ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< April 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

奇才梵寿綱氏と荒川線の旅(2)

2008年09月28日

思い切り早稲田な景色を通過し、

住居探し的に見た時に、この辺では最も有力な「大隈通り商店街」へ

こういうなんてことのない商店街こそメンタル的にも欠かせないものですし、ある意味東京らしいところでもあり(東西線早稲田駅近くはちょうど神楽坂の商店街がオフになっていてどちらかというと事業系の地域になっているので、商店街的環境は神楽坂飯田橋は例外としてこの辺なら江戸川橋駅の方が有力になるので)、そういうキャラクター優先で考えるなら荒川線早稲田駅周辺となるのです。

目立った建築としてはこちら西早稲田教会


高級建築とは呼べないのかもしれませんが、やはり建築は「意匠だな」と考えさせてくれる内容。コンセプトが明快な分結果的にデザイン性も高いですよね(この辺は神社仏閣も同様なのかもしれません)、

路面電車の駅のある風景ってそれ自体が貴重かもと感じさせる絵です。



車窓からの風景は



間もなく次のポイント鬼子母神駅に到着

駅から1、2分で参道となっているケヤキ並木です



樹齢も凄いので都市計画的にギリギリになってますが、こういう風景も暮らしと近接する中で棲み分けする東京の特徴でしょう。

ここは「雑司ヶ谷寺町散歩ルート」ですよーなプレートもありました。


都会の小さな観光地とも言える鬼子母神に到着です、


<つづく>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京建築日和”Teorema” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック