ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

床面積と有効床面積(1)

2009年06月29日

造語的にはその類型として”有効壁面”なんてのも考えられます。
実際「どれだけ使えるか」って話ですね、

何に使うのかって要素もあるので一概には言えないのですが、家具レイアウト等簡単に”決めやすい”のが縦長の部屋であるのは事実です。
空間デザインの要素が皆無で済みますからね(笑
「いかに並べるか」だけかと、
しかし、道路に「路肩」の概念があるように壁面一杯リミットゼロでピッタシ使い切るのも滅多な事じゃできません(ひたすら本棚だけ並べる等の単一用途は例外)。
ソファーにしても空間にポンと置けば背面の活用度は空間的には距離ゼロなので、
「路肩」になぞらえて考えるとすると「置きシロ」みたいな部分は存在するのであって、これは余裕のある空間にポンと置く方が”単体での設置効率”は高くなります。アクセス経路も全方位になりますし、
そんな意味では正方形に近かったりベランダバルコニーに対して横長(有効壁延長は短くなっても)有効度は”広い”と考えられます。

といってもこれは一般事例で当然例外的な要素もあります。
1R等の設計で廊下っぽく伸びている”微妙な幅の空間”も「収納棚なら置けそうかな?」と思えれば(部分的な単一用途になるので)有効壁を使い切る形で効率よく部屋が使いきれる場合もあるのです。
縦長横長論争も30u超えるようなストゥディオであれば縦長でも十分幅が取れるので、むしろ縦長の方が有効壁延長が生きる形で広々使えます。
(この場合2部屋が並ぶように空間を二つに切り分けるのがコツ)

実は一般事例における”正方形に近いとか横長の部屋”の場合も空間デザインのセンスは必要なのであって、
こういう時こそ「空間を切り分ける部材」があると便利です。
事務所のようなパーテションでは面白くありませんし、素材感がイマイチの所謂ひとつのカラーボックスでは部屋の質感も軽くなってしまいます。
参考までにこんな感じの部材が便利かも
http://item.rakuten.co.jp/hokurei/c/0000000243/
(DIY慣れしている人なら東急ハンズでシナ合板をカットしていくらでも自作可能ですが、案外表面仕上げが手間なので、上記リンクのような商品は使えそうですよ)
通販なんかで「収納とパーテションがセットになった組み立て式の家具」なんかも簡単にみつけられますから、マンションなんかで玄関からいきなり居室が丸見えなんて時には使えそうです(ここも玄関を空間として切り分け)。

広いからとソファーを置いて自爆する人も多いと思われなので(シングル用途でソファーが有効活用されるケースは稀→日本人は結果ソファーを背もたれにしちゃって床に座る人多数)、空間を仕切ることを優先させるほうが決まりがいいかもしれませんよ(笑
「後から必要な家具を選別する」みたいな、

手法として盲点なのは「床面のコントラストで空間を仕切るって」方法です。
確かにフローリングストゥディオのお部屋で「ここから寝室」のように麻系のラグを敷くだけで”心理的に部屋のイメージから切り分けられる”もので、
同じ柄のカーペットをカラーリングだけ変えて並べるだけでもひとつの部屋を二つに仕切る事が可能でしょう。

部屋の広さに不満があるなんて時には案外上記のような手法で、効率的に使えたりする事もあるかもですよ。
安易に引越しを考えるより前に「無駄に家具が並んじゃってないか」考えてみたいところです。
和室なんかの裏技には、押入れの襖を外してしまってオープンにしてしまうほうが俄然部屋は広く”感じます”。
さて、その押入れをどうやって使うのかって部分もノウハウですけれどね(笑


<つづく>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック