ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< December 2019 >>
SA MO TU WE TH FR SA
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
retour

retourRetour.png
本店blog『retour&Retour』

VCroomOrder

空室調査依頼フォーム
規定はこちら/予約制
他社”併用”NGです


■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
スケジュール等確認が取れない場合ご依頼はキャンセルされます

retour_nb.jpg

LINK
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(54)

NPO『HOW's』(活動停止)元心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者)
有)retour東京』web部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
・未承認前提の”コメント欄の私的利用”はルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(現在は概ねコメント欄閉鎖の方向で運営してます)

RDF Site Summary
RSS 2.0

「染め過ぎ」

2015年12月20日

なんでしょうね、
何がきっかけだったのかって「(中身を選べない)バンダナ・アソート12枚組み」なんてものを購入したのが”いい意味での悪夢”の始まりでした(笑
衣類の染色は思い返せば学生時代に複数回やっておりまして、
当時の私は(今もあんまり変化ありませんが)衣類と言えば黒系だったのですね、
ところが30年前の日本ではそれほど黒シャツなるものが多く流通しておらず、「なんだかな〜」で購入したシャツを我慢ならんなと黒に染めてたってのが当時の記憶です。
染色やった人ならわかってもらえると思うのですが「市販の簡易型染料で真っ黒に染めるのはほぼ不可能」なので、「こんな色になりました」ってところを面白がる世界でもあります。
(「無謀に自分でやってしまおうコーナー」の一環で読んでいただければと思います(笑、)

な経験は学生時代にあるにはあったんですが〜
まさか中高年になってから染色を始めるとは思いませんでしたとさ。
(昨今は黒系のシャツ探すのに困る事もありませんしね。)
どうせ自分で染め直せばいいかと、ヤフオクなどでなんだかな〜な色だとか色落ちしてたりする商品を落札しては染色大会に陥るパターンを繰り返してしまい、、、
(しかも小中学生時代の自慢話ですが→図画工作と美術は高得点だった私的には、狙った雰囲気の色になるまで我慢がならない欲求が刺激されてしまい、、何度となく染色を繰り返すなんてドツボに嵌るだとか、、。落札金額より染色コストが勝ってるとかのもありそうな、なさそうな、、。)

染色を連発なんて事例がおおよそ一般的だとも思えないので、どうでもいいことなんですが、
「庶民の染色(劇薬みたいな業者用の染料や定着材が使えない)」お勧め部材を記載しておきます。
どこかの誰かにとって何時有益な情報となるかも知れませんからね。

■えー某通販サイトやネット情報では「某”D○ロン”や某”R○ット”」などの染料が一般的だと思います。私もさんざ試してみたのですが、正直期待するほどの性能ありません(アバウトな工程でやるとムラも出やすい)。
やり方がいい加減じゃいかんだろうとも思いますが、素人の染色ですから準備万端に指定どおりのが珍しいでしょう。アバウトな方法でもそこそこ安定的に性能が出るのはどれかって時には、ご利用の通販サイトなどで
●「コールダイホット ECO 繊維用染料」で検索してみてください。
簡単に入手できるものとしてはコイツが一番安定してます。

※ちなみに素人の染色は「洗濯時に凄っごく腰抜かすほど色落ちしたりしますww」。おおらかにそこも楽しむぐらいのノリでやるのが吉です。
(更にちなみにですが「各社染料の黒」どこの商品でも「若干ネイビーっぽい色でしかない」と思ってたほうがいいですよ。←たとえるなら万年筆のインクみたいな黒です。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする