ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

環境と暮らし(1)

2009年09月30日

鳩山政権がぶち上げたCO2の25%削減って話を題材に住居ベースでちょっと環境問題を考えてみましょう。
といっても25%削減は条件付きの話ですし(他の先進国や発展途上国を合意に引っ張り出すため)、学界では「そもそも温暖化にCO2は無関係ではないか?」で論陣張っている学者さんもいますから正面から真面目に25%削減を考えようって事ではありません。
『環境問題』って言うとカッコがいいからです(笑
この言葉はなかなか優れもので、ズバリ「ケチに徹するとCO2も削減される」って事ですものね。

とはいえ一方的に「ケチ」だけじゃ環境対策とは言えません。
生活するのもスレスレじゃ意味が違ってきちゃいますから、工夫や投資をして「割りに合うケチ」を考えたいところです。
ちょうど先日retourのレポートで紹介した「キャンプ・シャワー:2,205円」(太陽光で水を温めてシャワーに使うという基本アウトドア用の商品)といい、
コフラン:キャンプシャワー【防災対策】
B002EVXDNY

(当然そのままの利用法で紹介したものじゃありませんので、えー何に使うと便利なのか考えてみてください)

先日紹介した「太陽光発電エネループ充電機:17,650円」といいSANYO ソーラー充電器セット 「eneloop solar charger」 N-SC1S
B000PKHTLS


この辺の商品って単なるケチとは言えない面白さがあるので、そういった延長で「ちょっと面白い投資をしつつ」住居におけるCO2削減を考えてみましょう。
retourのセカンドルームレポートでは「ガスの契約を切ってみたら」のような”自分勝手なオール電化”みたいな話に触れていますが、基本省電力的生活にチャレンジしない事には大きな前進ありません。

・コンビニがあるので冷蔵庫は使わない
都市全体でCO2を考えればいいのですから、コンビニを地域の冷蔵庫ぐらいに考えれば無駄がありません。(食材関連は使い切りを基本)
「朝食はトーストで」みたいな生活のために冷蔵庫がマスト(バターやマーガリン)になってはCO2削減の道は遠いと、
すっぱり諦めましょう。

健康のため毎朝牛乳が欠かせないななたは「スキムミルク:325円」があるじゃないですか、
雪印 スキムミルク 225g
B0015PSLOQ


野菜関係は専門の収納庫(クーラーボックスとか使えるんじゃないでしょうかね)があれば1日程度は大丈夫でしょう。
シングルライフなら「冷蔵庫撤去作戦」案外いけると思いますよ。


・電気製品は限りなく電池駆動を基本とする
この辺から話は本格的になってきます、
発電って夜間電力が安かったりしますが、これはそもそも発電や送電ってインフラ自体が無駄だらけっていうか(技術的に)流しっぱなしみたいなものだからで、
なんでしょうね〜
言うならば都市全体のCO2を考えるなら”ピークの使用量が減らないと意味が無い”のです(難しい話は電気に詳しい人に聞いてください)。
ですから『ぶっちゃけ夜は使っていい』(笑

<つづく>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック