ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

寒くなってきましたね〜(今回は暖房特集です)

2011年12月03日

どこが温暖化なのでしょうかと思うぐらいです。
これまでも暖房器具の紹介はやっててきてますが、この寒さですから急遽おさらいということで新製品も交えて紹介しておきますね。
(同様製品を実際テストしての紹介ですのでそれなりに信頼していただいてよろしいかと思いますが、完全に同型番のテストじゃありませんのでそこはご了承ください。)
※考えてみればブログとはいえこのレポートは現在価格の確認や新製品のチェックにもなるので季節事に毎回やった方がいいですねこれ、

「あれれエアコンの話は?」と思う方いらっしゃるかもですが、このブログでは当初からエアコン暖房は(乾燥やら上からの温風やらで)暖房に適しているのか微妙って立ち位置から各種暖房紹介してきておりますので今回その趣旨でのおさらいとなります。


■定番のところからいきます。
【電気ストーブ】
なんといっても電気ストーブはヒーター管の性能で効率やパワーが決まります。
各部材で即暖性やら耐久性マチマチなんですが、今現在『シーズ管最強』は間違いないところ。同様タイプのOEMも多いぐらいの定番商品がこちら、

現在価格:1万5000円〜
DAIKIN 遠赤外線暖房機 セラムヒート ERFT11KS
B000JLSXLS

私の知る中で現在非エアコンで電気となるとこれ最強。
ある意味「部屋全体を暖める事のできる”最初の電気ストーブ”」
(多少熱効率は落ちますが”バッタ品”が3000円ぐらいで出回ってます『シーズヒーター』で検索すると見つかる筈。しかし長い目で見た場合信頼性など1万5000円出してもダイキンが上に思いますね、最寄の電気店でダイキンが無い場合でもコロナ(CORONA) のがある筈です、これは完全OEMなので中身は同じです。)


【電気パネルヒーター】
パネルも蓄熱放射版の性能が全て(大幅に電気効率違います)といってよく、中には特許がらみもあるようなので探すと大概同じ系列商品(おそらくOEM)みつかります。
今回紹介のものも(昔のサンラメラとかと同じか?)ほぼ同タイプと思われ、
寒皮症関係で暖房の直射熱が熱過ぎると痒くなるなどの人に最適(前述ダイキンでは強すぎるなど)、
部屋そのものを暖める能力はダイキンに劣りますが、パネルヒーターは『輻射効率』が重要なのです(床暖房ほど広く薄くなると『輻射効率』って概念とちょっと違うように思いますが)。簡単に言えば「パネルの面積」です。
(スピーカーにおける大口径ウーハ−と同じに)輻射効率がよくなれば”空気に対する空振り”や”対流回り込み”が減少し「ビーム状になる照射効率」が上昇します。

ですからパネルヒーターはある程度面積のデカイのが有利で、
見分けるポイント的には「昭和の技術」であれば『最大が1200W級の筈』ですが、
高効率タイプは『最大が900W以下』になってます。
(ココ大変に重要)

現在価格:3万7800円〜
アールシーエス 遠赤外線輻射式パネルヒーター 夢暖望 880型H
B000KDM3L6

価格が高いように見えますが小さいお子さんいる世帯やつけっ放しでも眠れるみたいな安心感はこちらのが上、即暖性は落ちますが実際の利用状況は”弱モード”で長時間仕様のパターンが多くなると思われなのでライフスタイルで選ぶって感じでしょうか。マンションあたりでは見栄え的にもこっちのがいいかもです。


【化石燃料タイプ】
勿論賃貸住宅では石油ストーブはご法度です(単身高齢者での事故もあります)。
カセットコンロ型ガスストーブも安全上お勧めできませんので、選択肢は『ガスストーブ』となります。
『ガスストーブ』にも「ファンヒーター型」と「反射型」がありますが、ファンヒーター型の使用感と言えば「エアコン暖房が下から噴き出してる上に喚起センサーなども頻繁に鳴る(酸素の取り込み効率も悪いようで)」などそんぐらいなら”エアコン使った方が楽”に思うんですよね。
そんなワケで、一見オールドファッションに見えますがガスストーブなら”是非反射型”を選んでみてください。反射型お勧めです。

(古築マンションやAPお住まいの方には室内にガス栓あると思いますが、室内にガス栓が無い場合→マンションの方は諦めてください。木造APの方であればガス栓増設工事は案外簡単なものなので「大家さんに相談」してみてください。NGの場合には1番に紹介した「ダイキン」ですね。又、築浅マンションの場合には気密性高いので元々ガスストーブとの相性は良くありません。→「ダイキン」使ってください。)

現在価格:1万7千693円〜
リンナイ ガス赤外線ストーブ(都市ガス12A・13A用) 【木造9畳/コンクリート12畳】 ホワイト R-613PMSIII-13A
B0012KBA4M

燃焼板が見える事で暖かい印象も強いですし、
ファンと違って遠赤外線効果も幾分あるでしょうこれ。
ファンタイプとか暖かさの内容が違います。
”強”のモードの時のパワーは今回紹介した中でも最強。
「窓の結露に注意してください」ってほどの性能あります。
こちらもパネルヒーター同様に『輻射効率』の点で燃焼板がデカければデカイほどよいです。(デカ過ぎると”弱でも暑過ぎ”となるので注意してください)
スピーカー低音セッティング的に考えれば「縦型より横型の方が効率いい筈」。
※酸素の取り込みも全面オープンなので不完全燃焼的心配もファン型より安心。
(この件はDATAありませんが経験上そう思います、ガス利用の時にはここキモですし、)



■暖房時のフローリング床の注意点(熱伝導で暖房の熱がが床から逃げる)などはググれば既出というかググれば山ほど出てきますから、皆さん各自調べていただければと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック