ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< January 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

麻生政権がレームダックに陥ってます

2009年01月14日

この数字はもう致命的でしょう、

麻生内閣「不支持」81%、JNN調査
麻生内閣を「支持できる」と答えた人は、先月より5ポイント余り減り18.3%。「支持できない」と答えた人は、先月より5ポイント余り増え81.0%でした。内閣の不支持率が8割を超えたのは、森内閣以来およそ8年ぶりのことです。

これを支持政党別に見ますと、自民党支持者でも半数を超える52.7%の人が、麻生内閣を支持できないと答えています。
また、麻生総理と民主党・小沢代表のどちらが総理大臣に相応しいかへの回答では、先月に引き続いて小沢氏が上回り、差が17ポイントと大きく開きました。

今の国会の焦点、定額給付金については、「評価できる」と答えた人が21%だったのに対し、「評価できない」と答えた人は78%でした。
定額給付金の撤回を主張し、離党の意向を固めている渡辺元行革担当大臣について聞いたところ、「離党すべき」という人が55%でした。

政党支持率は民主党が27.3%と、麻生内閣では初めて自民党を逆転しました。

(JNNニュース 2009/01/12)

あの森氏でも(あの森喜朗氏の蜃気楼内閣ですよ)自ら退陣した数値に限りなく近い。
そしてその存在感は”もっと弱い”といっていい状態でしょう。
この状況下でもまったく解散風も総辞職風も吹いてません、
こりゃいったい日本の政局に何が起きているんでしょうか。

既に”政権当事者不在”こう断言しても間違いないでしょう、
そもそも言いだしっぺの宏池会再結集だかで麻生担ぎをはじめた(その後担ぎ手が旧森現町村派になっちゃうんですが)古賀・加藤ラインにも亀裂がある状況で、実体として幹事長代行みたいに昨今発言の目立つ古賀氏にしてもその意図は完全に別のところにあるようだし存在感自体に「殊更意味すら失っている」状態。
果たして、この状態で政権が動いている事自体驚異なんですが(流石官僚統治国家の面目なんとやらで)、思考停止とも言える現状が続けば続くほど国益を損ねるのも疑いようのないところです。
心理学的なところで言えば「麻生氏個人の考え(当事者意識)」ってのはどうなっちゃっているんでしょう、現状のどうにもならないさ加減に無感覚であれば、それは心理的な問題すら考えなくてはいけないレベルだし、どちらかって言えば小泉氏同様一匹狼系の人物なので(友人関係以外目だった支持勢力があるのでもない)、誰かへの恩義とか仁義とかって一面も無い。
本気でエディプス的な「偉い人らしく立派でなくちゃいけない」のが解散先送りの理由だとしたら、個人的には私麻生氏好きな方ですが、、
首相なんですから、
現在首相なんですよほんとに。
その在りようってものを側近として支える人間が彼にはいないのかもしれません(ここがメンタルな意味で”友人”ってくくりの頼りない部分でもある)。

もっと不思議なのは既に空中分解している筈の(自民公明政権与党は与党としてもダメが出ている)自民党に倒閣運動として目立っているのが渡辺氏唯独りって部分で、
自民党って組織は『個人のモチベーション』や”アイデア”って類のものをどこかに落っことしてしまったのでしょうか?
金融危機も大事ですが、国際的にはお正月にかけて勃発したイスラエルの軍事侵攻等、指導力であるとか政権の個性であるとか無いことには国際的にも無責任な立場になりかねない安全保障上の判断も”現在進行形”なのに、

安部政権のなんとやら以来、政権がどうこうより「個人として”それでいいのだろうか”」って、ひょっとして問題が『政治家のメンタル』って部分にシフトしているのかもしれません。
麻生氏の視線が現実から逸れているような気がするのは私だけなのでしょうか、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック