ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

「リビングルームにWeb」は成功するか

2010年05月22日

ソニー、Intelと「リビングルームにWeb」目指すGoogle
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/21/news060.html


記事中でも「だいじょうぶだろうか」的レポートになってますが、この話は言うなれば「リビングルームのTVの使い道は何か」みたいな時代の変革と表裏一体の話でしょう。
インターネット回線を利用した動画コンテンツ利用者は拡大に増えていて、しかもニコニコ動画運営の調査では「頻繁にネット動画を利用する人はほとんどTVを見ない」といわれています。
時計代わりとか音声無しでニュース映像だけなんとなく流している存在のリビングのTVが積極的な利用とは言い難いですし、映画視聴などもオンデマンドストリーミング再生が中心になっていくとますます動画を見るならPCって話になります。
かといって、PCの売り上げ中心は勿論ノートPCですから、大画面の可能性は外部モニターぐらいしかありませんが果たしてノートPCユーザのどれだけが外部モニターを利用しているかと言えば「少数派でしょう」。

その隙間を同考えるかって各社考えているところで、
ソニーとGoogleの動きはネット動画コンテンツの拡大を前提にリビングのモニターをどうやって積極的に活用するかというアイデアのひとつんなんでしょう。
(TVモニターにブラウザをって考えは以前からゲーム機で可能性が模索されたワケですし)

どうでしょうね(笑
成功するか否かわたしにもわかりません。
ですが、使い分けとしてノートPCのビデオ処理には限界もある上に外部モニターしか手法が無いならそれが独立した「リビングWebTV」でも一向に構わないわけで(動画関係と言えばエンコードなどマシンパワーにも厳しい処理も多くWebTVが外付けHDDから多数の動画形式に対応するとか付属の記録媒体に簡単にDVD形式で落とせるとかノートPCに苦手な分野もこなすとちょっと違ってくるかもしれません)、どんなものになるんでしょうね?

メディア論から見ても大御所であるソニーとIntelそしてGoogleが協力して何かやるってパワーはあなどれないでしょう。
ちょっと楽しみですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック