ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

赤坂ショートショート(3)

2008年04月25日

初っ端に登場するのがこちら名棟「赤坂パークハウス」築1971、RC造、施工:間組
三菱地所最初のマンションになりますが、品格や外観のしっかりした造りは全く衰えを感じさせません。

エントランス周りのデザインもこの時代の方がいんじゃないでしょうか、


そして、すぐお隣に並ぶのが元祖ライオンズとなる「ライオンズマンション赤坂」こちらがシリーズ一号で、築1968、RC造、施工:間組

現在のイメージからはちょっと想像つかない意匠かと思いますが、なかなか重厚な造りで(この時代のマンションに共通する特徴は”重量感”ですね)、

かなり大規模なものです、

その先ほんと直ぐそこに
こちらも元祖億ション、日本初の億を超えるマンションとして当時話題を集めた「赤坂パークマンション」築1975、RC造、施工:竹中工務店

赤坂ではメジャーなレンガ張りのこの外観は造形デザインからして高級で

この外観おを見て「古いマンション」等と失礼な事言う人もいないでしょう。
流石のクオリティーです

ここから半歩後退すると、薬研坂の”流れ”の支流がありまして(呼び水となるのが『光蔵院』という非常に上品な仏閣)、ここがかなりの急坂なのですがトコトコ降りていきますと、
こちらにあるのが「赤坂パインクレスト」築1973、SRC造、施工:間組

ここまで見ていくと採光を効率よく取り込むための”段段構造”が当時のトレンドであった事もよくわかりますね。

そしてこの「赤坂パインクレスト」が凄いのはかなりの急斜面に見事にどっしりとこれだけの大規模な構造物を完成させているところで、意外と目立たずに自然にこの土地に溶け込んでいるところが、又特徴のひとつです。

ここまでくると
「この先は乃木坂方面にスーパーAZUMAまで伸びている道」です。
商店街と呼ぶには大袈裟かなと思いますが、地域住民のためだけの小さな商業圏を形成しています。

だんだん日が暮れてきましたよー、道を急ぎますっ

<つづく>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック