ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

暑さが洒落になりませんね(笑

2013年08月09日

ついこないだretourの方でエアコンの話の中で紹介した『サンシェード』の続きです。
「夏のエアコン室外機」について
http://retour.seesaa.net/article/370446156.html

 ↑
ここで登場したものの類似品が100円ショップでも売ってます。
どこにでもあるワケでは無いと思いますが(キッチン用具レンジ用のでも代用できるかも)、所謂アルミ張りの保冷ボックスなんかの素材の「素材そのものと両面テープだけの代物」ですね。
これを車なんかの『サンシェード』同様に窓手前に下げると(カーテン内側)少し温度が変化するのか実験してみました。
100円ショップのものとなると流石にちゃっちいので、表裏アルミ面となるよう二枚重ねして日照が強くあたるところの手前だけに吊り下げてみたって方法です。
考えてみると、この素材って冬のホットカーペットの熱が階下に逃げないシートと同様のモノに思いますから、冬には窓の断熱素材としても使えるのでは?←日照による室温上昇といってこいになっちゃうかもですが”冬は日差しのあたらないポイント”に吊り下げれば幾分効果あるような気もします。

さて、効果のほどですが、
実際温度計で確認した訳ではありませんが、体感で「1℃いや2℃下がったような」感じありますよ。
この手の反射板のレビューだと「外から見るとギラギラ過ぎて近所迷惑」なんて場合もあるようなので、その場合には紙やすりで傷つけてから使うなどすれば問題無いでしょう。
100円の部材なら失敗してもなんて事無いので試してみる価値あると思います。

夜になっても外気温が30度近いと洒落になりませんな。
しかもこうも暑いとどこの家もエアコン稼働バリバリでしょうからヒートアイランドも加味され更に温度あがっちゃいますからね。
デスクトップマシンのビデオカード温度管理確認実験中に「ブラックアウト」しましたよ(アブナイアブナイ)。サーバ会社のエアコン稼働とかってどんな状態になっているんでしょうね、
地震の事もあるので、マシン環境的には「地下のがいんじゃないか」なんて思いますね。
昔retourの取材で「地下4階しかないビル」紹介したことありますが、熱容量が高いためやはり温度変化は少なく夏涼しく冬暖かいと管理会社さんも言ってました。
異常気象で高温が続くとなれば「高台の地下専用住居」なんて企画もまた復活するかもしれませんね。住居用途でこれやると「かなりチャレンジャーだな」となりますが、ものは考えようですよ。
一見外からは平屋に見えるようにして、同じ二階建でも「地上・地下の2階建」とかにすればいんじゃないでしょうか。注文住宅で挑戦される方出てきてもいいと思いますよこりゃ。
ドライエリアなんかの設計に成功すれば地下だからって暗いとか無いし、地下構造は上手く設計すると防犯性能も上がりますからね。

さて、ここからは別件ですが、
■流石に実際問い合わせも無いのですが、暑すぎる時には部屋探し諦めましょう。
業者も夏季休業任意に入るので万全の状態で調べられない場合ありますし(といっても14日〜週末あたりが休業期間に思いますが)、この状態で引っ越しやったら引っ越しやさん倒れますよ(笑
探し時的には8月後半からでしょう、残暑がどうなるのか予測つきませんが。
しかし、せめて夜ぐらいはちょっと涼しくあってもらいたい。洒落にならないっスよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック