ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

世田谷から”Teorema”(郊外を考える「ビラ・ノーバ」)編集後記

2008年03月22日

世田谷通りまで出ると松蔭神社は直ぐ近くで、

住居としての環境もはやり246近隣より落ち着いています。
246となると「やっぱ池尻でしょう」にも思え、
同時に世田谷線はその穏やかな居住性もあって田園都市の三軒茶屋から渋谷の通勤時間帯の混雑が”大変な事”になるのかと思います(山下=豪徳寺から小田急の手もあるので今度は電車の遅れが心配にもなりますが、それでもダメなら下高井戸から京王も選べる世田谷線は便利ですよ)。
そんな通りを歩いていると

あれ、これは”Teorema”感がする建築があるじゃないですか
とマジマジと見ていくと


ライオンズマンション上馬第2(RC造5階建て、築1979)なんですね
ライオンズとしてはかなり初期の作品で(1号は1968年)オリジナリティーっていうかデザインの内容もイメージとは違うものです。

やはりこの年代のものは味がある等と思いつつ、駅に向かいます。
松蔭神社の街ってとてもいい感じで、若い人が趣味のお店出したりなんかにとても似合いますよね。規模は小さいんですが246系より趣味性も深く感じます。


と世田谷を歩いて感じたんですが、郊外に求められる世界と都心部のそれは違いますよ。郊外は未だ開発も成熟していると言えないし、又開発すべきかって論議も重要で資産価値やら以前に静かで穏やかな暮らしを維持して賃貸・分譲両面でリーズナブルな方向性にあるのが社会的にもあるべき方向性じゃないかと、
分譲に関しても郊外の場合には「一戸建ての延長」な雰囲気が濃いですし、評価額も安ければ相続も楽なのですから市場の評価を気にする事無く、コンサバテイヴなファミリー向けに特化してこそ郊外の在るべき姿に思うんです。
結果として中途半端な知名度で地域性に親和性の少ない短期居住者がいたずらに増えてしまうと結果として治安も悪化してしまいますし、「そこを良く知っている人がその街を好きで長く暮す」なビヘイビアーをどうやって維持するのかってところが大事に思います。都心部の開発をそのまま郊外に持ち込むのはやはり問題ですよ、

そういう意味でも今回取り上げた「ビラ・ノーバ」「ビラ・サピエンザ」の抑制の効いた在り方は「センスなだろうな」と思うのです。

とここで都心部との比較で考えるなら
えー現在西新宿高層地帯には
こんな凄いのが建築中で

いったいどんな設計図なのかと、

やはり求めるものや暮らしそのものが違いますよね。
フリーランスや、シングルな人は都心が似合うし、コンサバなファミリーな人は静かな郊外が似合いますもの。
開発やデザイン・コンセプトってものは郊外と都心と違ってしかるべきものと再確認したのでした。

赤坂方面にはTBSがやたらと広報中のタワーも公開
(この日は雨風が凄くてレンズに水滴ついちゃってます)



タワーに関しては前回もあれこれ書きましたからここでは深入りしませんが、そんなファンダメンタルがあってこそ”Teorema”的方向性が「これでどうだ」な感じで意義も深まってくるんだと思うんですね。
とそんな感じで次回のテオレマ(取材日未定)は「赤坂で短編」を企画中ですー


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 20:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
新宿西口の某デザイナー学校のビルですね、暮れに久方振りに西口で靴を磨いてもらってる時に気が付きました、前はなんだったか想い出せず・・・手前の安田生命ビルは88年秋縲怩W9年にかけ東京アカデミーに通ってたもので懐かしいですが(当時は1階が本屋さんで)
Posted by テオレマ at 2008年03月23日 23:33
そうだったんですか、しかしあれは一体どういう構造になっているんでしょうねぇ私も某新宿西口の管理会社に鍵を返却に行った帰りに突然視界に入り「あれ、何時のまに」と気が付いたところです。時間が押していたので”何ビル”とまで確認できずともかく画像をと、こうなったところで。思うに昨今の高層は事業ビルの方がまだいいですね、どうにも売り抜け系の分譲の方が”薄い・軽い”感じがしますよ。
Posted by kagewari/iwahara at 2008年03月27日 05:51

この記事へのトラックバック