ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< July 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

部屋探し暴論・上

2009年02月11日

あえて暴論で問題提起してみようと、
こんなテーマです。
心理学的に言えば『カウンター論』みたいなものなんですが、話を意図的に極端(乱暴)にしてみると、大きな流れが見えやすいって”一種の証明法”みたいな話です。

「心理学・日本の不動産賃貸の文化的特徴(基本的に即入居の内容設備が保障される)」これを合わせて考えると、部屋探しにおける希望の優先順位ってのは
『圧倒的な○○と枝葉末節のナントカかんとか』ではなかろうかと、
こう思うわけです。

ひとつテーマを絞って話を進めてみましょう
「ペット可」
えー即ち「実際ペットが飼えなきゃ意味無い」ですよね、
誰が考えてもそうでしょう。
このケースでは圧倒的優先順位が成立しますよね
(既にペットを飼う時点で部屋探し的選択肢が”ペット可”に限定されるトレードオフは自己決定として選択済みになる)
トレードオフ参考:http://kagewari.cside.com/blog/2007/04/post-eccb.html
そんな「圧倒的優先順位」に僅かにキャラクター付与してみると、
「あなたが”愛○家を自称するなら”ペットの希望が第一でわ?」な論理も成り立つ。
こう考えると「圧倒的な優先順位以下のナントカかんとかを理由に部屋探しの判断を行ったとすると行為そのものが矛盾している事になる」ワケです。
これ矛盾しない事例は「なんせペット可と限定される選択肢だったので、圧倒的な優先順位以下のナントカに”圧倒的な問題があり”どうにもNGだった」となるのでこの時のNG時に体感される認知は”残念”になります。

意外と難解な話なってますので(笑
よーく上記の設定読み直してみてください。
<もとい>
となるとー
NG選択時の理由と体感認知が「残念ではなくスーッとNGである場合」論理矛盾が成立している事になる。

なんとこの現象は大問題なんです、
エライ事実が証明されているんですよ
「私は愛○家ではない」
ってここアイデェンティティーにも関わる重大事ですよね。
極論「ペットを飼おうって選択そのものが軽率だったかもしれない」
この部分ってペット飼ってうん十年とかのベテランからビギナーに対する警告としては定番の話でもある。

この説話が意味するもって、心理学的に相当深いもんじゃなかろうかと。
次回はそこいらへんに踏み込んでみましょう。

<つづく>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック