ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

再び『銀座へ』ヨネイビル・奥野ビル(2)

2007年05月26日

この外観だけで誰しもが、このビルが只者ではない事がわかります

設計は「同潤会青山アパートメント」を設計したこの人『川元良一』
築1932年、同ビルは中央区の文化財に指定されているとの事

外観上の特徴は特徴的な窓枠の造作と、同じビルが2棟連結したようにも見えるシンメトリックな造形(これは建築時の施工にも関係あるらしく、内部の階段も背中合わせに二本並んでいる)と、スクラッチタイルと呼ばれる特異な形状をした外装にある。

周辺をよく見ると(なんせこのビルが竣工当時高層建築と言えば近所のヨネイビルぐらいじゃなかったのか)横に丸窓が覗いていて、隣にビルが無かったときにはよりモダンな外観を見ることができたんだろうとも思う。


この奥野ビルあまりにも有名でいろんな建築系ブログでも取り上げられているんだけれど必ず登場するのがこのエレベーター、これは奥野ビルを紹介する上で”お約束”ともいえるチャームになっている(現在は内部新品です)。


1Fのフロアを見ただけでも、相当衝撃的なんだけれども

一番素晴らしいのは階段なのです。

階段部分を見ているだけで見とれてしまいます

内部には他にも歴史を感じさせる造作も多く

現在は全て事務所となっているのだけれど、『銀座アパートメント』と呼ばれた当時は上階は住居であって、共同浴場、共同トイレを備えた当時では最先端の”アパートメント”であった。入居者には西条八十や、舞台美術家吉田謙吉、歌手の佐藤千夜子らの文化人の他、銀座の芸子さんやダンサー等華やかなりし当時の銀座住民が暮らしていたモダンな住居であり、地下にはボイラーを備えセントラルスチーム式暖房を備えた。居室のベッドは折畳式のウォール・ベッドというもので各室広さは12uほどで現代の3点ユニットの部屋に置き換えれば16u1Rが印象として近いかもしれない。


1932年のこの建造物から現代の建築を見ると「いかに無味乾燥で軽薄化したものか」ちょっと溜息がでる。
広さやコンセプトそのものも、それこそ中銀カプセルを先取りしたメタポリズムじゃん(新陳代謝はしないけれど)とも言えて、日本人ってカテゴリーにおけるシングルの占有面積の考え方そのものを考えされれる部分でもある。


<欲張って画像が多いので、まだまだつづくです> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(3) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
岩原さん、こんにちは。良い写真を見せて頂きました。ありがとうございます。懐かしい気がして、気持ちが落ち着きました。階段の手すりは、ワタクシの学んだ小学校も同じような感じでして、跨ったまま踊り場で下りずに1階まですべって行けます。 加えまして、 ワタクシの著書を紹介して下さっていることに感謝致します。
Posted by バトラー先生 at 2007年05月26日 18:09
私もこの建物、大好きです。知り合いが何度か、個展をやったことがあり、それで知りました。ところで、地下の共同浴場って今、どうなっているんでしょう?覗いてみたくて仕方ないのですが。
Posted by ひろぽん at 2007年05月26日 19:18
ひろぽんさんバトラー先生コメントありがとうございます。昔の建築物は質量っていうか質感というか、内容だけでなく肌触りみたいなものが暖かいですよね。私は思うんですがあの「コンクリート打ちっ放し」解釈にどこか間違いを含んでいるような気もしますが、同じような素の素材感を本来意図したのだと思います(成功したのか失敗したのかこれは論議の余地あると思いますが)、特に木質部分は昔の建築では無垢板の使用が常識でしたから、ここだけみても古いものが素材内容の点で上である事は間違いありません。ひろぽんさん実は、地下も覗いてみたんですが、元倉庫と思われるところも事務所として利用されているようで、昔浴室だった部分を確認できなかったのです。他にも、「ここの浴室を復活させたらどんなに」って意見の方もいらっしゃるのですが、現在どのようになっているのか確認できませんでした。でも残ってしいたら素敵ですね縲
Posted by kagewari/iwahara at 2007年05月27日 14:46

この記事へのトラックバック