ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

あの撮影ルポで紹介した映画が公開です。

2007年10月08日

えー、そのルポというのはこちらの記事
http://kagewari.cside.com/blog/2006/10/post-14e5.html
昔映画ファンだった時代を持っている私としては、こういう形で映画製作に協力できるのかと思うと嬉しい話で、

そんな映画はこちらですっ
http://www.kansatsu.info

映画といえば登場人物の住居は役の上での枷のひとつとしてとても重要、
私が一番印象に残っている映画に出てくる住居というのが、スティーブ・マックィーン主演の『ブリット』におけるマックイーンが暮すコンドミニアムです。日本で言えばアパートなんですが、流石に映画なので部屋のつくりはよくわからなかったんですが、西洋特有の旧式オートロックにこれを解除する大型のレバーが階段についていて、どうやらマックィーンの部屋しか存在しない(2階占有?)このアパートで、パジャマ姿のマックィーンが寝ぼけたままこのレバーを操作してデルゲッティ刑事(この刑事役の俳優はタワーリグインフェルノでもマックィーンの右腕消防士として登場)を部屋に招き入れるんだけれども、
・寝室にドア無し(開けっ放し?)
・階段上の踊り場に冷蔵庫
・窓から通りを見下ろすシーン
・舞台となるサンフランシスコのダウンタウンにある
とにかく一風変わった部屋で印象に残っている。
映画上の枷としては、マックィーン演じるブリット刑事は「タフでストィック」となるので、いかにもシングルって部屋のイメージで選ばれている(帰宅するシーンでは抱えきれないぐらい冷凍食品を買ってたり)。
喧騒とした街中にあってどこか”ボロ”くて飾り気が無い。
いかにも男のひとり暮らしなるイメージなんだけれどこれがカッコ良かった。

住居のスタイル自体滅多に日本ではお目にかかれないタイプなんだけれど、稀に似たタイプの部屋もある。

「アパート二階”専用階段アリ”」のパターンだ、
この専用階段にも、玄関込みで専用でまるで事務所みたいな形式になっているものもあって(こうなると準借家とも言えるかも知れない)、
階段がある分上階の占有感が強くて、秘密の部屋ほどじゃないけれど玄関部分からまったく上階の様子が想像つかない点ではプライバシーへの安心感は特に強い。
確かにこれだったら吹き抜け風に上階の居室扉が無くてもいいのじゃないかとも思えるし”開放感があるのに占有感も強い”って特有の雰囲気になる。
内容のいい部屋も多くて(探そうと思って探せるタイプじゃないけれど)、下手なマンションなんかよりよっぽどお勧め、
通常u単価は安くって賃料のワリに驚くほど広い部屋が多い。
だけれども、映画とは違ってそんな部屋が「都会のダウンタウンに」ってパターンはなかなか無いですね〜
ブリット [DVD]
B002JQL35E

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック