ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

年末年始の不動産事情

2013年12月26日

告知情報的な話ですが、
ぶっちゃけretour東京は殊更年末年始で休業って事も無いんですがw、仲介会社なんで管理会社さんが営業していなければ内見はおろか物件照会もできないのであり、たいだい年末年始はマシン関係のメンテナンス期間となります。
※国交省DATAベース『REINS』は12月28日〜1月3日までシステムそのものが休業です。
さて街の不動産事情はどんな感じかと申しますと、
5月の連休やお盆期間もそうですが、一般の方が帰省するなど想定される期間は不動産会社も長期連休珍しくありません(普段が持ち回りとは言え事実上週休1日ですから余計に)。
昨今は「日祝定休」も増えているぐらいなので、年末年始の営業は広めに休業すると思っていただいて間違いありません。
年明け的にも5日まで普通に休みと想定しても次の8日水曜は定休多いので(一般的な業界の公休日は水曜日)新年の営業開始が9日のケースもあります。
そして翌週にはまた12日13日と連休ですよね?
■更にこの年末年始の連休期間の補足しますと「=新規空室登録もストップする」事になります。
そうすると新年度の新規募集登録は1月末ぐらいになっちゃう事も有り得ます。
だとすると?
「もうほとんど春相場が始まる2月が見える」事になりますよね。
家主さんサイドとしても無理に1月中旬などで賃料下げて募集始めなくても、需要増が見込める2月から当初想定賃料で募集した方が得だと考えるのが妥当ですから「1、2週遅れてもいいので2月からの募集としましょうか」という判断もアリアリです。

という流れがありますから、
■「特別引っ越し時期が(現住居の更新日関連などと関係無く)決まっていない」のであれば、
春の相場の反動で相場が下落する4月後半からの方が得になります。
(逆に言えば年間通じて最も募集賃料高いのは3月・最も安いのは猛暑期間の7月から8月のお盆前まで)

年末レベルで既に空室調査完了していれば年始から内見などまだまだお得な水準で候補が減る事無く可能となりますが、年明けから街の不動産屋さん巡りなどで飛び込み営業的に部屋探しを検討されている方は早いうちに決めちゃうとかの方がベターだと思います。前述の新規空室登録の遅れ傾向も想定しておくべきでしょうからね。
(※古築レトロなど個性派は存在が相場から離れてますから、年間通じてそれほど相場であるとか空室登録が前後するとかそういう事無いんで、個性派を探す人はそれほど時期に拘る必要は無いと思います。)

■「引っ越し時期を4月に延期した場合には2月3月何をすればいいのか?」
こんな質問ある方いらっしゃるかもですが、
なんたって不動産は「ここ底地の売買で考えてください」、立地がその価値基準の中で最優先の属性です。賃貸の場合でも街選びが最も重要な部分ですから候補地の中で一度も降りた事の無い駅があるのであればここは事前偵察、散歩しておくのがベストですよ。
加えて駅近希望の人は繁華街の分布だとかその辺も実際駅降りてみないと感覚的にわからない事もありますからね。
地味ですがここは現地調査期間に利用しましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック