ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

住宅ローンを統計からみておく

2011年10月13日

私は賃貸派ですし会社としても(retour)よっぽど聞き取りして内容を確かめた上でしか住宅用の売買を勧める事はありません。
これは「不動産の現況から」な部分もありますが、専ら「業界事情や政府の政策意図」などから無理があると判断しているためです。

広告性のあるレポートや雑誌特集などではその”無理がある”方向性を(あたかも原発安全デマじゃないですが)実情とは違う方向性で半ば意図的に世論形成を誘導しているのじゃないかという側面もあります。
(広告業界的には電力業界だけでなく不動産関連の広告費は莫大ですか市場原理としてもっともな話でもあります。←そのニーズがあるのも確かなのですし、)

先日なかなかわかりやすい情報記事がありました、

楽天リサーチ「住宅ローンに関する調査」
(借入額は1000万円から3000万円 完全固定金利型ローンが人気)
■住宅購入、「即金で全額」がトップ

http://research.rakuten.co.jp/report/20110921/


今回はあれこれ論説するのではなく実DATAを見てもらうのが何より確かと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック