ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

マンションのイロイロ

2006年12月01日

マンションには特徴というか「期待される内容に限界」がある。
例えば都市計画で高層化建築の許諾が得られなければ一帯は「一戸建てとアパート地帯」になるのであって、当然そんな住宅指定地域は閑静で落ち着いた住宅街になる。
マンションはなかなか無いよって地域としては「杉並区(新規で中層マンションの建築計画があがっても地域を上げて反対運動になる)」や「目黒区(祐天寺辺り)」等等これやっぱあるのであって、別の理由でマンション建築に反対運動が起きる例も、

たとえば治安上の問題もあって「大規模1Rマンション」の建築にも反対例が多い、
何故って突然地域に「100人以上の見知らぬ人」が参入し、1Rマンションともなれば(賃料が安いケースだけれど)若い人も多い。これ地域住民としてはゴミの問題や自転車バイクの不法投棄等あれこれ心配するのであって、主に昔からの地域住民で構成されている都内の平和な街にはマンションは少ない。
そんな意味で、高層化住宅開発が古くから盛んだったり(初台近隣や文京区の一部等)最初からマンションの供給が多い地域だとマンションを探すのは難しくない。
それだけでなく、高層化の指定があるのは専ら都市計画で拡幅した幹線道路沿いとなるから、「マンション希望だけれども、幹線道路近隣は避けたい」=「低層マンション限定」を意味する上に近隣に非木造住居の競争相手も少ない事にもなるので、そうそう格安の部屋を探す事は難しくなる。

つまり、「閑静な街で静かに」ってテーマになるとアパートで探す方が趣旨に合う事が多いのだ。その代わりアパートの場合2×4高級アパートや家主一戸建て連棟型家主住宅仕様のタイプにならないと、マンションに比べて遮音性能が落ちてしまうから閑静な住宅街って事で近隣騒音は少なくても今度は隣室の音が入ってくるのも事実。
マンション希望の人だとそもそも「隣室の音が気になる」って部分があるだろうから、単純にアパートって選択は無いかも知れないけれどもほとんどの人が知っているアパートの事例は「○○荘」的な1DKだったりするから、参考にでもアパートを選択肢に入れてみる事は新しい発見に繋がるかもしれない遮音性能は構造で担保できる部分もあるけれど「ケースバイケース」には違いない(その確認のための内見でもある)。

再び都市計画とマンションの関係で言うなら、日照権とかの論議が厳しくなってきたのは最近の話なので、築年数の古いマンションほど閑静な住宅街にある例が多い。つまり条例や規制前に建築されているからだ(同時にその存在も長い年月で地域にも認められているから近所の方からも認知されている)。なので、「幹線道路沿いのマンションは不可です」な時には「築年数は問わず」の組み合わせは必須。
そもそも重要な事として、幹線道路沿いであってもマンションを建てるほうにもロードノイズをどうしたものか?って部分は重要なテーマになるから往々にして幹線道路沿いのマンションは「室内は静か」だ。二重窓や特殊な空気層のある二重構造窓の対策が行われている事も多いし、マンションの棟そのものに「遮音壁」があったり「ガタガタの構造にする事で乱反射させ吸音」という構造になっている事例も多い(音を複数から反射させることで位相ズレを引き越して+竏酎且Eによる吸音)、実は幹線道路沿いのマンションには高性能のものが多いのだ。
こうなると「空気的にはどうなの?」「洗濯物が干せないのでわ」って部分が心配になってくるだろう、

現在建築基準によってマンションは24時間換気の設備が義務付けられている。
この設備が無くても、浴室の換気扇を24時間回しっぱなしにする等マンション生活のコツはあるので「マンションでの生活は換気扇を回すものだ」と考えてもらってもいい。気密性能も高いので、空気の循環を確保する上でもそれは必要だし同時にその気密性能は空気清浄機の効率にも寄与するから、マンションにはマンションなりの室内空間の環境の整え方があると考えるべき。
「夏には窓を開けて室内に風を」な一戸建風の生活様式が希望であるなら「断然高級アパートの方が相性が上」になるので、同じ内容をマンションに期待するとどんどん希望内容の趣旨が変化してしまう。
この場合でも「是非マンションで」となると築年数の古いものが候補となる。築浅マンションの場合そのほとんどが「通路側には窓が無い」からだ。
洗濯物はどうだろう?
ここも昨今の分譲マンションともなると「ベランダバルコニーでの物干し禁止」が増える傾向にあり(防犯上も良くない)、デザイナーズともなると物干しとして利用可能なベランダバルコニーが無い設計すらある。これは物件の外観上の配慮とともに、共有部分が錆び等で痛まないようにとの配慮によるもので、同様タイプのマンションにはそれを補完するために「洗濯乾燥機実装・浴室乾燥機能実装」とこれがワンセットになる事も多い。

つまりマンション的ライフスタイルはかなり特定の文化であって、一戸建ての延長上の発想だと適合しない事も多いし、無理にその条件を適応した部屋を探すとマンション自体の性能として内容のいい部屋を捨てていると同じになってしまう。
特定のキャラを狙うなら、「都市計画上大規模(団地型)開発中の郊外へ出る」「築年数無制限」等それが合致する可能性を裏付けする作戦が無いと、「妙に少ない選択肢のなかからギリギリ探さなければならない=最初から自分の首を締めているようなもの」で、なんか「あれ?なんか変」な結果になりがちなのだ。
ここから予想される事は「本当は高級アパートに暮らしたいのに、自分ではそれに気が付いていない」って感じの潜在重要は想像以上に多いのかも知れない。

逆さまに考えると、やはりマンションの暮らしって都心が似合うように思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック