ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

ここ最近の雷はちょっとヤバかったですね

2013年09月07日

停電もそうですが、落雷でPC壊れたなんて話も耳にします。
果たして対策として万全なのかはなんとも保証し兼ねますが、高価なものではないのでPCの電源タップには雷サージフィルター付きのを使っておくのが吉でしょう。

現在価格:618円
ELECOM 電源タップ 雷サージ対応 KT-180
B00008B3DC


といってもやはり本来は「尋常ならざる落雷」の時にはプラグ抜いて置くのが安心には違い有りません。バッテリー駆動可能なノートPCの有用性は大きいですね、
PCがすっかりワイド画面ばかりになって、テキストがちっさくてノートはちょっと使い難いとお嘆きの中高年の方もいらっしゃるかもですが(私もその口なんですけどね)、
そんな場合には思い切って「デスクトップ母艦+タブレットPC」てな組み合わせが現代的かも知れないです。
勿論タブレットも実用性から考えれば「アップルかMSのwin8タブレットがベター」でしょうからそれなりに高価なものになりますが、使えるタブレットPCは防災アイテムとも考えられるのでアリと言えばアリでは無いかと思います。

■モバイルノートPC使いの私としては、まだまだノートPCのが上との思いは揺らぎませんがノートPCそのものが機能としてタブレット系に近づいていくんだろうと思います。

ちなみに現行流通のMS Surface Pro ですが。
現在価格:92,545円
マイクロソフト Surface Pro 128GB [Windowsタブレット・Office付き] 5NV-00001
B00D75PC3U


■Microsoftの直売だと:99,800円となってます
http://www.microsoft.com/surface/ja-jp/surface-with-windows-8-pro/
(なんとなく購入はこっちのが安心感あるかな)

個人的に言わせてもらうと、
「10.6型ワイド重量907g オプションのキーボード兼用カバー218g」128SSDでこの値段は安いと思いますが、うーんパッケージ的には昨今のスリムノートと違いが無いような、、
(10inレベルなら本体500g以下、900g以上となれば13inぐらいは欲しいと思うんですけどね。それからタブレットにCore i5が必要なんだろうかというのもちと疑問。)

Win8pro導入のタブレットはパッケージ的にも開発まだまだこれからって感じしますね。
ビルゲイツが個人的に使っているって言う「ホワイトボードサイズ大画面のSurface Pro 」は発売しないんでしょうか。
(そっちのが売れる気がするのは私だけでしょうか。)

そんな事はともかく、
■本題は「カミナリやら停電やら」昨今の異常気象です。
サージフィルター付きのタップもそうですが、
原発云々の時流通した(あの計画停電ブラフの時の)ホームユースのバッテリーはどうなったのでしょうか。
ちょっと調べてみたんですけど、、
「ノートパソコン(約30W)=6.5時間、電話機(約30W)=7時間、扇風機(60W)=3時間20分、29インチTV(100W)=2時間」とかレベルの安いので1万台、
高いので(もうちょっと容量大きいんでしょうけど)10万超えるとか、、
普通のノートPCのオプション大容量バッテリーでも5時間6時間使える事考えると、実用に耐えられるレベルとは言えないような、、。
(紹介可能な製品もちょっとみつかりませんでした)

バッテリー技術って今度の”代替エネルギー関係”のキモとなるものなのですが、
いやはやこのレベルじゃまだまだでしょう。
防災グッズ的には充電済みのエネループやコンビニでお馴染みの携帯予備バッテリー常備しとくとかのがCP高い。
各社高性能で安価なバッテリーを相当力入れて現在開発中なので、次から次と新しいアイデアのものがこれから出てくるでしょうからホームバッテリーは2年3年待った方が良さそうです。

(但し昨今の停電は遅くても5時間後ぐらいには復旧しているので、防災的にはちょっとアレでも停電だけに備えるのであれば、バランス的に「現在流通中のもので安価なもの」を常備しておくことはアリなのかも知れません。)

停電向きとは言えませんが防災向けならこっちのがいいかもですね。
現在価格:12,800円
GOAL ZERO ガイド10プラスアドベンチャーキット 1893101
B005QK1DTQ

(携帯可能なソーラー発電と電池充電器のセットです。USB出力なので別途携帯リチュウムイオン大容量バッテリーも同時並行で利用も可能に思います。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいのキーパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック