ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< April 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

「清洲寮アパート」と「建築としての橋」(永代橋と豊海橋)

2007年11月10日

永代橋の歴史に関してはこちらに詳しく記載があります
 ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/永代橋
竣工1926年(大正15年)国の重要文化財

鋼橋としての意匠は独特で、背景のビルまでその歴史の一部のように見せる力があります。

下から構造をもうちょっとなめて見ようと又橋の反対側まで廻り込みます。
見事な構造を見せます、

どうしてこれだけこの地域の橋が独特なのかって答えが、すぐ隣の豊海橋の『中央区民文化財』説明のプレートに詳しく説明がありました。
・「隅田川支流の河口部の第一橋梁はデザインをひとつひとつ変えて区別しやすく工夫していました。それは隅田川から帰港する船頭に対する配慮でした」
当時のインフラ建築における独創性というか、自由さって在り方の違いを教えてくれます。何メートルだとか史上最大とか数字で語られる無機質な世界じゃ無いんですね、永代橋は隅田川の橋ですから、支流の第一橋梁じゃありませんが「帝都東京の門」に相応しい意匠が求められてのデザインであったのです。


「永代が?僕はこっちの豊海の方がいいと思うよ」
「忌憚の無いご意見ありがとうございます」
こちらがウミネコ氏推薦の豊海橋(前回のIBMの絵にもちらっと写っているんですがね)

あら、素敵ですね縲・br style="clear:both;" />
大正15年(1926)5月起工、昭和2年(1927)9月竣工
上記文化財のプレートによると
「福田武雄はドイツ人フィーレンデールの案出した橋梁デザインを採用し、梯子を横倒しにしたような外観で重量感ある豊海橋を完成、この様式は日本では数ヵ所あるのみで近代土木遺産としても貴重な橋で、区民有形文化財に登録されています。」と説明があります、

夜間ライトアップされる豊海橋は黄金色に輝いて、「あれ銀座ブランドショップの”何か”なんだろうか(何かって何?・・・)」と意味不明の感想を抱かせます。
決して大きな橋ではないのですけれど、とても個性的で
橋梁としてのスケールは到底永代にはかないませんが、意匠デザイン的内容として見ると魅力的で、「都市デザインは文化である」という側面を忘れちゃいけないと語りかけているようです。
橋って「渡った先は別の世界」的な象徴性もありますから(”なんちゃらの橋を渡る”のような)、都市の舞台装置とも言えるでしょう。

カッコいいですね縲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
ご無沙汰してます札幌編縲怩ソゃんとチェックさせていただいてますよところで最近なぜか長文だとエラーになってしまうんですが・・・
Posted by テオレマ at 2007年11月22日 23:54
どうもお世話になっております、ええ、スマッチのサーバ運用やっているドリコムのシステム的に何か障害あるみたいです、確認してみますねっ
Posted by kagewari/iwahara at 2007年11月23日 16:52

この記事へのトラックバック