ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

やはりドル暴落始まりましたね

2008年03月14日

以前から「いつかは起きる」と思っていたので驚くことじゃないけれど、
・昨今の経済動向と暮らしの行方
これ「オバマはどうする(笑」

って大統領に決まっているワケじゃないが、メディアのシナリオだと彼が勝つ事を前提に”既に物語りは始まっている”と思う。変な話だけれど、ヒラリーが候補になってしまうとその瞬間余計ドルは下落すんじゃないか?(ここは全く根拠無し)
実質ドルと連動する形の通過体制になっている中東諸国はマジでドル離れを起こしかねない。
単純にドル安というより、ここが中東を巡る安全保障に関係するのだから余計に「オバマはどうする」って話にもなる。

これで輸入部材や、一般消費財関連は安くなるので又デフレになるのかな懸念も無いじゃないけれど例の原油の高騰を円高が吸収しているとも言えるのでトントンか、
実際日本経済の主力みたいに見られがちの輸出産業にとっては痛いのかも知れないけれども、ここのところ景気を引っ張っていたこの辺の関連企業はさっぱり所得分配率が高く無いので、GDPの数字は良くてもさっぱり体感上の景気観測に影響しないから、どうでもいいといえばどうでもいい話(そもそも途方も無い外貨準備があるので国際収支を心配する必要は無い)、

国内の企業の9割は中傷零細なんだし、産業の半分以上はサービス業だから国全体の経済を考えれば一番重要なのが内需であるのは誰にだってわかっている事だし。
そういう意味じゃ『手持ちの円が強くなった』のだから、円高ベースの経済政策を考えようって話だし、そんな感じで「円高で良かった」にならなきゃいかんでしょう。
都心部の不動産から手を引いた外資ファンドは、まだ円持っているかな縲怐B
やっかいなのは、日本には投資銀行の力が全く無いので(例のイーモバイルもその多額の融資はゴールドマンサックス等から得ている。ここはエリック・ガン社長がGS出身なので会社としてGS系とも言えるけど)、ベンチャー系への投資資金が若干心配な感じになるかも知れないけれど長期的に見れば円が強いって事で日本で投資したほうが安全って判断になるかもなので問題無しかも知れない。

住まいって点から考えれば、輸入インテリアや部材が安くなるのだから「模様替えのチャンス」かも知れませんよ。
タイムラグあると思うので、、
「セレクトショップやECサイトのみなさん今が仕入れ時ですよー」
「春だから需要も多いですよー」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック