ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< January 2020 >>
SA MO TU WE TH FR SA
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)
RDF Site Summary
RSS 2.0

住居における合理性(2)

2010年02月12日

合理性といえば理屈に合っているだとか、理に適っているなど『理(ことわり)』が前提であって、何か常識的なまとまりとは全く関係ありません。
心理的に考えるならば「能書きが語れる」だとか『理(ことわり)』意味そのままでも「もっともな」だとか「わけ」とかで(語源的には『ことわり(断り)』と共通のものと説明される辞書もありますね)。
ザックリ言えば「何何がこうである」と自分なりに語れる「ワケ」というか「理屈」があるだろうかって事ですね。(そう決断する”ことわり”でもある)

つまりそれが予め(常識のように)予定されているのもおかしな話ですから、個性化時代の特に”東京シングル”などの階層にとっての合理性と言えば「個性の間との道理」といいましょうか「そう(自分を)名乗る中で語られる内容(わけ・理屈)」のようなものとなります。

前回のエントリーに補足するならば、
「個性との関連性が本命」となりますから「=非常識」では決して無いのですが、偶然一致する常識的選択の中でも(その中でも)少々非常識かなと思える部分が「個性としての道理」となりますから(笑
(モロ心理学の話になってしまっていて少々難解になってますがご容赦くださいっ)
選択が「常識的?非常識的?云々」では無くて(それは当然「大上段に非常識宣言」するもの当然大アリです)、非常識とも見えるところ(不条理)に個性が実存するひとつの証明みたいな話です。
(ここも実存主義ほど大上段な話じゃないのですが、えーそれに類する話みたいな)

わかりやすい言葉でたとえると『チャームポイントの選択(とか宣言)』でしょうか、
「部屋探しでそんなに複数の選択肢なんて無いでしょ」なお言葉も聞こえてきそうですが、その判断から常識的過ぎなんですよ。
『街選び東西南北・安い方なら選びたい放題・SOHOなど仕事と関連すれば賃料が高くてもワリに合う』これだけでも選択肢は山ほど出てきます、
東京の面白さはこういった自由度であって(というかだから東京に暮らしているんですし)、それを最初から「選択肢なんて無いでしょ」と言っていたら東京の暮らしを選んでいる事そのものへの論理矛盾になってしまいますからね。
(東京の場合「転職」すら選択肢なんですし)

自分の中で辻褄が合うってこういう選択かな?
心理的にはこういうところが本音対決的にプルーフされていないケースって現代社会の場合多々ありますから、意識的にシミュレーションしておいて損無いのですホントの話。
肩ひじ張らずに気ままに選びたいものですよね、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック