ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< August 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

個室感と開放感どちらを優先させるか(2)

2009年08月06日

自室って言えば鍵けられますよね(笑
ところがパブリックな空間はそれはパブリックなので鍵がかかる筈が無い
つまり開放感と自室におけるプライバシーって矛盾する概念なんですよね
ここで不思議な錯覚が発生するのは「家族時代の記憶」だったりするんです、
つまり心理的には「不特定多数の人間が鍵を共有」しますから一戸建てにおいては開放感ってイメージは確かに存在します。
これも実際に広い家に暮らしていなくても、鍵の開く回数が多いというか人の出入り自体が開放感にかかわってたりします。
鍵を共通管理する分空く回数多いみたいな、

ミニマルコンパクトはその逆説なんだと思います、
部屋を個室に限定する分喫茶店の利用など生活に開放感がある、
東京シングル考えていくと、ここは景観含めた”見出しのよさ”にも関わるんですが、カーテンが厚いと結果同じになっちゃいますし、難しいところです。
となると、
「高層階北東向きのマンション狭くても可」とか、
「木造アパート一階」とかであって、
(木造平屋一戸建てが開放感最強なのはご存知のとおり)
一番損なのは”なんとなく広めの部屋にしたけれど賃料の割りにあまり変わらない”パターンになるんでしょうね。

やっかいなのは開放感重視でせっかくドドーンと1Rを見つけても、寝室が丸見えとかに抵抗あるとこれは趣旨が違っちゃいますから。
どこかで「方向性の選択」って決めちゃった方が吉でしょう。
私の経験から言えば「エントランスから居室に至る導線」ここはどうしても関係してくるので、概して木造アパートの方が開放感が高いのは事実です。
(エントランスからの導線含めてって部分で言えば木造アパートにおいても2階より1階の方が開放感は高い)
オートロック論なんかで言えば「やはり通過する鍵の数が少ない方が開放感が高い」って事かも知れません。
となると(ドドーンと1Rは例外として)僅かなu数の差は関係無いのじゃないかと、
むしろ建物含む構造が重要なのかもしれません。
※窓の多さはケースバイケースなんですよ、高級分譲系マンションの角部屋と通常タイプのストゥデイオで下り天井の位置などから角部屋の方が窮屈に感じた経験あります(しかもu数は角部屋の方が広かった)。

以前井の頭線方面の調査で残念ながら内見には至らなかったんですが「2K木造アパートで家主さん管理の庭をめでる事ができる2階」なんて凄い部屋がありました、
こういったタイプを狙うと随分違うと思います。
+αで元和室や和室系を狙うって戦術もアリです、ふすまのある設計なら間取りは高級ストゥディオでなくても「あけちゃえば1R」って結構多いです(寝室を隠したい時には閉めればいいのでとても便利)。
※この辺の狙いを失敗すると「賃料だけあがった」みたいになってしまう

個室感と開放感、
なかなか難しいテーマですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック