ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

『ガス2口希望』の憂鬱

2011年06月26日

今回はシングル向けマンション限定の特集です。
注)最初におことわりしておきますが、今回は話をわかりやすくするためにかなり極端な論議となってます。

ズバリ木造アパートで所謂「ちょっとオンボロ1DK和室」であればほぼ100%2口のガステーブル設置可です。反面間取り変更含む全面リフォーム(リノベ)されたアパートや特にマンションにおける2口ガスコンロは『それを限定にすると相当な数の有力候補が落ちる』事になり、統計的に言えば「6割以上の候補を捨てても2口ガスコンロがマストである」という料理好きなどのフラグ抜きにしては成立しない事になります。
 ↑
この辺の感覚はretourが「広範囲な仲介調査専門」というちょっと異例な業態であるためで、一般的な管理会社系街の不動産屋さんでは実感無いかも知れません。
理由は簡単で、母数というか落っこちる候補が目に見えてハッキリすることが体験としてどれだけあるかって差異はそれなりに大きいと言いますか、常に調査母数が100件以上で平均300〜400件の調査やっていると条件設定によって実数として母数が大幅に変化するのがわかります。

▼参考までに”あくまでも概略”ですがretourにおける一般的な(シェアやペット可などを除く)調査の統計的分析としては”平均ベース”で母数に対して1%前後(母数100件で一件)が候補資料として抽出されていて、その候補が内見に至る確率が6割ぐらいなので=空室母数に対して内見候補となる確率は0.6%前後となります。
その内見候補の中で申込みとなる確率が3割ぐらいなので「条件が厳しくていきなり母数が半分」となるような状況は相当に思い切った優先順位の明快化となります。
確率論的には「何といっても母数の確保」が有力な選択肢発現の可能性を担保しますから。

事前の知識として再確認しておくと、
古築木造和室1DKとかならほぼ大半が2口ガスコンロ可で(イメージとしてはキッチンではなくて台所DK)、間取り変更含む洋室フローリング化とか、シングル向けマンションで2口を探すのは『結構大変』なのです。
極端に言えば「シングル向けマンションの場合カスコンロ2口にしないのが常識」ぐらいの勢いですから(ここはB・T別論議も被りますが)、『マンション希望』と言えば『2口ガスコンロやB・T別には拘らない人』でなければ論理矛盾になってしまうのです。
(ユニットミニキッチンや3点ユニットバスで電気コンロやガスでも1口なのが”マンション”なのですから。)

ある意味
「2口ガスコンロ希望」→「なるほど木造アパート希望ですね」なんですよ。
(B・T別にしても同じような事言えます)
実際居住性能単体で考えれば日本の風土においては木造住居の方が優位にあって(一戸建ての大半は木造)、高級木造アパートが決して多く無い事が問題なのですが、
上記の前提の中で現代建築において『シングル向けマンションの2口ガスコンロやB・T別』と言うジャンルはどういう位置づけかと言えば(マンションは設計上水回りを優先すると相当にu数を食う)=高級シングルとなります。
つまり
「マンション希望で2口ガスコンロできればB・T別希望です」→「なるほど賃料高めの中堅〜高級物件が希望ですね」なんですよ。
(勿論当初から中堅〜高級価格帯希望であれば問題ありませんが)

この辺の事前の知識というか、日本におけるマンションの位置付け(文化住宅に始まり公団大規模団地を経て分譲から都心部の賃貸へとの変遷)、これは決して高級を意味しているものではなくって(都心部における洋風生活的モダニズムは例外)、高級マンションはマンション全体における独立したカテゴリーですから、高級=一般的なマンションの属性ではありません。むしろ日本のマンションの属性は『合理性』です。
ですからエアコン設備やミニキッチンであるとか3点ユニット等が合理性の概念としても(設計意匠としても)王道です。
簡単に言えば「割り切っていきましょう」てなのがマンションです。
(※常に例外はありますから昭和モダニズムを求めてレトロ分譲マンションなど往年の高級物件を格安にって世界も別途あります。)

木造一戸建てのミニチュア版は「やはり木造アパート」なので、マンションの合理性と2口ガスコンロは概念からして矛盾する場合多い『憂鬱な条件』なワケです。

声を大にして言いたいのは(笑
「マンションの場合は合理的に考えていただきたい」
という事ですね。
元からが洋風のライフスタイル適正の高いマンションですから(最強なのがホテルグレード)、1Rマンションなんかの場合には昭和の時代であればキッチン室内向きストゥディオタイプが鉄板でした。
ユニットキッチンで「台所的に狭い」場合には(2口希望の2発目はそれほど強い火力希望では無いでしょうから)キッチンワゴンなどの上にIHだとか電気コンロ(今見るとレトロでデザインもかわいらしいです)を増設して”合理的に自力で二口化する”。
或いは電子レンジやオーブンレンジによって2口目を補完するのがベターな選択に思います。 ↑
アイデアとしてですが、
コーヒーメーカーは室内にあった方が楽というのは特別洋風合理性に留まらず、古くは日本の茶の間でも「お茶とポットは卓袱台のところにあった」のであって、電子レンジやオーブンレンジは室内側にあったっておかしい事ありませんし(冷蔵庫も)、この辺のレイアウトを使いこなすってとこが合理性が売りのマンション属性に合った『賃貸強者性』というか『マンション適正』とも言えるワケです。

いくつか武器になるアイテムをあげておきますと、

価格2,100円
イズミ 電気コンロ IEC-105 オレンジ
B000OBOLIM


価格8,700円
Panasonic IH調理器 ホワイト KZ-PH31-W
B002Q8H08Y

(最近はIHも余裕で1万切ってます)

価格20,480円
SANYO 電子レンジ スチーム&グリル EMO-FM23D(W)
B003QTEOTK



この辺の装備があれば「母数が倍になります」。
仲介調査をやっていると『母数が倍』これは大きいですよ(抽出業務的には大変なのですが)。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック