ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

北米を襲っている冷気が日本にもって話出てますね

2014年01月13日

実際にかなり寒いですよねこれ。
北米の寒気には深層海流とかが関係しているって話ありましたが、北極海の寒気が北極の気候変動の関係で全体的に南下傾向にあるって話もあり、温暖化論議はどこへやらで最近は氷河期到来かって話になってます(CO2論議はどうなるんだって)。
海流的にいきなり日本がマイナス40度とかの話にはならないと思いますが、小学生の一時期釧路で暮らした経験ある私的にではですね、マイナス10度以下で風まであると(体感はマイナス20度以下とかになるので)「薄着で外歩くと命の危険感じる」レベルになります。
北海道では、飲んだ帰り道で屋外で寝落ちして凍死するとかみたいな話が子供同士の世間話に出たりする地域なので(寝室がマイナスとかでも平気で寝ているんですがww)、東京の寒気といってもマイナス10度いかないのであればどってことないなんて思うワケですが、それにしても暖房設備など無防備なままでは洒落にならない温度になってきているかなと思います。

ここのとこ連載した「冬の暖房を考える」シリーズにも記載しましたが、
省エネ的にはやっぱりエアコンが強く、窓と床のウィークポイントに留意するる事が重要となりますが(乾皮アレルギーなどで温風直が苦手な場合には前回紹介した高効率シーズヒーターがお勧め)、これだけ屋外の温度が下がってきますと、コート含めて冬支度のスケールまで見直さないといけなくなってきますね。
それこそ北海道なんかなら、少々の雪の行軍ぐらいできる装備がどの家にもありますから困る事は無いでしょうけど、東京の軽装では対応できないケースも出てくるでしょう。
(アウトドア系でどれぐらい暖かいのか見当つかない時には迷わずスキーウェア関係で探せば堅いと思います。)
かといって、床面積的に決して余裕があるとは言えない東京シングルライフで分厚いコートをいきなり調達すればかさばる事この上ありません。
えーこの場合恰好つけてられないので北海道式にいきますと→下着でしょうこれね。
「股引やら長袖ネルの下着やら寒冷地用のブーツ」これに尽きるかと思います。
(足元の慣例対策的に靴そのままで厚手の靴下とかは効率的に得策では無く、靴を変えないと本格的な対策になりませんので、ここご注意ください。)

更にここにインフルエンザなんて話になれば、首元も冷気からしっかり守らないといけません。
マフラーも厚手のコートの内側でなら有効ですが、所謂「いつもの東京冬の装い」的な外にお洒落に緩めに巻いてじゃスカスカで冷気を防げません。私はマフラーの巻き方詳しく無いのでアレなんですけど、しっかり巻く方式に変えて可能であれば首まである衣類を下に着用すべきでしょう。
流石に飲んだ帰り道に屋外で寝落ちして凍死は無いと思いますが、お酒飲む方は室内の温度も下がりますから(室内の寝落ちもバカにならないので)特別に寒気が来ている時の深酒は避けられた方がよろしかろうと思いますよ。

と、考えてみますと、
下着関係は手持ちのものを二枚重ねなり、長袖Tシャツぐらいなら誰でも持っているでしょうから何らかの対策可能に思いますが、靴だけは手持ちのもので対応できない事が有り得ます。
足元が洒落にならないぐらい寒いと感じられている方は、この点だけは諦めて「寒冷地用のブーツ」購入お勧めします。


■流石にここ何十年か寒冷地用のブーツなんか自分でも買った事が無いので、
Amazonの人気順信じて以下挙げておきましょうか、
現在価格:7,140円 〜8,400円(セール品:5,880円)
[コロンビア] Columbia チャケイピパックチャッカOH
B00EOGMIQ0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
どもども。ミニマルコンパクトだと、帽子とマスクを加えられるかと。場所取りませんでしょう。コートはベルテッドかな。ウェストを締められると暖かい。正統な膝下丈が吉かと。
雪がほとんど積もらない首都圏では、スノトレは個人的にはアレですが。ではでは。
Posted by einen at 2014年01月14日 00:16
einenさん
そーでした、帽子忘れてましたよ。
北海道の冬において当時の子供達的には「スノトレ(北海道の冬用スニーカーの俗称)とニット帽」だったですよ(当時の子供は北海道西側ではスキー用具のニット帽で北海道東側ではスケート用のニット帽でしたよ)。

私は東京でも冬用のフエルト中折れ帽を日常被っているのですが、ちょっとした買い物で帽子被っていない時は頭が寒いんですよ。

最近は東京で(お洒落グッズ的に)ニット帽てな人が減ったので(北海道的には東京には暑すぎるだろと思うんですけどねw)、どうでしょう冬用帽子持ってる人少ないのじゃないかな〜
寒くて頭痛する人なんかは是非帽子被るのお勧めしますね。

Posted by kagewari/iwahara at 2014年01月14日 17:20

この記事へのトラックバック