ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

『廊下の長い部屋』

2013年01月12日

何がどう凄いって事では無いのですが、、

廊下が長い
mino3D01.jpg

どうしてって聞かれても答えようがありませんが、
(廊下からキッチンの入り口は資料的にはアコーディオンドアとなってます)
仮にですよ、
LDキッチン入口を開けっ放しにして廊下から正面に『絵画』を飾ったら、
「すっごく小さくなるだろうな」と。

果たして設計的にどうなるとこうなるのかわからないのですが、こういう間取りには惹かれますね〜
わかりにくいかもしれませんが、玄関の先にもマンションの共有廊下まで空間がありまして、門扉状のものがあるような構造になっているんです。ですから共有廊下の部屋の前から玄関を通過してLDキッチンに入るまでがですね、ザックリした計算ですと「9mぐらいかしら」。
想像するに暮らしていると「一度ぐらいは廊下を走った事がある」な状況に遭遇するのは不可避ではなかろうかと思ってしまいます。
(70u越える物件でも廊下部分がこれだけ真っ直ぐに伸びている部屋ってそうそう無いと思います。50uズドンの1Rでも家財を置けば動線的に日常生活で端から端まで常に歩くという空間が残るとは考えにくいですし、)

よくあるパターンで廊下のどちらかの壁に同じようなサイズの絵画をズラーッと並べて遠近感を極端に体感するというのもアリかもです。
(それとわからないように遠方になるほど微妙に小さくしてみるだとか、)
或いは、これだけ長いと「一度反物を一気に広げてみたい」が長年の夢だった人なども誘惑にかられるかもです。


実際には決してやってはいけない事ですが、オーディオファンな方なら「この廊下を利用して長大な共鳴管プラスホーンのスーパーウーハーを設計すれば5Hzまで出るぞ」とか考える誘惑にかられるかもしれません。
(共鳴管:簡単に言えばパイプオルガンのような方法でスピーカーの低域を増幅する方法。BOSE社あたりがスーパーキャノンとかいう名称の劇場向けスーパーウーハー民生版みたいなのを販売していた事ある筈です。)

■なんか話逸れちゃいますけど、間違いあるといけないので「共同住宅に関する音響再生の注意事項」です。
ちなみに、そんな人は滅多にいないと思いますが、RCの強固な壁でも50Hz以下の低域強音は余裕で壁を抜けるので(低域になればなるほど壁を貫通するエネルギーは増大する)、そういう低域増強は近所迷惑になりますので断じてお止めください。
オーディオ再生の話を以前したことありますが、マンションなどの場合には再生能率のいい小型スピーカーを上手にセッテイングする方が迫力も音質も良く再生できるだけでなく、近所迷惑な音量にもならないのであり、映画再生では癖になりがちな低域増強は「辛いカレーに慣れてしまう法則」じゃありませんが、低域ブースト癖になりかねないので注意が必要です。
近所迷惑なぐらいの大音量好きなあなたは高級ヘッドフォンなど使ってください。

ヘッドフォンにもコンデンサー型なんていう高級品もあります。
(現在価格:49,140円)
スタックス コンデンサー式イヤースピーカーシステム SRS-2170
B0043HPD0I


安くて評判がいいとかであれば
(現在価格:3,154円)
【国内正規品】 TEAC KOSS オープンタイプヘッドフォン KOSS PORTA PRO1
B0007XD5FW


※ホームシアター派ならサイドバーのリンクにあるSONYのヘッドマウントディスプレイHMZ-T1が面白いかも←エライ評判いいです。

逆にPCなんかにプラスαで増設する廉価なPC用小型スピーカーは(近接視聴ですから元々音量小さい)音作りで中低音増強してますが、最低域は「カットオフ同然」なので視聴者が気にするほどのエネルギーは無く、近所迷惑になるって事はほとんど無いと思います。←こういうのを「ニアフィールドリスニング」と言いまして、SP再生とオープンタイプヘッドフォンの中間的モニター再生という位置づけです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | こんな部屋があった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック