
B000K66WDIフジコロナ Quartz赤外線ヒーター WR-9000
フジコロナ

by G-Tools

(これソフマップでも買えますよ)

これ実力どうなんでしょう。全く未知数、
「米国通信販売市場で大人気」って言われてもね縲・br style="clear:both;" />こちらも誰か買った人いませんかーーー

快適さを求めていくとこれまた「きりが無い」ところで、エコロジー的にも最適なのは「一枚上に着る」なんだろうなぁ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック