ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

『春』部屋探しのポイント

2009年01月15日

来月あたりからそろそろ春相場が始まろうかってところなので、いくつかポイントを抑えておきましょう。
心理的なところから言えば特に独り暮らしビギナーな人に要注意なのは「あたり一面素人の風評」になってしまうところです。
卒業して就職なんてな環境にあると、相談相手も全員「独り暮らしビギナー」だったりするので、素人考え(このほとんどが営業店やTVCMの影響を受けている”営業トーク”がベース)が常識化して、下手すると「不動産屋さんもそこまで言わない」みたいな話まで”あたかも知っておきたい知識”みたいな話になってしまって(ここに一戸建て生活30年選手の実家の両親が介入すると”モアビギナー”に増長)、部屋探しを始める前から「あり得ない状況」になっている事が多いので要注意です。

えーここ、そんな”独り暮らしビギナーな人”の行動が結果相場まで動かしてしまうと、独り暮らしもベテランで「偶然春に引越しになっちゃった人」も迷惑しますから、ここ社会的な意味でも注意が必要な部分です。
風評敵にちょっと勘弁してくださいな誤解の代表例をいくつかあげていくと
「3月には部屋が無くなる」
※無くなったら大変です”東京パニックになります”(笑
(さすがに2月後半から3月のピークになると動きが早いので、そこに合わせて自分も早く動かないとな部分ありますが)
「私鉄沿線じゃないと暮らせない」
※山手線圏内は想像するより高くありません(勤務先が決まって無い場合等こっちの方が便利かも)
「聞いたことあるだけで一度も行った事の無い街を希望している」
※可能であれば是非偵察してください(通勤時間帯の混み具合も)。聞いた事があるといっても広告的に名前が知れているだけで→相場も高い上に地元住民的には「○○は無いだろ」な街もありますから、偵察の余裕が無ければ「友達とかじゃなく不動産屋さんに聞いた方がいい」です。
(といってもCMなんかでお馴染みの営業会社じゃ情報自体怪しいですが、、)
「電気キッチンは使えない」
※最近はIHクッキングヒーターが1万以下で買えます、料理をするのでガスキッチン2口希望とかじゃなければ工夫の範囲でどうにでもなります(電子レンジの利用であるとか、お湯沸かすだけなら電気ポットの方が楽だし)。電気キッチン(ミニシステムキッチン)の部屋は賃料もかなり安くなるので「事務所っぽいスカッとした1Rマンションもいいな」な場合には「電気キッチン大歓迎」な方がコストパフォーマンスの高く広い部屋がみつかる。
こういう部屋がカッコいいってのも忘れずに
 ↓
http://retour.seesaa.net/article/45638505.html

防犯やら築年数や構造とか半ば”恒常化している誤解”はこちら読んでください
 ↓
http://www.retour-tokyo.com/txt02.htm

■確かに独り暮らしビギナーの場合、まだ「自分なりの個性的な暮らし」ってものも固まっていませんから、あまりに個性的って部屋より最初はコンベンショナルなタイプの方がいいって側面はありますけどね(なので”バカ安”的選択のように欲張らない方がいい)。
それこそ、自分らしい部屋探しは独り暮らし10年選手ぐらいから考えてちょうどいいぐらいです。

後忘れちゃいけないのは「東京は銭湯が多い」ってところですね、
スポーツクラブも多くありますから、立地によっては『3点ユニットの部屋』はかなりリーズナブルな選択です(賃料3千円差があれば週に2回帰宅の早い時には銭湯にも行ける)。
確かに慣れも必要ですが(3点ユニットの場合便座カバーが無い方が便利とか)、慣れてしまうとバス・トイレ別よか便利って人がいるのも確か(バス・トイレ別的和風な暮らし希望の場合「和室希望」で探す方がみつかりやすい)、
逆説的には”究極のバス・トイレ別”=『風呂無し』です。風呂無し探しのコツは営業時間など”銭湯の内容”ですから、この辺のチェックは必須です。
 ↓
http://www.1010.or.jp/search/index.html
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/indexb.htm



などなどですね、
とんでもない勘違いしちゃう場合もありますから春の部屋探しには十分ご注意を。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック