ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

東京が雪でえらい事なってます

2013年01月16日

大雪といってもJRダイヤが大きく乱れるとかになったのは月曜日だけだったので、生活に大きな影響出ている事ありませんが、
意外な事に「なかなか溶けなかった」ですね。
私が事務所代わりに使っている某アパートなど玄関前がどこいらから「落雪?」したみたいで、玄関手前まで雪が積み上がっておりまして、
どこから来たのか物干し竿がその雪に突き刺さっているという、なんともシュールな景色になっております。

同じ東京都でも都内と武蔵野・三鷹市などの西側市部とでは1℃ぐらい温度が違うと言う話ありますが、確かに杉並区の残雪量と武蔵野・三鷹の残雪量は半端なく違いますね。私は北海道出身なので雪道歩く事は何ら苦労は無いのですが、市や地域住民に除雪の用意が全く無いため路肩に雪が残っているので、規格歩道の無い道で車が後ろから走ってくるとちょっと怖いです。

東京もそろそろ30年選手の私ですが、雪降る年は何回かありましたがこれだけ溶けずに残っているのもそうそう無かったように思います。
この辺の記憶が実にあいまいな人間だったりもするんですけどね(笑
『地球温暖化』本当なんでしょうかね?
(長期的には氷河期へと寒冷化だって説もありますが、)
普段からラバーソール系の靴を愛用している私は問題ありませんでしたが、革底の靴しか無いだとかOLさんでヒールのある靴しか無かった人は苦労したと思います。緊急通勤用にラバーソールの安い靴が大量に売れたかもしれませんね、
北海道出身者からの注意点としてはですね、
同じラバーソールでもスニーカーはダメですから(溝が薄く浅すぎて滑りやすい)、ご注意ください。

反面東京だから助かるところもあります、
郊外市部出ちゃうと別ですが、少なくとも勤務地の多い都心はどこかしかの駅が10分以内にありますから滑って大変と言ってもまーね自宅から最寄り駅までの道のりが大半だと思います。

今日別件の取材で撮影した絵なのですが、
記念にアップしておくとしましょう。
吉祥寺近隣の緑地化予定地みたいなところの空地画像です。
KTGY01.jpg
(ちょっとボケちゃってますが)
おおよそ東京の絵には見えないですね〜

そんな冬もあるって事でしょうね、
今春から東京ってビギナーの方「稀ですがそんな日もありますので」靴にはご注意を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック