ブログ引越しにより2010年8月以前の過去記事引用リンクは旧ブログのHTML簡易表示となります。旧ブログページ上ではコメント等一部機能は使用できません。
<< June 2017 >>
SA MO TU WE TH FR SA
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
retour
VCroomOrder
希望地域「空室全室調査」専任依頼フォーム(規定はこちら)/予約制
他社”同時”併用はNGです

■ gmail等迷惑メールフィルター搭載アカウントからの問い合わせについて
フィルター誤判定にご注意ください。

■空室調査は「予約制」です
調査スケジュール等の連絡が取れない場合、ご依頼は自動的にキャンセルとなります。

retour_nb.jpg

kagewari
kagewari01
『有料メール相談』
『公開掲示板』
精神分析による一時的な混乱(揺れや反動)がありえます、同意の上閲覧してください。
LINK
岩上安身オフィシャルサイト
永田町異聞
魚の目|魚住昭責任編集
心身コンサルテーションHOW's
RELIGARE・DADAcafe
エイムデザイン研究所
aoydesign
ペアシティシリーズのTNワークス
阿佐ヶ谷アクロスシティ
悪徳不動産屋の独り言
pieni kauppa北欧ブログ
Loule
Miyoko IHARA &Junya WATANUKI WEBSITE
Profile
kagewari/iwahara(51)

NPO『HOW's』(現在活動停止)心理部門コンサルタント(東京カウンセリング責任者) 『retour東京』業務展開部 『Kagewari精神分析相談事務所』運営責任者
retour&Retour』・『Kagewari精神分析沖縄分室』ブログライター
Comments
「新国立競技場」の云々かんぬん(2)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/20)
 ⇒ かさ (11/19)
洗濯機の今後
 ⇒ kagewari/iwahar (11/19)
 ⇒ かさらな (11/19)
 ⇒ kagewari/iwahar (11/18)
 ⇒ かさらな (11/17)
そもそも論としての『福祉行政』と保守や革新
 ⇒ kagewari/iwahar (07/15)
 ⇒ 名前 (07/14)
脱水機があるだけで大幅に違う可能性
 ⇒ kagewari/iwahar (03/23)
 ⇒ Teorema (03/22)
以前にも紹介した『液状化訴訟』が厳しい結果となってます
 ⇒ kagewari/iwahar (10/14)
 ⇒ 地方在住者 (10/14)
シングル住居6帖間を考える
 ⇒ kagewari/iwahar (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
 ⇒ einen (10/05)
・コメント欄は『kagewari心理学ブログ』同様にブログの社会性から原則削除禁止です(プライバシーに関わる問題を除く)

・未承認前提の”コメント欄の私的利用”は明らかなルール違反でありSPAMと見做し処置をします
(削除を前提とする投稿も同様です)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となっています

・その都度規制IPが増える結果となってますがご了承ください

・コメント欄は承認制です
※一定期間を経過した記事のコメント機能は利用できません
 以下告知参照
 「コメント欄管理の告知」

(評論記事等は予めコメント欄を閉鎖する場合があります)
RDF Site Summary
RSS 2.0

AI化による労働フリー社会があるとするなら

2017年05月18日

ベーシックインカム含めて、30年50年ってスパンで言えば明らかにAI時代には供給や流通セクターの自動化論議が始まっているでしょう。
この場合、すごくアバウトに言えば国民全てが自宅SOHO的実存を求められるみたいな流れも考えられます。同時にVR社会の促進でより生活の場としての住居の価値は高いものになってくるでしょう。
勿論、そこにも供給の自動化が関係してくるので、相当に大きな幅で設計や内装の選択制は高くなっていると思うのですよ。

しかし、業者ならいざしらず「かなりの幅注文できます」となったとしても、一般的な生活している方に設計図が書ける筈も無く、何らかのパッケージとしてこれらが提案されていくのかなと思います。
某マンションシリーズを指すのでは無く、建築用語的なモジュール化ですね(3点ユニットのもっと凄い奴みたいな)。
この場合、医療サービスや介護機能をビルドインもされるでしょうから、高齢であるとか障害などの要素も設備によってかなりの部分がカバーされる社会になるでしょう。

更にVR化の先には「実体化の必然性論議」も出てくる。
(奢ったVR空間の方がはるかに実態を建造するより低コストですから)
そこでメンタル的にやっかいなのが
「無限と自由は違う」って事です。
ガーデニングなんかもそうですが、なかなか理想通りにうまくいかない抵抗に対して対峙していくのが”自由の拡大感”に繋がり、幸福度にも関係します。ポンと出来合いの理想のメンテナンスフリーの庭をプレゼントされれば更に自由の体感が高まる事には”ならない”のです。

幸福度は難易度に比例するワケではありませんが(笑
「なになにできるようになる」って言葉があるように、登山じゃありませんがハードルを越えるから感じる達成感があるのは事実。
「主人公ツエー無双」シナリオにもそれは一定のニーズはありますが、シナリオの展開は「それを知らないトンチンカンが誤解からあれこれ絡むが」なんて展開を必然とします。
(無双主人公の平和で何事も起きない日常を描いてもドラマ性がどこにもありませんから)
●ゲームの世界において「難易度の高さが重要な評価ポイントになる」事を忘れちゃいけません。

白物家電や三種の神器なる昭和のドラマも、
主婦の生活が楽々になって昼寝の時間が一般化したみたいな話にはなっていません。
「新たに獲得したアイテムは更なる高みを目指す武器となる」的展開だったのです。

さて、この場合、
将来起きるであろう「汎用生活モジュール設備導入時代」に、人は暮らしに何を求めていくのでしょうね。
新たな装備を武器に更なるハイレベルな生活習慣を模索していくのでしょうか。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄は承認制です
(評論記事等はコメント欄を予め閉鎖する場合があります。また、一定期間を経過した記事のコメント欄は利用できません。)
詳細はサイドバーコメントリンク説明参照

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari/iwahara | 暮らしの心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする