ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

『国策捜査』その後(1)

2009年03月26日

民主党内が揺れているというかブレている、
起訴にタイミングを合わせたこのリークが効いた
小沢氏秘書、虚偽記載を大筋認める供述 東京地検

今回の捜査の問題は検察関係者からも「起訴が政治資金規正法違反だけなら大問題」「まさか政治資金規正法違反だけか」みたいな話になっていたので(それこそ別件で引っ張る時の名目ならいざ知らずみたいな)、24日の起訴が「政治資金規正法違反だけ」だった次点で事実上小沢サイドは”潔白が証明された”→事実上の検察の敗北宣言と受け取った。

違法献金:総選挙前の立件、検察OBも「なぜ?」
クローズアップ2009:小沢氏秘書起訴 異例の立件に波紋
代表秘書逮捕、検察強制捜査への疑問
底割れしている「西松」捜査


なものだから、当日夜に報道された上記の検察リークは(最初はNHKかな)この論議の中ではたいした意味を持たない筈なのだけれど、既に大手メディアの報道は「何をしたかではなく怪しげなゼネコンから政治資金を集めた政治家だからいけない」→法律を犯していようが犯していまいが小沢はNGだ的報道にシフトしていて、
大逆転の可能性は逮捕された大久保容疑者の無罪以外には無いかのような方向に突っ走っている。
(検察としては大久保容疑者が有罪なら検察は何一つ批判されるいわれは無いと)
ご存知のように同じ西松建設から多額の献金が自民党にも流れているのだけれど(それこそ公共事業の云々から言えば職務権限のある自民党に献金しなければ西松の献金の意味がナンセンスになってしまう)、既にジャーナリズムとしての調査報道の能力の無い報道メディアは検察リークの広告塔のような存在なので”ネタが無いので報道しない”方向で、ニュース編成は小沢は辞任すべきの一点張りになった。
(マスキング効果でさっぱり自民党への追求は無し→これをやると事実上の検察批判となるので極めて消極的な報道になっている:明らかに現在の大手メディアは検察批判はタブーになっている)

と、こんな状況の中ボツボツ世論調査の報道も出てきて、
小沢は辞めるべき的数字は各社6割ってところで、
続投の数字は麻生政権の支持率とどっこいどっこいって感じになっている。
実際のところメディアがこれだけやって、小沢支持の数字がこれだけあるのは「想像以上に多い」ぐらいなんだけれど(24日の事実上勝利宣言の裏付けとしては十分)、選挙を控えた民主の議員の腰が引けた。
(前原グループの何やかにやは確信犯なので別論議→この人は既に親自民に近い)
この腰の引けた対応を大喜びしてメディアは報道するものだから(あたかも民意を得たりであるとか自身の報道は世論を背景にした正当なものであると言わんばかりに)、報道の劇場化は以前より拡大している。

○○○○アの時に検察に借りのある○○の報道は徹底的で
「一郎」は変わらなかった 政治部長・乾正人
(この記事中に登場する「いただけないコメンテーターの面々」というのはどうやら前述リンクの元東京地検特捜部・長崎地検次席検事の郷原氏らしいんだけれどもその論旨はメチャメチャで、ここは前述の郷原氏のコラムを読むとよくわかる)

ここで大手メディア以外の報道はどうなのか?というと
インディ系の地域経済コンサルサイトにおけるニュースだとこうなる
西松献金事件 「検察リーク」に違法性はないか (3)
小沢代表続投 しっかりしろ民主党


報道における問題を考える参考に
産経記者「記憶なし」連発 養護学校の性教育裁判

そしてTV局のなんたるかと考える参考に
テレビ局の電波利用料 「安すぎる」という批判


特別な解説なくても、全体の動きを俯瞰で見れば何が起きているのかよくわかると思う。
果たして小沢氏はどうするか、
辞任カードを有効に切りたいところなんだけれども、追い込まれて切ったのでは○○の思惑通り民主の支持率は後退するだろうから、
政権交代を最後の政治目標にしている彼としては「そう簡単には」とも考えているでしょう。(郷原氏の予測では○○の報道はほとんど○○の意を汲んでいると見切って、情報を逆に利用して○○の意図は”小沢氏は辞任、うまくいけば議員辞職もあり得る”ので少々無理筋の捜査をしても検察が批判される事は無い→ここは○○○○ア捜査の時と同じ作戦と考えていて、となると、おとなしく小沢氏が辞任すれば○○の狙いどおりに事実上の勝利宣言となる)
「そう簡単に辞任」すると別の意味にもなってしまうからだ、
しかもそれが腰が引けた同じ民主の議員からの批判だとすると、
彼もいくらなんでもそんな連中に引導わたされたくないと思うでしょう。
(大連立失敗で辞任しかけた時とはスケールが違う)

これは半端じゃ無いですよ。
昭和における事例と違って黒幕のように『絵を書いている首謀者がいない』、
心理学的に言うと「共同幻想の崩壊過程で、旧来のシステムに既得権益を持っている階層が”共同幻想保守のための抵抗”を各人が”各人の利益”でバラバラに動いている」、つまり明快な共謀関係は無く(共同幻想は崩壊しているので)、○○の利益は○○の利益のような既得権益の癒着構造の中でこれは進行していて、
このやり方がアリなら○○はいつでも好きな時に強制○○を恣意的に可能なのであって、
同時進行しているこういう話に重大な関連を持つ
内閣人事局長職:首相「副長官兼務で」 まとめ指示、党内は「専任」要求強く
内閣人事局長は事務方の官房副長官に 漆間氏で大丈夫?

そして○○の捜査で、麻生おろしの自民の動きが止まったのもご存知のとおりで
タイミングを合わせて今この状態
衆院解散 補正予算案の国会提出と成立の時期が最大のヤマ場と古賀氏

なんか妙な感じがします。
この雰囲気は第二次世界大戦に突っ込む時の「共同幻想保守のための抵抗が反動化」なるプロセスに似てなくも無い(あの戦争も明快な首謀者がいないのが社会心理学的特徴でした)。
それほど大事が起きるワケじゃありませんが、
心理学的予測として
”成熟民主主義社会へ時代がシフトする事への漠然とした抵抗”
これが既得権益のある組織全体に蔓延しているのかも知れません。
(経済の面でいっても”成熟民主主義社会へのシフト”はマスメディアの広告戦略にとって極めて不都合で、世論の恣意的誘導力を保持するために個性化の時代・自己責任の時代を好ましく思っていないのは確か)

この問題は微妙な局面迎えていますね。
小沢氏批判相次ぐ=公然と辞任要求も竏猪ッ主
上記記事中に「ある若手は、テレビで会見を見た支援者から「支持をやめた」と告げられたことを明かし、「辞任を期待し見守っていた支持者や議員の不満が噴き出している」と嘆息」なーんて出てきてますが”そのまんま”です。

どうなることやら

<つづく>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック