ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< August 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

PCとラジオ

2009年08月12日

PCがすっかりTVに代替する存在になって、現代社会の自宅での寛ぎの形は随分と変化しました。収益の悪化も関係しているのでしょうがTVは番組コンテンツにも弱さを見せていて(相対NHKの視聴率が好調であったり)「何を見ているではなしTVの前のソファー」的な世界は大幅に後退しています。
思うにシングルライフの場合にはソファーそれ自体へのニーズも後退しているのでないかとすら思います。

そこでPCを中心に考えれば”ながら”でむしろ邪魔にならないのはオーディオであったりラジオであったりしますが、オーディオに関しては「機器を操作しながら」な要素があるので(できればオーディオはオーディオ単体で視聴してほしいところでこちらにはやはりソファーが似合う)案外注目なのはラジオかもしれません。
『知っている人の間では常識』のひとつにPCからのノイズがあります、
オーディオ機器や特にラジオにとってPCからのノイズを避けるのは非常に難しいもので(PCはオーディオ機器のようにノイズ元をシールドする等の贅沢な設計はしない)、USB接続のAM・FMラジオがほとんど存在しない理由はPC本体のノイズが激しくて良好な状態での視聴が難しいからでしょう。
そこで80年代辺りには絶滅した存在「ラジオだけのラジオ」なんて存在に案外ニーズがあったりします。
※以前は単体機種を置く家電店も少なかったですが、昨今「ラジオだけのラジオ」で、しかも携帯カード型ではない機種がズラッと売り場に並ぶ光景を目にした事があります。

果たしてPCと「ラジオだけのラジオ」、
これでどういった空間を設計するとそれらしい格好になるでしょう。
イメージとしてはそのまま喫茶店でPC開いている状態に近いかと思いますが、これを自宅でとなるとなかなか難しいですし街の喫茶店は歩いている状態に比べればはるかに楽ですが自宅で寝転がっている状態をデフォとすると「必ずしも楽ともいえない」でしょう。
第一喫茶店の寛ぎには少し前の開放感の話じゃないですが広い窓から外が見えるとか洒落た内装などの演出あってのものです、
しかもPCはソファー的な姿勢角度だと腰に負担がかかるので使えない。

さて困りましたね、
「ラジオだけのラジオ」代表的な時代って戦前・戦中ですよね。
ラジオとPCで肩もこらずに場合によっては仕事もできる、
ズバリ『卓袱台と座椅子』でしょう、これ
現代版として考えてみると
ここ卓袱台もリアルウッドのしっかりしたものが欲しいところですし、
フローリングであれば化粧畳など敷いて、
座椅子選びも重要でしょう。
ノートPCであれば軽く傾斜をつけてセッティングすればバッチリと。

案外高級ストゥディオなんかにも似合うスタイルかもしれません、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara at 10:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
・R-801AというONKYOさんの10年くらい前のレシーバアンプ(AM+FM入感)+サラウンドSPを2つ。
・USBインタフェースでPC(メディアプレイヤー)接続とR-801Aを接続。

というアーキテクチャで10年以上暮らしています。デスク上で食事、工作、アイロン、裁縫全部出来ます。都心の1RでもOK。どうでしょ?

ちなみに椅子は自作の30年モノのスツール1つだけ。
Posted by einen at 2010年10月02日 16:24
自作ってところが素晴らしいですね、
昔はオーディオ関連と言えば自作だったものです(笑
(事この場合椅子もオーディオ環境と言えるでしょう)

実は私は”アンチサラウンド派”でして(長岡氏推奨のSPマトリックス接続もどうかと思うぐらいで)優れた2chSPの再生はサラウンドなどの必要が無いと考えています。
ピュアオーディオ的にはPCから発生されるノイズは厳禁なのですが現代社会においてはそうとばかり言ってはおれませんものね(笑
(私も動画関係はほとんどPCですから、、)

ひとつアイデアですが、
(実際は私視聴したこと無いのでまったく無責任な提案です)
部屋がコンパクトで、ニアフィールドリスニングの場合高級のヘッドフォンを使用するってパターンも王道のひとつです。

ヘッドフォンでハイグレードと言えば泣く子も黙るスタックスのコンデンサーSPでしょう。
『STAX SRS-2050A』
コメント欄ではHTMLが使えないので、
サイドバーのamazonリンクに入れておきます。
(トップページだと表示されます)
お勧めです。
実は私も一度聞いてみたい(笑
※PCからノイズ入っちゃう時には何かシールド必要かもですが、そこは自己責任でお願いします。
Posted by kagewari/iwahara at 2010年10月02日 17:12

この記事へのトラックバック