ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

玄関ホールを造ってみる

2011年05月21日

部屋の広さと言うかグレードに大いに関係するのが『横玄関』や『横長向き6帖間』なのはご存知のとおり。この辺の間取り内容が大きく部屋の広さを”印象”としても”実用”としても拡大するのはもっぱら”玄関からの見出し”につきます。

実際のところ頻繁宅急便が来る部屋というのもそうないでしょうし、新聞勧誘やらいきなり営業など昨今はそれほど猛烈という話は聞きません(オートロックやTVモニター付きインターフォンの普及もあるかもしれません)。
※ちなみに昨今に渡って続いている問題としては『迷惑チラシ』ってことかと

話は戻りますが、それでも玄関ドアが居室から視界に入る事は心理的にも落ちつかないもので間取りDKであっても居室との間の引き戸をいつも閉めるというよりは「開けっ放し」の人の方が多いのじゃなかろうかとも思います。
プライバシーエリアは思う以上に心理的効果大きいですから(茶室のデザインじゃないですが)、想像以上に『横玄関』や『横長向き6帖間』は高い効果を持ちます。
構造的に逆算すれば「1Rなどの間取りでもいかに玄関ドアと居室間を分断するか」がテーマになりますから→必殺の答えは『玄関ホール』です。

間取り設計上3DKや2Lなど間取り内に廊下構造を持つものは事実上玄関ホールを備えること多いですが、勿論シングル向けの住居の場合少なくなってきます。
(それでも2×4高級木造アパートなどでは案外多いかも)
一見床面積を無駄にするように見えますが、
いえいえ玄関ホールの有無と居室の”自分の部屋度(プライバシーエリアの確保)”は大きく違うものです。
※無駄に広いので有名なDKタイプですがガス2口派のみなさんに衰えない人気を保っているのも(構造として玄関ホールは無くても)なんとなく玄関部分が入り組んでいたり、マンションの1Rと違って玄関が端にあって居室からは存在が気にならないなど『玄関ホール効果』が出やすい間取りという側面あるのじゃないかと思います。
「伊達に無駄には広くない」のかも知れないですね、


前段の流れを引き継ぐと今回のテーマは1RマンションやLDK並にデカイDKをリビング調に持っていきたい場合のテクニックとなります。
以前同様の企画で『家具で仕切ろう』的にいくつか使えそうな間仕切り家具を紹介したことありました。
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/159286683.html
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/159286684.html
今回は入手の容易なパーツで工夫できないかと考えて具体的に部材の紹介は無しとして、いくつか作戦を挙げていきましょう。
・『暖簾(のれん)を使う』
・『コードスクリーンを使う(これも暖簾の一種”ひものれん”です)』
・『靴箱の上にグリーンを置く(日照少なくもOKなものになりますが)』
何やら調べてみるとコードスクリーンには(効果のほどはわかりませんが)花粉吸着効果のあるものまであるようで、デザインだけでなく効果の点でも使えるかも。
※各商品はそのまま名称で検索すればみなさん普段ご利用の通販サイトで普通に探せます。

又、突っ張りポールさえあれば設置可能なアコーディオンカーテンもあるようで、これも使えそうです。アコーディオンカーテンの場合には玄関直後に設置するというより1Rを1K化するような居室直前に設置すると効果的かも。

注)玄関ホール的効果を狙う場合ですが「仕切ってみたが玄関が真っ暗」となる可能性もあります。(設計から玄関ホールがある場合まず100%玄関専用照明がある)この場合にはクリップ式などの簡易間接照明などを置いてみると更に”それらしくなる”かもです。

上記部材は一見「何の役にも立ちそうに無い代物」に思っちゃいますが、バカにしちゃいけませんよ、飲食店の座敷であるとか喫茶店のボックス席の仕切りなど『あると無いとでは大違い』なワケで、シングル1Rなどをグレードアップする場合には「見落としがちだが効果的な部材」なのです。
■動線をS字にするだけならば(ちょっと玄関狭くなるかもですが)対抗面に文庫本やCD専用の奥行の浅い本棚をオフセットで配置するといいかもですね。

+α的には東北大震災の避難所における設置で有名になった簡易パーテションの応用で、居室部分全体を仕切るのではなくって、その部屋の中の仕事スペースやベッドの周囲だけを腰高程度の間仕切りで仕切ってみるという作戦もアリに思います。
パートパートを仕切る事で心理的に集中力高まるとかプライバシー度の向上が期待できるだけでなく、こういう対策すると「外乱騒音に敏感な人」もそれほど音がきにならなく可能性もあります(低音域は無理ですが人の声など中高音にはそれなりに遮音効果があるだけでなく”囲われる事”により自分周囲の音メインの空間になる)。
 ↑
簡易パーテション系に関しては回を改めて考えてみたいと思います。
(パーテション効果のある家電というアイデアもアリではなかろうかと)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのトラックバック