ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< April 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

通勤時間を取るべきか、希望駅優先か

2007年08月31日

部屋探しで重要なポイントに勤務地からのルートがある。
ここも各人希望や求めるものが違っていると思うので、それぞれのキャラクターがどうなのってところを考えなくちゃいけない。

それこそ勤務地から近ければ近いほどいいって単純なものでも無い。
これ実際に最近あった話だけれども、
東京の東側に内容もよくて街の雰囲気もいいとこがある「都営新宿線:森下・菊川等もそう」しかもここは賃料も安い。都心部オフィース街からだとほぼ乗り換え含めて15分以内に到着しようかって利便性の高さもあるんだけれど、東側にはあまり馴染みが無いとの事で西側に振り替えると、勤務地が新宿・渋谷近隣なら近くなるんだけれど丸の内縲恬L楽町方面ってエリアからだと荻窪でも40分近くかかったりするので、これはどうなんだろうと。
私は個人的には「ちゅうおうせんのひと」だから、西側の暮らしには馴染みもあるし20ウン年だかにもなるので、この西側には思い入れもある。
だけれども、事不動産に関しては江戸川区にも行くし台東区にも行くんであって、これやたらといろんな街を見てきた。その中で感じる事は、明らかに西側と東側には文化の違いはあるんだけれども、必ずしも東側がベタな下町って事も無いし、西側は治安のいい郊外の住宅街と決まっているのでも無い(住居侵入窃盗:空き巣で見れば明らかに西側の方が治安が悪い)。

休日も遊びに行くと結構帰りが遅いとかの場合、友達が多くいる等普休日に段出歩く事の多い街近隣を選ぶ方が何かと得策だというのも事実。

さて、この辺の選択っていうのをどういう基準で選んでいけば決まりがいだろうか?
もっともわかりやすいところで住居と駅との関係から考えてみる。
徒歩やチャリで移動する場合距離的限界はおおよそ徒歩12分(公正取引委員会からの基準だとかなり早歩きなので実測は15分)となる。
通常駅近と言えば5分以内だし、最も無難な線で10分以内と想定できる、
駅から少々離れる事の意味と言えばズバリ「閑静な住宅街になる」ところだろう。
治安上の意味からも駅近(そもそも駅に近い事と繁華街や幹線道路の有無等防犯上のリスクになる)よりある程度駅から離れた方が治安も安定している(ド都心部の地下鉄駅は例外:閑静な住宅街の真っ只中に駅があったりするので、地下鉄駅に関しては概ね例外と考える方がいいかも)。
そしてそれが”東京郊外住宅街”として発展してきた東京西側であれば、かなり「家に帰る」というリアリティーが高いのも事実。

しかし、西側から見て実際の乗車時間の長い勤務先である場合(東京駅縲恬L楽町方面)、実際の通勤ルートは「始発駅近隣」から考えたい。
可能なら座って通勤したいからだ、
そうなると西側なら「吉祥寺→井の頭」「荻窪→丸の内」「中野→東西」「笹塚→都営新宿」「代々木上原→千代田」(東急沿線はこの点で弱い「中目黒→日比谷」はあるけれど相場が広尾並なので、東急沿線の場合あくまでも勤務地渋谷近隣で考えたい:後述)の”近隣駅”が狙いになると思う。
※今回は基本的に東京シングル30代辺りを基準に考えているので中央線の立川・八王子或いは埼玉縲恍r袋系西武線等は圏外としている。ファミリータイプで格安と言えば東側東陽町辺りもお勧めだけれど、新宿を含む西武線(特に池袋線)は確かに安い。

ちゅうおうせんの暮らしが長い人間から見ると「いかに各駅(2番ホーム)を利用するのか」が鍵となる、快速中央線は既に立川あたりから満員だったりするのでいっそ新宿で乗り換えたいぐらいだからだ。「井の頭・丸の内・東西線(三鷹始発も多い)」と枝が多いので、勤務先が変わってもかなり融通が利くのは事実。始発駅じゃないが「東中野から大江戸線」の枝もあるし、山手に乗り換えるなら代々木駅が使える(枝の多さじゃ圧倒的でそのまま四谷や飯田橋等延々と乗換え可能駅がある)。
東急の場合枝が”東急圏内での移動中心”となるので、都心部へのアクセスは半蔵門・銀座線に集中し昨今混雑も大変な事になっている。
こうなると「銀座線で東に行けば?」どうしても考えたくなる。
現在東京東側は「銀座線なら田原町・大江戸線新御徒町・都営新宿線森下菊川・東西線葛西近隣(極端に賃料が安いので有名)・総武中央なら平井」いっそ山手界隈でも「港寄りの南部目黒大崎五反田縲恣c町・山手内にも新大塚や千石縲恊迹ハ木縲恪wヨ近隣、時折赤坂あたりにも安い賃貸があるし北部の田端駒込も格安」と探せば十分有力な住宅街がある。
場合によっては東京西側(特に東急圏)より賃料相場が安いケースも多い。

この辺をね縲怐Aどう考えればいいのかと。
話をちゅうおうせんに戻すと、いかに楽に移動するのかの鍵が”2番ホームの各駅の利用”であるところがヒントになると思う。
つまり、各駅狙いって事は「少々時間がかかってもいい」を意味するので、時間が全てではないのも事実。

だとすると?

東側がむしろ好きってのなら全く問題無いんですけれど、たとえ話として「東京西側に馴染みがあって勤務先まで時間がかかっても西側で」な時には以下のように整理すればいいのじゃないか?
「西側で探す時には、むしろ駅から10分まで離れてもいい」
「東側で探す時には、通勤時間の短さを最大限利用するため駅近で探す」
これ矛盾しているんですが、以外とこういう線で探すのが無難なのじゃないかと?
※東急沿線が勤務地渋谷近隣限定とするのはマストに思います。東急だと”目黒線”や”池上線”の方がむしろ便利で(南北・三田・浅草・山手線)渋谷のイメージを外したところがお勧めかもしれません。

ここキャラクターつけしてみると、
@東側は注目なので是非休みの日にでも散歩などいかがでしょう
※ここは若干偏見が多い。いい街ありますよ、
A西側利用の場合には乗り換え含めて「通勤には何線使う?」のシュミレーションをした方がいいかもです。意外なルートが見つかるかもしれない。
B南北も忘れちゃいけない(但し西側に友人が多い場合はちと不便)
C一番面白いのは山手線の内側地下鉄沿線
※これは鉄板でしょう。探すコツは「築年数無制限(都心は内容がいい建築が多いのでリスクは少ない)」と「u数で贅沢言わない」。
D東急沿線希望の場合は(勤務地渋谷系前提で)どうせ混んでると踏んで「いっそ鷺沼までいってみる」、或いは東急の本質ともいうべき池上線へシフトする等もいいかも(こっちは安いです)。

ポイントは「不慣れな駅の時には駅近で、慣れた街なら10分まで」なんだと思いますね。

現在の不動産の相場環境から見ると確かに「一時ほそ西側が強くない」事から西側で空室の目立つ地域も出てきているんだけれど、一概に賃料を下げればいいと言えない(アパートの場合スラム化って怖さがある)ところもあるし、マンションなんかの場合だとそれが築浅なら建築コストの償却を考えるだけでもそうそう賃料は下げられない。
東京西側が賃料の安さと暮らしやすさみたいな原形に戻るのには、後数年かかるんじゃないかとも思われなので(一時の人気で場違いな物件が増えたり、単身者の増えすぎで治安も問題になってきた)、固定観念に縛られずに複数のオプションで考えてみるのがベストなんじゃないかな縲・br style="clear:both;" />
なかなか難しい問題なので、これ又いつか回を改めて考えてみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック