ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

個性的な生活

2014年07月24日

車の話ですがこんなニュースがありました
ダイハツ「コペン」販売目標の6倍達成  「走行性能」と「自分らしさの表現」が大うけ
http://news.livedoor.com/article/detail/9068022/

ダイハツ工業の新型軽オープンスポーツカー「コペン」が、発売1カ月で月販目標台数の約6倍となる大人気。「感動の走行性能」と「自分らしさの表現」という新たな価値を提供できるクルマとして30代以上の男性に大うけとなっている。
コペンは6月19日、新骨格構造「D-Frame」や内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」という新しい構造を引っさげ登場。
「D-Frame」は、骨格のみでスポーツカーに求められる高い剛性を確保し、サスペンションやパワートレーンの専用チューニングを行うことで操縦安定性と乗り心地を実現するもの。
また、「DRESS-FORMATION」は、外板を13個の樹脂パーツの集合体と捉え、クルマの購入後でもオーナーの嗜好に合わせたデザイン変更を可能にした新発想の構造だ。

■「個性的な生活」
反対語はステレオタイプな生活でしょうか、
(デザインなんかではユニバーサルだとか、)
個性的ってのも行きつく先は「容易に理解できない水準」ですとか「許容できないレベルの」なんて尖り方してナンボなところもあるので、勢い「それはわかりやすい生活の豊かさや合理性や機能性追求とは違う」って事でもあります。

考えてみれば個性的ってほどで無くても「何かひとつグレードが抜きんでたもの」という選択もあるでしょう。果たしてそれを”何的?”と呼ぶのかわかりませんが、この場合コストパフォーマンス的に「抜きんでた」選択となりますから「予算範囲で全体のグレードが高ければ申し分ない」となり、後者は「基本線が偏差値的なグレード重視」の幅にあると考えられます。
であるならば、本格的個性派は「調和のとれた内容自体許容できない」とかでなければ本物とは言えずですね(笑
ええ、この辺が「リアルデザイナーズは生活上の利便性犠牲にするぐらいじゃないと本物では無い」論の根拠となるのであります。
(※最もわかりやすいたとえは「600馬力のスポーツカーに荷物(収納)がどのぐらい入るか」など考えないって話。冒頭引用のコペンも2シーターのオープンカーですから、住まいで言えば『ミニマルコンパクト』と同じコンセプトです。)

■部屋ばかり個性的でも不自然でしょう。
個性的な部屋もそのツールに過ぎない訳でして、個性の中心が部屋になってしまうと本末転倒です。
保守系の生活には保守的な部屋がベストマッチしますから、
個性的な生活の場合に限り個性的な部屋がマッチする事になります。
現代社会では個性的ジャンルに含まれていませんが、昭和においてはDINKSも個性的ライフスタイルのジャンルでした。
現代で言えば『非婚シングル』ですとか、社会動向としての『年齢もベテランになってからのシングル』などなど(車の話が2シーターであるように)「自由度の高い世帯人数」に応じる形で派生しているものです。『ミニマルコンパクト』を考える場合のベースが千利休以来の「コンパクトな茶室」であるように(茶室もホストの個人空間ですから)、最初から個性的なものを志向するものではありません。シングルライフなど自由度の高い生活に応じた結果が個性化なのだと思います。
(内容の同意を得る必要のある人数が多ければ多いほど求められるものは平均化するため。)

案外最も個性的な部屋となる”ベース”に適したのは、設備最少の(事務所っぽい)3点ユニットの1Rだったりします。ところが、流石に事務所仕様のミニキッチンではいかんともしがたい部分あるので(工夫は可能ですが)、改装プランとして「キッチンだけは’住居タイプとして他設備や造作を減らしてスケルトンっぽく」←思うに最初の打ちっ放し登場のアイデアってそういうものだったのでは無いでしょうか。それが後に「所謂デザイナーズ系の仕様」になってちゃってますけれど(笑
事実上ドーンと何も無い1Rマンションは改装ベースとしてそのままで適正高いのですが、ミニキッチンだけは住居仕様に改装していただけると紹介する方も楽なんですけどね。
同趣旨の改装系が決して少ないって事では無いのですが、同時に水回り含めて大規模リフォームになる場合もあるので「リノベまでいかなくてもいいのでシンプルにキッチンだけは住居タイプ換装として賃料も据え置き可」なユニットへの需要は高いのではないかと思います。

いかんせん、それには小型の住居タイプキッチンユニット建材が必要なのですが、
これがなかなか、、高級タイプなら存在するんですが、廉価でシンプルなものが意外と少なくてですね(規模的にファミリータイプのものは大き過ぎて換装できない場合ありますし)、「IKEA人気を考える」じゃありませんけれど、日本の建材ユニットメーカーにも一頑張りして欲しいところです。

■事務所の場合で考えてもコンパクトで使い勝手のいいキッチンは「邪魔になるほど大きくなければ」歓迎されますから『事務所・SOHO・ミニマルコンパクト住居』この辺って共通デザインでもっていけるような気もします。
(勿論床はタイルカーペット仕様で有料で換装オプションを提示できるといんじゃないですかね)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋探しの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック