ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

時々謎もあるAmazon

2014年03月24日

住まい関連ネタでAmazonリンクを紹介する事が少なくありませんが、謎というか「これホント?」的な場面に遭遇する事があります。
何って言うと「瞬間どえらい割引」商品の存在です。
実際にタイムセール的なものあるらしいんですが、時にそうとは考え難い状況があるんですよ。
私が体験したのはまだ数回程度の事なんですけど、
直近ネタ的には、
(購入予定は無かったんですが)某OEM専用で一般流通少なく1万前後で流通しているビデオカードが3600円(送料無料)で普通に販売されており、なんだこれ的に取りあえず購入リストに入れておいたら、数日後1万円超える平常運転に戻っていたのです。←在庫一個のアウトレットとかじゃなく。
そして先日、安いの探せば4千円ちょいでもありますがDDR3のノートメモリ4GBが唐突に2800円(送料無料)で発見(DDR3などの記載無くmac用4GBみたいな謎の簡略な登録となっていた)「有り得ない」のでこれは速攻注文したわけですが(PC3-12800ご存じトラセンドの堅い奴です)、
発送状況の確認ページ見ている時にふと「マジに何かの間違いだったのでわ?」と思い、現在の価格を販売ページで確認すると「8700円とかになってる」のでありました。

流石に猛烈に商材多い通販サイトなので、「なんでこの値段なの」を意図的に探すってのは無理のある話なんですよ。このなんでなの商品って”割引表示となっておらず”、なんと検索達人みたいな人が使っている9割引き以上の商品だけ検索とかいう技法では発見できないのです。
なんてーか興味のあるカテゴリ商材を特定価格に絞り込んで全表示の上400件だとか500件の商材価格を全部見ていると、ひょんなところで「あれれ」と偶然見つけるような感じで発見されるのでした。
(■本当に登録時の入力ミスなのかここは今もって不明)

ハプニング価格とも言うべきこの「なんでこの値段なの商品」、前述のように意図的に探せるものでは無いんですけど正攻法で価格サイト使うよりも面白さありますね(笑
ふと偶然発見する事のがほんとなので、意図的に探すようなものでは無いのかなと思いますけどね。
職業柄国交省のDATAベースやら検索するのが仕事みたいなところあるんで、
「簡単に諦めないのが癖」になってまして、
このブログの住まい部材ネタ探し的につらつら検索している事多いものですから、遭遇機会が多いだけなのかも知れませんけど。
「登録ツリーで絞り込まない、検索キーワードもアバウト目に、(予算が決まっている場合には)絞り込みは価格だけ」←私が今のところこうじゃないかと思っている法則です。
と、ここまで書いて思うんですが、
これって部屋探しの時の「イレギュラーな部屋」発見する時の法則と同じような気がしました。

話は戻りますがAmazonで発見される不思議価格って実際のところどういう事だったんでしょうね。
(やはり販促上のタイムセールの一種だったのでしょうか、、)



----------------------------------------------------------------------------
■こちらは今回記事のような商品ではありませんが、
話の流れ的にリーズナブルなものをひとつ紹介しておきましょう。
(引っ越し直後などに便利な部材です)
現在価格:673円
ヤザワ コード付きソケットプルスイッチ付 ブラック SCSS2605BK
B0044SA3WE



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
こんばんは〜
さっぱりですが、在庫との駆け引きのようです。
見逃し三振ばかりですがw
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130307/1047958/?P=1
Posted by ETO at 2014年03月25日 02:09
ETOさん
リンクの記事見てみましたよ。やっぱりこの謎現象結構有名なんですね、これ。
しかし数日後15倍って、、
(てか日経さんの言う安いって評判の話とは少し違いますよねこれ、突発的にあり得ない価格が出る事がある系の話ですから。変動の無い一般商品でもPCパーツ系では常に価格比較サイトで上位ですもの。)

やはりこの謎価格の共通点は数点売れると突然正規価格に復旧するという事と「割引表示では無い」って事でしょう。
やっぱあれじゃんスかね、何点か売れてから間違いに気が付いてるって事もあるのじゃないスかね〜
でもURLの分析記事読むと、ヒューマンエラーって感じでは無い雰囲気ありますね。
「システム上の事故価格」として理解しようと思いますww

(ちなみに”微妙に底値”って商材が入荷待ちのまま事実上発送されずに諦めたって事は経験ありますがこれはまた別現象ですし、)
Posted by kagewari/iwahara at 2014年03月25日 13:32

この記事へのトラックバック